コーヒーと友達は問題解決のカギ

· 2018年2月5日

お茶かコーヒーがあって親友がいれば、どんな問題も軽くなります。 このような魔法の瞬間は、暖かい飲み物を楽しみ、その瞬間に感謝することで、緊張を和らげることができます。 これは、私たちの脳に非常に肯定的な変化をもたらします。

ミハイ・チクセントミハイは、幸福の研究で最もよく知られている心理学者の1人です。 彼は、私たちが人々に囲まれ、テクノロジーやあらゆるタイプの刺激がある日々を過ごしているにもかかわらず、これまで以上に孤独を感じていると言います。 私たちはコーヒーやお茶を飲みながら、親友と時間を共にするというような幸福から、自分たちを切り離しているのです。

あなたは良い瞬間が来るまで幸せになることを待つべきではありません。 逆に幸せになれば、あなたの中の落ち着いたバランスの流れがもたらされ、良い瞬間が自分のものになるでしょう。

お茶するなどの社会的な行為を持って行われるリラックスの時間は、実際には感情的な支えを創るという非常に重要な目的を持っています。 コーヒー、紅茶、食事を誰かと共有することは、私たちの脳化学を活性化させます。またコミュニケーションを取りやすくし、ストレスに直面したときにリラックスでき、ポジティブな思い出を創り出す体験なのです。

コーヒーを飲みながら友達とくつろぐ

良い瞬間は悪い瞬間に勝る

感情的にポジティブなことであるとラベル付けされた記憶は、ネガティブなものより長く私たちの記憶にとどまるでしょう。 良い瞬間は能力、永続性、そして自尊心を高める真の能力を持っています。 アイルランドのリムリック大学で行われた興味深い研究によってこのことは証明されているのです。

彼らが今を楽しんで、他人に心を開けることができれば、精神異常をきたすこともないでしょう。

その研究の著者によると、やや不愉快な出来事は、私たちの脳の防御機能によって私たちの記憶から消えていく傾向があります。 私たちはすぐに、変化に適応するためにを処理するのです。 本当に私たちが前を向くのを助けるのは、私たちを後押しして、毎朝私たちのモチベーションを上げてくれるようなポジティブな思い出なのです。

水の中で手を握る

私たちはこのようなポジティブなことと現実と切り離す傾向があります。 私たちは、日常を 「現状維持」と呼べる活動、すなわち服を着ること、車に乗ること、地下鉄に乗ること、仕事に行くこと、そして家に戻ってくることに費やしています。 私たちは変化の速い社会に住み、同時に、私たちの内面の声や感情から自分自身を切り離しているのです。

私たちが「悪い瞬間」を経験するわけではありません。 私たちは自分を幸福感から完全に遠ざける「生活の流れ」を促進しているのです。 それは手で水をかき集めようとするようなものです。 では、その状態を克服する方法にはどんなものがあるのでしょうか。

お茶、コーヒー、お友達…

私たちは、コーヒーや紅茶のために親友と時間を共にする利点について話しました。このような社会に根付いた習慣には、私たちが忘れてしまいがちな、ある目的があります。 誰かとコーヒーを飲むことで、私たちをその受け身な生活から健康的で積極的な時間に動かしてくれるのです

その習慣は、私たちがより現実に生き、私たちの精神世界を受け入れることを可能にします。それと同時に、良い刺激、感情、知識などをもたらしてくれます。

猫の横でコーヒーを飲む

人とコーヒーを楽しむことの恩恵

コーヒーを人と楽しむことは、多くのメリットをもたらします。

Psychology Todayに掲載された記事によれば、カフェインは軽い刺激薬として作用し、社会的関係を改善することができます。 それは、記憶、良好なユーモアおよびコミュニケーションを促進する神経伝達物質の機能を最適化してくれます。

・コーヒーや紅茶などの飲み物を楽しむことで、エンドルフィンが放出されます。 これによって健康がもたらされ、感情的なつながりや精神的なバランスを持つための幸福を形作ってくれます。そして親友との感情的なつながりも、より楽しむことができます。

喜びと楽しい時間を共有することは、私たちが「現在にいる」ことに役立ちます。すでに話したように、すべてのポジティブな経験は、私たちを強化し、真の幸福に触れ続けることができる認知的かつ感情的な支えを作ります。 そんな幸せは私たちが毎日作り、心を治療することができるものなのです。 ぜひ誰かとコーヒーを飲みにいってはどうでしょうか。

森を歩く二人の友人