コカイン:タイプと影響

· 2018年4月24日

コカインは強力な刺激薬です。非常に中毒性が高く、嗜好用ドラッグとして使用されます。コカヨウからできており、1980年代にドラッグとして人気になりました。自然のままのコカヨウは、南アメリカで何千年にも渡って使用されてきました。

純粋な化学物質形は、コカイン塩酸塩です。100年にも渡って研究室で作られてきた化学物質です。20世紀初め、医学目的に使用された多くの錬金薬や気付け薬の主な材料でした。今でも、のど、耳の手術の際の麻酔として利用されています。

 

「コカは、制限の欠落という現代の時代の最も差し迫ったニーズへの徹底的な反応である。」
-ロベルト・サビアーノ-

コカインは、いくつかのソフトドリンクにも含まれていました。よく知られているのはコカ・コーラです。元々のレシピは、1リットルにつき8ミリグラムのコカインが含まれていました。

しかし、深刻な副作用により人気が落ち、コカ・コーラは1903年に使用を停止しました。コカインは、1914年に非合法ドラッグに指定されました。

科学的に純粋な形でコカインを見つけるのは困難です。代わりに、でんぷん、滑石、砂糖や他のものと混ぜてあります。麻薬として売られているものは、「ブロー(blow)」、「フレイク(flake)」、「コーク(coke)」、「スノー(snow)」などと呼ばれています。

コカイン塩酸塩

お話ししたように、コカインの純粋な化学物質はコカイン塩酸塩です。純度は生産工程により異なりますが、最も高い質のコカインであれば、純度98%に達します。ブラックマーケットではディーラーたちは、純度の高いコカインを「エン(Yen)」と呼びます。最も高価で、他のものより白く明るく見えます。

分子

この塩酸塩は、パウダーが主流です。売られているパウダー状のコカインの純度は5~40%だといわれています。これらはアンフェタミンや特定の麻酔薬など危険な物質が混ざっている可能性があります。

コカインのパウダーは、吸引したり、「鼻から吸ったり」することができます。しかし、多くの人は注射器で注入します。

中度あるいは低度の純度の「ホワイトコカイン」には様々な種類があります。最も人気な物は、「チョーク(chalk)」と呼ばれています。灰色っぽいホワイトで、ちょっとくすんでいます。このタイプのコカインはかなりの幸福感をもたらします。

「黄色系コカイン」というカテゴリーも存在します。最も目立った特徴は、ガソリンまたは灯油のような匂いです。最も強力なタイプです。

他のタイプのコカイン

コカインは、「ベース」の状態で手に入れることもできます。これが「クラック(crack)」として知られているものです。政府がコカイン塩酸塩を製造するのに必要な化学物質への厳しい制限を課し始めた際、クラックの消費量は急増しました。

この対応によって、コカインの値段が上がり、多くのユーザーが手に入れることができないレベルに達しました。その反応で、ベースが商業化され、15%も安くなりました。

 

クラックは、コカイン塩酸塩とアンモニア、エーテル、炭酸水素ナトリウムなどの化学物質のミックスです。パイプで煙として吸引され、精製コカインに比べて強い影響があります。

さらに、もっと中毒性が高く、死亡のリスクも高まります。つぶした時の音にちなんで、クラックと呼ばれています。

このドラッグから作られる別の製品には、コカインのペーストがあります。「コカイン硫酸」と呼ばれています。これは、最大50%が硫酸からできています。

製造過程で、メタノールや硫酸などの毒素のある化学物質が使用されます。ユーザーは、大麻やたばこと混ぜて吸うことが多いです。

クラックもコカイン硫酸も「フラッシュ」と分類されている反応がでます。つまり、素早く非常に強力な影響です。効果を持続させるため、中毒者は続けて大量に摂取したいと感じます。どちらも過剰摂取のリスクがあります。

コカインの短期的影響

コカインの影響は、接種してすぐに現れます。数分しか持たないこともありますが、一時間ほど続くこともあります。コカインは幸福感と活力を生み出します。精神的に注意深くなり、視覚、聴覚、感覚が敏感になります。

コカインを常習的に使うと、睡眠の必要が減ってきますもっと早く仕事を済ませるためにコカインを使用する人もいます。逆に、スローダウンするように感じる人もいます。

不安

効果の継続時間と激しさは、コカインのタイプとどのように消費されたかに左右されます。体への吸収が早いほど、より激しく短い効果を得ます。ユーザーは、不安、苦しみ、いらだちなどを感じることもあります。けいれん、幻覚、めまいもよく見られます。

生理的観点から言うと、コカインは心音のリズムを崩し、頭痛、腹痛、吐き気をもよおします

過剰摂取の場合は、けいれん、発作を引き起こし、意識不明に陥ることもあります。すぐに死亡することは稀ですが、心肺停止になることはあります。これによって死の危険が高まります。

長期的影響

コカインの主な長期的影響は、かなりの中毒症状です中毒症状の可能性が高いため、初めて使用してからどれだけの期間必要になるかを予想することはできません。

使用を停止しても、高い再発の可能性があります。何年もクリーンでいたとしても起こりえることです。

脳はコカインの消費に順応します。これは、時間が経つと満足感が減るということです。その為、同じような幸福感を得るために中毒者は常に摂取量を増やす必要があります。

時間が経つと、コカインから得られる快感は、苦しみ、妄想、押さえされない怒りに変わります。

最も深刻なケースでは、長期にわたるドラッグの使用により長い間現実世界とのつながりを断ってしまいます。幻覚が始まり、幻聴、そして妄想性精神病になります。

コカインは、人格をばらばらにし破壊します。ユーザーの生活がコカインを中心に回り始めます。

MRIをみると、コカイン中毒者の脳はドーパミン受容体が少ないことがわかります。その結果、普通の方法では満足感を得られなくなります。

中毒者の特徴

コカイン中毒になっている人がどうなるかを予想するのはとても難しいことです。たくさんの要因に左右され、しかも偶然も関わってくるからです。

消費し続ける間、死亡のリスクは益々高まります。人格や他人との人間関係に影響します。

このタイプの化学物質への中毒は、入手のための犯罪や不法な行動につながりかねません。

現在、様々な薬がテストされていますが、すべてのテストを通過したものはありません。

グループカウンセリング

サポートグループへの参加はいい方法です。ここでは個々のセラピーも行ってくれる場合が多いです。これに加え、正しい食事、エクササイズプラン、サポートネットワークなどが多くの場合結果を出しているようです。

中毒症状を乗り越えるのは簡単ではありません。最善策は予防です。コカインは興味本位で数回試すようなドラッグではありません。

たった一度の使用で何かを開放し、長期的に深刻な悲劇を生み出してしまう可能性があるのです。