ケモブレイン:化学療法の副作用

· 2018年10月9日

今日の腫瘍学的治療法は今だとても攻撃的です。多くのケースでがんは治療可能ですが、ほとんど語られることのない副作用が存在します。その副作用のいくつかには、認知的損害、集中力の欠如や記憶喪失などがあります。これらがいわゆるケモブレインとして知られていて、よく見られる副作用です。

何年もかけて、専門家が臨床記録文書やこの現象についての研究を集めてきました。ほとんどの人に知られていないコンディションについて記録するためです。がんを克服すると、その先には新たな闘いが待っているのです。今度は治療の後にやってくるものに取り組まなければなりません。その症状は身体的なものでも心理的なものでもありえます。

よく知られた治療後の症状には、疲労、免疫力の低下、消化不良、身体の弱り、感染症、骨量減少、悪寒などがあります。しかしここでは脳の機能低下についてお話しします。これは集中力、問題解決能力、記憶などの認知プロセスに関わるものです。

治療の後に闘うことになるもの

ケモブレイン:化学療法の後、精神にかかるもや

私たちはよくがんを闘いだと定義します。多くの人にとって、それは化学療法に基づいた治療に従うだけにはとどまらない、本当の意味で強さを試されるものです。がんの治療には手術、薬理学的処置、放射線療法免疫療法などが含まれることもあります。

専門家は特定の治療法に対し、人によって異なる反応があるとよく言います。しかし、大半の人が経験する副作用があるのです。ケモブレインがその一つです。それは多くの患者がストレスやがんそのものへの不安とともに感じる身体的な疲労感です。

しかし、臨床研究で示されているように、ケモブレインは治療そのものの直接的な結果です。これは約80%の患者に影響します。以下のデータを見てみましょう。

ケモブレインと生きること:影響と特徴

  • 化学療法によって最も影響を受けやすい認知分野は、視覚・言語記憶、注意力、精神運動機能だということが研究により示されています。
  • がんの種類に応じて治療が行われることはご存知ですね。患者によって、治療の長さや程度も変わります。しかし、化学療法を行った患者は実質的に全員が認知的ダメージを受けると言うことが研究で明らかになりました。ですので、予想の通り、より長く、より過酷な治療を行った場合、そのダメージも大きくなります。その影響は蓄積するのです。
  • 患者がたいてい経験するのは、日付や人と会う約束を忘れたり、良く用いられる言葉や文章を締めくくることを忘れてしまうことなどです。
  • 物事を同時に行うことが困難になるのもよくあることです。水をくみながら電話をしたり、歩きながら位置を確認することなどが難しくなる恐れがあります。化学療法の後にこういったことを行うのはとても困難で、不満がたまることなのです。
  • 観察によれば、患者は混乱し、反応が遅れることもよくあります。化学療法の後は、世界はより複雑になってしまうのです。患者はよくあることや良く知っていることに反応しようとすると、それが「聞こえなくなっている」ようなのです。
化学療法の影響

ケモブレイン:治療法と回復する方法

以前にもお話ししたように、がんを克服することは素晴らしいことです。それは幸せと希望に満ちています。しかし、舞台のカーテンが閉まったと思ったら、また次カーテンが開くのです。この第二幕では、自分のケアが何よりも大切になります。患者は自然で、心理的なアプローチ、または神秘的なものまでも使うことで、この病気とその治療の被害から回復しなければならないのです。

化学療法の後に脳を最適化するカギ

化学療法の脳へのネガティブな影響から回復できるかどうかの答えは単純です。はい、できます。しかし、認知的リハビリは時間と努力、多面的なアプローチが必要です。

  • 化学療法の神経への影響から回復させるための薬で、試験段階に入っているものがあります。しかし、今のところは100%効果的な薬は手に入りません。
  • チョウセンニンジンやイチョウなどの薬草治療には、ダメージのいくつかから回復する良い効果を発揮しています。
  • また、患者は自分自身の認知的リハビリ活動を見つけるよう勧められています。今日、携帯電話やコンピューターの中にはたくさんのアプリやプログラムがあります。その中には記憶や集中力を鍛えるものもあります。そういったものが全て役に立つ可能性があります。
  • 専門家は、患者に活動の予定を予定表に書いておくこともアドバイスしています。最初は小さな課題を順次予定していき、マルチタスクができるようになるまで続けるよう勧めています。一つ以上のことを同時に行うことは、もし失敗してしまった場合不安を生み、自尊心を傷つけてしまいます。
  • 一方で、また同じくらい重要なことには、家族や友達の十分なサポートも必要です。そのサポートは身近でよく理解を示すこと、そして最も重要なのは、ケモブレインに関する症状をわかっていることです。
家族のサポートも重要

結論として、理想的には、それぞれの患者がこの医療コンディションに集中した十分な認知的リハビリを受けられるようにするべきです。治療が進むにつれて、がんを克服した患者の人生の質を改善することを目的とした腫瘍学的リハビリセラピーも進んでいきます。最低でも、私たちはそう願っています。

https://exploringyourmind.com/chemobrain-a-side-effect-of-chemotherapy/