アリー・クルグランスキー:認知、動機づけ、過激化

2019年4月1日
アリー・クルグランスキーは、世界でもっとも重要な社会心理学者のひとりです。続きを読み、彼の理論を学びましょう!

アリー・クルグランスキーは、メリーランド大学の教授です。生まれはポーランドですが、人生の大半をアメリカで過ごし、重要な理論の発展に貢献しました。認知的閉鎖理論の研究から始まり、様々な分野で貢献しています。彼の数多い発見を扱う本や記事もたくさん出されています。

アリー・クルグランスキーの研究の中でもっとも重要なものに、認知的閉鎖の重要性、動機付けの準備、意味の探求があります。最後にあげた研究、意味の探求では、前の二つの理論を使い、テロリストの動機づけを説明することがねらいです。

 

アリー・クルグランスキーと認知的閉鎖の必要性

アリー・クルグランスキーは、紛らわしい、または、あいまいな内容を含む質問に素早く答えを出したいという思いに対応する認知的閉鎖の必要性を発展させました。基本的には、閉鎖が追及を終わらせるため、知識を得るのに役立つということです。私達が常に情報を探し続けないために、閉鎖は日々必要です。

閉鎖は有効な手がかりを使うため、閉鎖の必要性のレベルが高い人は、不確かなものに素早く対処することができます。この手がかりを通して、もっともらしい結論を出すのです。つまり、手がかりが誤ったものであれば、間違ったアイデアを守ることになります。その場合、私達の仲間ひとりひとりが確実性や知識の最も大きな資源となるため、彼らが認知的閉鎖を与えます。世界がどのようなものか、異なる状況でどうすべきか、彼らは誰なのか、なぜ重要なのかを教えるのです。

アリー・クルグランスキー

 

動機づけの準備

アリー・クルグランスキーは、何かに憧れることは、強い欲求と同じだと言います。この欲求には、物質的なものと象徴的なものがあります。多くの場合、環境や周りの大切な人の影響により、これらの欲求が生じます。欲求には、大きさと内容と言う二つの構成要素があります。大きさは、欲しさの加減で、内容は何が欲しいのかを表します。

また、この欲求における期待が私達にはあります。その期待とは、欲求が満たされる可能性がどれくらいかというものです。このような期待は、自分の以前の経験や周りの人がどう思うかに左右されます。目標を達成できると友達が信じてくれていると、私達は期待を高くします。さらに、期待に影響する要因には、楽観性、コストなどがあるということも知っておきましょう。

実際、欲求や期待は互いに影響します。欲求を満たす期待は、はじめの欲求の強さによります。また、その反対もあります。期待が高いと欲求が大きくなります。両方が高いと、目標ができ、それが、その目標を達成するための適切な動機づけが行われる時です

アリー・クルグランスキーと街

 

意味の探求

自分は重要で、自分の決断に影響を与える価値や目的が自分にはあると感じたいという必要性が私達にはあるとアリー・クルグランスキーは言います。意味を失って、それを得る機会を見つけた時、モチベーションが上がります。このモチベーションが、意味を探求であり、名前の通り、意味を探すことにつながります。

モチベーションができると、私達は意味を得るための方法を探します。先に言った意味は、様々な物語、観念形態の中で見つかります。もし、その物語における意味を見出す唯一の方法が暴力で、社会のネットワークが暴力の使用を支えると、結果的に、私達は暴力的になります。言い換えると、自分の仲間が暴力を支援し、意味を求める時、私達は暴力を使うことになりかねません。クルグランスキーによると、これがテロリストの通る道だと言います。

お分かりいただけた通り、アリー・クルグランスキーは、心理学、特に認知、動機づけ、テロリズムの分野に大きく貢献しました。彼の認知と動機づけの理論は、彼の他の理論にも道を開き、そのおかげで、私達は、どのように人が過激化し、テロ集団に参加するか理解できるのです。

  • Kopetz, C. E., y Fishbach, A. (2018). The motivation-cognition interface: From the lab to the real world: A festschrift in honor of Arie W. Kruglanski. New York: Routledge.