アンナ・フロイトが残した5つの最高の名言

· 2018年5月29日

精神分析家のアンナ・フロイトは父であるシークムント・フロイトが残した研究を続けた女性です。しかし、その中でも彼女は主に子どもに重点を置いていました。そして、それはアンナ自身の幼少期の影響を考えると自然なことだったのです。

彼女が生まれた時から彼女の母親は子育てに疲れていました。すでに5人の子どもがおり、他の子に自身を捧げてあげることが出来ないと感じていたのです。

その為、彼女はアンナに女性の家庭教師を雇い、その家庭教師はいつしかアンナから「心理的な母」と呼ばれるようになったのです。

また、アンナは実の父親を精神分析したことがあります。歴史上最も有名な男の一人の信者として、そして娘であるアンナにとってそれは困難なことでした。

彼女は古典的な精神分析を実践していましたが、これから紹介する言葉は彼女のより繊細な側面を明らかにします。その中でも最も象徴的な名言をいくつか紹介しましょう。

「最も美しいことは全く予期せぬ得た不労のもの:本当のプレゼントである。」

-アンナ・フロイト-

1.母親:アンナ・フロイトの共通テーマ

母というイメージは強く心に残るものです。その為、アンナの名言のいくつかは母に関連しています。例えば、この名言は母を強く表したものと言えるでしょう。

「親の感情が弱く曖昧、または母の感情がどこかがで妥協されると、子供は迷子のような気持ちになる。」

この名言は彼女自身の精神分析と言えるでしょう。そして、それが彼女の個人的な状況を表したものでも、この名言は世界的に通用します。両親の心の中に居場所が見つけられない子どもは、自分自身の世界にも居場所が無いのです。

外を見る子ども

2.本質について

これはアンナ・フロイトの混乱と母親の愛情の欠如を裏切ったような名言です。

「私がいつも求めていたものはとても素朴なものだった。それは私が関わる人からの愛情と私についての良い意見だけである。」

感情的に満たされずに育った人が深い空虚を心に抱えているのは自然なことです。ですので、他人からの愛情と承認は決定的な重要性を持っています。そして、彼女が得ることの無かった愛への願望を表す言葉は、アンナの名言によく見られることがあります。

3.不満と人生

アンナの人生だけでなく、全ての人間の人生に永遠の不満は存在するのでしょう。精神分析では、このような完全に解決される方法がない倦怠感の存在を示すことがあり、人生は私達に蔓延る不満という不可能な願望の放棄を多く意味しているのです。

考える男

そして、これはアンナの最も有名な名言の一つです。

「もし何かがあなたを満足させなくても驚かなくていい。それは私達が人生と呼んでいるものだから。」

生きるということは矛盾やギャップに対処するという意味でもあります。そして、不満はその人生の一部なのです。

4.世界を変える

アンナの名言の多くは、多かれ少なかれ苦しんでいる魂を示していますが、彼女の中にも大きな希望は存在します。そして、これは彼女の仕事と名言の多くに反映されており、この名言はその中の一つです。

「世界を改善するのに、誰も一瞬たりとも待つ必要がないのはどれほど素晴らしいことだろう。」

このフレーズは父であるジークムント・フロイトの合理的悲観主義から彼女を遠ざけます。「幻想の未来」(The Future is an illusion)という本を書いた父のフロイトは世界が変わることはないと思っていました。

しかし、アンナは人間と達成することの出来る建設的な変化に大きな希望を持っていたのです。

5.間違いと真実

アンナの名言の多くが哲学的なトーンを持っています。それは普遍的なテーマを示しているので、彼女の別の面の思考を垣間見ることも出来るのです。例えば、以下の名言は個人の分析でなく、集団を指しています。

「間違いが集団になると、それは真実の強さを獲得する。」

これはグループの力と個人について述べたもので、社会は何かしら真実に傾くメカニズムを表しています。

もし多くの人が間違いを広めると、それは真実の幻想を生み出すのです。そこでは理論の強さは優先されず、集団の強さがより強力となるのです。

手でかたどった電球

アンナ・フロイトは精神分析に大きな衝撃を生みました。父であるジークムント・フロイトを超越することは出来ませんでしたが、彼女の残したものは読み、知る価値があり、彼女自身もまた重要な人物の一人といえるでしょう。