孤独と不安:一緒にやって来る理由と避け方

05 4月, 2018

孤独と不安は、今日の世界で最も大きな問題の2つです。一人でいると感じる人の数は、日々ますます増えています。そうしたくなくても、彼らは何をすべきか分からないのです。彼らはそれが問題と分かってはいますが、その解決方法や、自分に害を与えることなしに孤独と生きる方法が分らないのです。

それは孤独に対する漠然とした恐怖から始まります。恐怖を引き起こすのは孤独そのものというよりも、放棄されたような気持ち、つまり不確定な不安の一種です。 恐怖がある一定のレベルまで大きくなると、それは「実存的不安」と呼ばれるものに変わります。実存的不安は、絶えず脅かされているように感じたり、空虚感を与えます。

「偉大な人は、群衆の真っ只中にいても、完璧なやさしさと孤独の独立を保つ人です。」
-エマーソン-

孤独と不安はしばしば不眠症につながります。眠ることができないと、頭の中で不明瞭で不安な思考を何度も繰り返すことになります。また、他人の前でやや抑制されているように感じます。人とやり取りするときに固くなります。そして、誰かと親しくなると、あなたはすぐに要求の多い、または依存の激しい人になります。そしてまた不安に戻ってくるのです。

孤独の恐怖の背景には何があるのか

時々、この孤独とそれがもたらす恐怖は明白なものではありません。たとえば、ある人が自分のスケジュールを埋めて、一人で時間を過ごすことがないようにする場合などです。このように忙しい日々を過ごすことで彼らが本当に避けているのは、孤独の時間なのかもしれないのです。 彼らは自分自身から逃げています。 誰も一緒にいないという恐怖の背後に隠れているのは何でしょうか?

葉の上のしずく

時には、子供時代から引きずる未解決の問題があります。小さい頃、私たちは非常に脆弱です。あらゆる種類の拒絶または放棄が深刻な痕を残します。これらの傷は適切なケアをされておらず、癒されない開いた傷口です。私たちの愛する人がそこにいなかったのかもしれません。そして、形のない恐怖がその空の部分に入り込んだのです。私たちが一人でいると、その苦しい気持ちに直面せざるを得なくなります。

恐れが孤独に対してではなく、自分自身の何かの側面に対するものだ、という可能性もあります。たぶん、私たちが見ることや認識したくないことが自分自身にあるのかもしれません。だから、孤独の中でのみ可能な私たちの内部との接触を避けるのです。

私たちが孤独に対して否定的な考えを形成した、というのももう一つの可能性です。もしかしたら、それを経験したことがなくて、孤独になることがどれだけ良いことか分からずに、ただ避けているのかもしれません。私たちが自分には人生と向き合う能力がないと思うと、孤独はまた不快なものになります。 私たちにはいつも頼りにできる人が常に必要となるからです。

男性に近寄る鹿

孤独と不安の連鎖からどのように逃れることができるのか

私たちは、独りでいることの恐怖から来る不安に対処し、軽減することができます。 時々、状況を見て、ライフスタイルを少し調整するだけでよいのです。別の時にはプロの助けが必要となるかもしれません。どちらの場合にしても、以下が私たちが取れるステップの例です:

  • あなたの習慣を見直す。携帯電話やパソコンにあまり依存することは、あなたを孤立させることがあります。そして孤立が不安を引き起こします。数時間携帯やパソコンに触らなくても、世界の終わりではありません。むしろ、それはあなたにとってとても良いことです。
  • 他人と一緒にいることを理想化しない。他人と一緒にいることがあなたの気分を完全に変えると仮定しているかもしれません。自分自身を観察し、それが実際に真実かどうかを確認してください。
  • 孤独のポジティブな面について考える。孤独が持ち得る報酬について考えてみてください。一人だからこそできる、面白くて、楽しくて、うれしくなることがありますか?
  • 友人関係を強くする。親しい友人を作る努力をすると、一人でいることをそこまで恐れることはないことを、あなたも感じることが出来るでしょう。親密な関係は私たちを感情的に保護してくれるのです。
  • 一人でいるということは、家に籠りきりになることではない。映画や舞台に独りで行ってみてください。孤独になるために家に留まる必要はありません。

孤独と不安について最悪な事は、それが浅い関係につながることです。自分自身の気分を良くするためだけに、人々を必要とするようになります。それは、本物の関係を育てようとしていません。あなたの人生を健全な方法で他の人と分かち合うためには、独りでいる方法を学ばなければなりません。

孤独の恐怖は、ある意味では生きることの恐れであるという事実を考えてみましょう。 結局のところ、人生で常にあなたと一緒にいる唯一の人はあなたなのです。