アンナ・Oと精神分析学の始まり

· 2018年5月7日

ジークムント・フロイトは、人間の精神のなぞに見せられた明敏な医者でした。精神分析学の創始者は、理性と狂気に関してわたしたちが理解していたすべてを変えました。

最も重要なケースのひとつは、アンナ・Oと呼ばれる患者のものです。

フロイトは当時には説明がつかなかった医療的なケースに特に興味を持っていました。パリの有名なサルペトリエール病院にはこのような患者が何人か入院していました。失明や麻痺などの肉体的な障害を持つ人もいれば、明らかな物理的障害がない人もいました。

「精神分析の前身であるヒステリーのカタルシス的治療は、素晴らしい患者とオープンマインドの医者の共同発見である。」
-フェレンツィ・シャーンドル-

多くの医者はこれらのケースを催眠術で治療しました。独学で学んだフロイトもそうです。しかし、患者はいったんはよくなるものの、症状が後に再び現れることに気づきました。あるいは、別の症状が現れ始めました。

フロイトと彼の師であるヨーゼフ・ブロイアーは、アンナ・Oのケースに出会うまで行き詰っていました。

アンナ・O、ブロイアー、フロイト

ヨーゼフ・ブロイアーは、ヒステリーにおける専門家でした。彼は当時の催眠療法において最も有名な人物でした。フロイトは彼から学び、彼を尊敬していました。

彼らはともに精神分析学の歴史の第一歩を踏み出しました。アンナ・Oは、彼らの人間の精神の理解の進歩にとって決定的なケースでした。

 

微笑み

当時、ヒステリーは女性の病気として見られてきました。女性は注意をひくために物理的な病気のふりをしていると信じられていました。しかし、ブロイアーは彼女らはうそなどついていないと確信していました。フロイトも同じ考えでした。

アンナ・Oは、裕福な家庭出身の21歳のオーストリア人です。かなり知的で、良い教育を受けていました。

しかし、彼女は変わった症状を見せ始めるようになります。トランス状態のようなものに陥り、彼女はその状態を「雲」と呼んでいました。ヘビや頭蓋骨などの幻覚を見るようになります。

事態はさらに悪化します:しゃべれなくなり麻痺し、飲み物を飲んだりすることができなくなり、自分の母国語のドイツ語を忘れ、英語やフランス語のみしか話せなくなります。

ブロイアーは、アンナ・Oがしつこく疲労困憊させる咳を発症し始めたころに治療を開始しました。 アンナ・Oには、顔、うで、足に麻痺がありました。彼女の父親は結核を患ったことがあり、彼が病気の際はアンナ・Oが看病をしていました。

アンナ・Oと言葉の治癒の力

ブロイアーは彼女に催眠術をかけましたが、意味の分からない話をしただけでした。2度目に催眠術をかけたとき、何が気にかかっているのかアンナ・Oに尋ねました。

アンナ・Oは次のように答えます:「ajamáis acht nobody bella mió please lieboehn nuit」。おかしなことですが、5つの異なる言語が混ざっていました。そこから、ブロイアーは彼女を催眠術で治療することをやめました。

それからアンナ・Oの治療を変え、聞くことをメインのツールにしました。彼は彼女に話すように促し、こころに浮かんだことを口に出すように言いました。症状は次第に改善し、これが自由連想と呼ばれるものの基礎になりました。

アンナO.は、このプロセスを「煙突掃除」や「トーキングケア」と呼ぶようになります。精神分析学は、その後二つ目の呼び名をその説明に加えることになります。ブロイアー自身はこのプロセスを「カタルシスメソッド」と呼んでいました。

ヨーゼフ

アンナ・Oの治療と精神分析学の始まり

アンナ・Oとのセラピープロセスには、たくさんの浮き沈みがありました。アンナ・Oはブロイアーに好意を寄せるようになり、ひどい依存状態になります。彼自身もアンナ・Oに惹かれていましたが、既婚者だったため治療をやめることにしました。

しばらくして、フロイトはこれらの出来事の中に「転移」現象を発見しました。また、ヒステリーには性的欲望があることを突き止めました。

アンナ・Oは2度病院に入院し、何度が再発を繰り返しました。しかし、症状をコントロールすることができる状態にまで回復しました。その後、女性と子どもの権利のアクティビスト、作家、翻訳家になります。アンナ・Oは「普通の」道を歩みはじめました。

11年後、ブロイアーとフロイトはヒステリーの研究という本を出版しました。差別化されたアプローチとして精神分析学も含まれています。

アンナ・Oのケースは最も実例的なケースです。象徴的には、アンナ・Oこそが精神分析学の創始者という人もいるでしょう。

書籍を読む