青い鯨ゲーム:子どもと自殺

2018年6月25日 in 心理学 0 シェア済み
ピンクの鯨1
誰も自殺したくはありません。多くの場合、他の選択肢が見当たらず、自殺することになってしまうのです。苦しみの多い生活から逃れる最後の場所、彼らにとっては最後の楽園です。あの 「青い鯨」 ゲームは人々を震撼させましたが、その中に、注目すべきポイントがあります。今日、たくさんの子ども達が悲しみや孤独、傷心という暗い水の上をさまよっています。助けを必要としています。

コロンビアの小さな町にメイリンという13歳の子どもがいました。同年代の子ども達と同じように普通に暮らしているように見えました。メイリンは母親に、青い鯨の存在を尋ね、その数日後、ベルトで首を吊りました。当時、母親のビラミザルさんは、彼女の気持ちを知らず、「まだいるけど、たぶん、数は減ってそのうちなくなるんじゃない」と答えています。 

あなたへおすすめ