コカインが脳に与える影響

21 2月, 2020
コカインは、最も消費されている中毒性のある薬物の1つです。脳に与えるその影響は非常に大きいです。

コカインの脳への影響は破壊的です。コカインは世界で2番目に広く使用されている薬剤であり、80年代から健康に悪影響を与えるとして問題になっています。コカ葉植物に由来するこの物質は、それを使用する人に陶酔感、エネルギー、精神的覚醒をもたらします。また、食欲と睡眠のニーズを減らします。

これらの短期的な影響に加えて、コカインの摂取は感情的および行動的障害などの長期的な影響をもたらします。今回は、解剖学的、代謝的、および機能的レベルで脳に影響を与えるコカインについてご説明します。

こちらもご参考に:
喜びと依存症-薬物乱用の本当の理由とは?

コカイン 脳 影響

解剖学的および代謝効果

コカインは、脳のノルアドレナリン作動性およびドーパミン作動性システムに影響を与えます。具体的には、シナプスでのセロトニン、ドーパミン、およびノルエピネフリンの再取り込みを抑制しながら、ノルエピネフリンの放出を促進します。したがって、シナプスの裂け目とも呼ばれる2つのニューロンの通信の間の空間では、神経伝達物質の可用性がはるかに大きくなります。

この効果は、一連の長期的な脳の変化につながります。死後検査で、コカイン使用者の脳の線条体のドーパミン量が少ないことを観察されています。また、モノアミンの密度が低くなり、ドーパミン輸送体をコードするRNAが発現します。さらに、ミクログリアとマクロファージが増加しています。これは、コカインの使用がドーパミン作動性終末およびニューロン全体の喪失に関連していることを意味します。

細胞損傷は報酬経路を作り出します。ドーパミン作動性経路はその一部です。機能を変更し、強制的消費を促します。同様に、低ドーパミン作動性状態である天然ドーパミンの存在の減少は、禁断症状、うつ病、および渇望症状を引き起こします。

科学者はまた、コカインと他の物質の消費がフリーラジカルと酸化ストレスの存在を増加させることを証明しました。老化や細胞損傷を防ぐために必要不可欠な細胞はダメージを受けます。さらに、有害な外部因子から脳を保護し、恒常性を維持するために不可欠な血液脳関門の機能を妨害します。

コカインの使用は、脳血管系への影響とも直接関係しており、脳卒中の発生の可能性が高くなります。また、腫瘍壊死因子が増加すると言われています。

ご存知でしたか?:
コカイン:タイプと影響

コカイン 脳 影響

脳への機能的影響

コカイン摂取は、神経心理学的機能に一連の影響をもたらします。一般に、神経心理学的評価においてパフォーマンスが低下します。注意、記憶、反応の抑制、および実行機能に現れます。

より具体的には、選択的かつ持続的な注意、作業記憶、視覚記憶、および学習能力のプロセスに影響を与えます。これらは、離脱期間中により明白になります。

実行機能に関して、応答を抑制することが難しくなります。また、衝動的で意思決定のスキルが低くなる傾向があります。変化に直面した際の柔軟性の低下と、ミスを処理したり出来事を処理する能力の低下にもつながります。

中毒性の高いコカインの使用は、様々な悪影響を及ぼします。今回ご紹介した以外にも、生活の質に影響する多くの感情的、行動的、社会的影響があります。

  • Urigüeña, L. y Calladoa, L.F. (2010). Cocaína y cerebro. Trastornos adictivos, 12(4), 129-134.
  • Ramos-Cejudo, J. y Iruarrizaga Díez, I. (2009). Correlatos neuropsicológicos y emocionales implicados en el consumo de cocaína: una revisión teórica a los nuevos hallazgos. Psychosocial Intervention, 18(3), 245-253.