物理的な距離よりも人を遠ざける態度

· 2018年2月23日

人々を遠ざけるほど幻滅させてしまう態度があります。私たちが一緒に住んでいる家族や毎日見る同僚の態度であればなおさら問題です。

彼らの厳格な視点、柔軟性のないアイデア、そして動かない信念は、感情的な壁を構築し、また彼らに否定的な人だというレッテルを張ることになります。

良く言われるように、社会的、恋愛的な関係において言葉よりも重要なことは態度です。心理学の中では、人々の態度の基本的且つ面白い側面が説明されています。

ルイス・レオン・サストンが語っているように、私たちの態度は、私たちの偏見、先入観、恐怖、評価、傾向の混沌とした合併症のようなものです。同時に、人が日々の生活の中での機会と葛藤を生み出す複合体のようなものです。

実際、毎日観察できる側面があります。態度、考え方、行動が他人との共同生活を助ける場合もあれば、その逆である場合もあるのです。

心理的傾向の中には、社会的状況によって誰も免疫がないものが存在します。それに加えて、時にこれらの傾向は、全面的な葛藤に発展する不満の種を蒔くことがあります。

棘のいばらに水をやる

私たちが知るべきあらゆる態度

ビクター・E・フランクルは、「与えられた状況においてどのような態度をとるかは、人間に与えられた最後の自由です」と述べています。

このことから、私たちの態度を賢明に使うための普遍的で効果的なツールはほとんどないという結論を導くことができます。

しかし、それを念頭に置いて、この複雑で時には矛盾する世界で生き残るために、建設的で柔軟で健康的であることに焦点を当てるべきです。

そこで最初に頭に浮かぶ質問は、態度をどのように育み内面化できるか、ということです。

態度を学ぶことができるということを知るのは重要です。子供のころ、しばしば気づかないうちに、私たちは家族の価値、解釈、信念の多くを「吸収」します。

それでも、私たちがその家族から学んだ態度を変える日はいつか来ます。それは、私たちが新しい経験、さまざまな社会環境やメディア等の相互作用によって、教えられた思考を再評価するためです。

私たちは、自分の態度が固定されていないものだ、ということを理解すべきです。ほとんどの場合、私たちは変化し、より良い態度を取ることができるようになります。これは、私たちが絶え間なく成長し、変化しているからです。

態度:良いもの、悪いもの、そして醜いもの

態度は時には紛争の原因となり、人々と距離を置く原因になることがあります。それは克服できない場合がほとんどです。

なぜなら、時に人々は守備的な態度をとる一方で、自分の偏見に基づいた態度を変化させることに抵抗するからです。もちろん、ナルシシズムと利己主義のみに基づく世界に住んでいる人もいます。

さて、私たちの日々の生活の中でどのような態度が見えるかを見てみましょう。

  • 寛大で平和な態度。これらは最も積極的な態度であり、共存を最善にするものです。可用性、オープン性、受容性、愛に基づいています。 人は常に相互利益を求めています。
  • 人を操作する姿勢。この姿勢は、自分の個人的な利益だけを見ている人のことを言います。すべての行動とすべての言葉は、その目標を達成するためで、人を欺くことも厭いません。
  • 自己にしか興味がない態度。すべての行動は、その人のニーズを満たすために行われます。そして彼らはしばしば、注目を集めたがったり、自分自身を犠牲者にします。
  • 攻撃的な態度。このような態度を示す人は、自分の偏見に基づいて行動し、他人との間に線を引く人です。彼らはしばしば問題を引き起こすような攻撃的な態度を示します。
衝突する二つの脳

私たちが幸せになるために必要な4つの態度

ポジティブ心理学は、幸福はさまざまな要因に依存していることを思い起こしてくれます。例えば自然、育成(私たちの社会的状況、教育、仕事、関係、健康によって変わるものを意味する)、そしてこの記事で最も関連性の高い私たちの態度です。

ここで最も興味深いことは、態度は変化するものであり、自身を鍛え、他の人とよりよく生きるために毎日改善することができる、ということです。真の幸福を手に入れるために必要な資質を手に入れるために改善することができるということです。

なのでここでそれらについて考えてみましょう。 私たちの日常生活にどのような態度を組み込んで、変化を始めるべきかを以下で見ていきます。

・あなたの周りの人々の行動についてよりポジティブな視点を持つこと。他人があなたのやり方で常に行動するとは限らないことを理解する。私たちはそれをそのまま受け入れるべきであり、自分がどうすれば物事を改善できるかにもっと焦点を当てるべきです。

・未来と将来の可能性について、より肯定的なビジョンを確立すること。明日あなたに起きる素敵なことのために、あなた自身を信頼してください。

・幸せになるために必要だと感じるものに執着しないようにすること。多くの場合、あなたに本当に欠けているものはあなたの中にあります。

・より強い自信を育むこと。自分の幸せに責任を持つべき人は自分自身であり、あなたを人生の主人公にしてください。

月夜に立つ女性

この記事を読んで、態度の研究がどれほど広範囲で行われているのかを見ることができました。

敵対的または複雑な態度を持つ人々と一緒に暮らすことは、時には非常に難しいことがありますが、重要なのは自分を守ることです。

結局のところ、私たちを偉大な人にしてくれるのは自分自身の態度です。 それは私たちが幸せになるのを助けてくれます。