アピフォビア、ハチ恐怖症の症状について

スズメバチやミツバチ、マルハナバチなどを恐ろしく思っている人は、アピフォビア、つまりハチ恐怖症の場合があります。この記事を読み進め、その症状や原因、そして影響について詳しく学んでいきましょう。
アピフォビア、ハチ恐怖症の症状について

最後の更新: 22 12月, 2020

アピフォビア、つまりハチ恐怖症は、恐怖症の中でも特に多く見られるものの一つですハチが羽ばたく音を聞いただけで、そして同じ部屋の中に一匹ハチがいるという事実だけで、とてつもなく不愉快な一連の症状が引き起こされてしまいます。

ハチたちは人間にとって非常に有用で、自然の循環においても必要不可欠な存在であるにも関わらず、彼らは非常に多くの人々にパニックを起こさせます。調査により、人口の約3%の人がこの恐怖症に苦しめられていることが示されました。この記事を読み進め、アピフォビアの症状や原因、そして影響について学んでいきましょう!

アピフォビア ハチ恐怖症 症状

ハチへの恐怖はどのように発現する?

アピフォビア(ハチ恐怖症)はメリソフォビアとしても知られています。これは、スズメバチやミツバチ、あるいはマルハナバチといった刺激に直面して人がパニックになった時に発現するフォビアです。

このフォビアを抱える人は恐怖心に加えて、不快さや不安も感じます。そのため、最もよく見られる生理学上の症状はめまいや空間識失調などです。また、心拍数の増加や過呼吸、呼吸困難、吐き気、震え、頭痛、気絶しそうな感覚などが起こる場合もあります。

また、認知症状が精神機能に影響を及ぼす恐れもあり、アピフォビアを患う人は集中力の欠如を示したり、周囲にもっとたくさんハチがいる可能性についての侵入思考を起こしたり、死について考えてしまったり、状況を歪めて解釈することなどが考えられます。

最後に、ほとんどの不安障害で起こるのと同様に、アピフォビアの場合も回避と闘争という二つの行動症状が主に現れます。この種の行動は、脅威が与えられるような状況では至って自然なことです。アピフォビアを抱える人は、ハチを避けるためならどんなことでもするでしょう。そしてそれが不可能な場合は、ハチを一目見た瞬間逃げ出すはずです。

アピフォビアの原因は?

このフォビアに関しては、原因として二つの可能性を考慮しなければなりません。一つには、すでにハチ類とのトラウマ的な遭遇を経験済みであることが考えられます。特にスズメバチは人を刺すことが多く、刺されるとかなりの痛みが生じます。そのような思いを再び味わいたい人など存在しないはずですよね。

事実、アピフォビアはその他の動物への恐怖症と比べてそれほど不合理な恐怖心というわけではありません。実際、ハチに刺されると健康が脅かされるのは本当です。しかし、刺されることによる影響の深刻度はその人がアレルギーを持っているか否かや、同時に何度も刺されたかどうかで変わってきます。

さらに、恐怖症というのは代行学習によっても引き起こされ得ます。つまり、身近な人がこのフォビアに苦しんでいるのを見ると、それが自分にも伝染してしまう場合があるということです。ハチがいる状況は避け、ネガティブな反応を取るべきだということを相手から学んでしまうのでしょう。さらに、身近な人からハチの危険性を継続的に警告され続けたがゆえに、恐怖心が強化されてしまったというケースもあり得ます。

ハチ恐怖症の影響

動物への恐怖症は概して幼少期に現れる傾向があり、大抵は年月を経ると消失します。しかし、恐怖心が消え去ってくれない場合、フォビアは残り続け、増大し、日常生活に悪影響を及ぼすのです。

これに関しては、ハチを恐れることと恐怖症を患うこととの違いを強調しておく必要があるでしょう。なぜなら、後者は不安障害の一種だからです。恐怖症というのは個人の生活を制限するような恐怖心を指します。例えば、ハチ恐怖症がある場合、住む場所や訪れる公園の場所が限定されますよね。また、本当は大好きなはずのスポットに、ハチを避けるためだけに行くのをやめてしまうということもあり得ます。

お分りいただける通り、アピフォビアの症状は生活への支障の出方によって穏やかなものから深刻なものまで多岐に渡ります。そうは言っても、治療の必要な不安障害であることは間違いありません。

アピフォビア ハチ恐怖症 症状

アピフォビアの治療

フォビアを治療する上で最も効果的なのは認知行動療法です。特に、セラピストたちは普通、三つの介入戦略を採用します。その三つとは、リラクゼーション、恐怖症的で不合理な思考の修正、そして系統的脱感作です。

刺激への曝露は、系統的脱感作においてもその他の戦略を用いる場合であっても漸進的に行わねばなりません。例えば、まずは画像から始めて、極度の不安を感じずに恐怖の対象に近づくことができるようになるまで徐々に本物の刺激に患者を近づけさせる、というやり方が用いられます。

まとめると、ハチへの不合理な恐怖心は専門的な心理士の助けが必要な恐怖症だということです。専門家の助けを借りることが、クオリティ・オブ・ライフを向上させて恐怖症のせいで不可能になっていた活動を実行できるようになるための最善の方法だと言えます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
マウラーの二要因説:これが恐怖心のメカニズムだ!
こころの探検Read it in こころの探検
マウラーの二要因説:これが恐怖心のメカニズムだ!

フォビア(恐怖症)、不安障害、そして身動きが取れないほどの苦悩…。恐怖心のメカニズムは、みなさんが思っているほど謎に満ちてはいません。 マウラーの二要因説 を参照しながら、私たちと一緒に 恐怖心 について学んでいきましょう!