誰でも天才になれる

· 2017年11月17日

おそらく、誰しも人生の中で迷子になったように感じたことがあるかと思います。自分が何に心血を注ぎたいかわからなかったり、自分は何をするのが得意かわからなくなった時です。社会、家族、自分からのプレッシャーで、自分自身を見つけることが困難になっているのかもしれません。 しかし、あなたには情熱を傾けている何かがあるはずです。もしかして、気づいていないだけであなたは天才かもしれません。

誰でも天才

トーマス・エジソン、アルベルト・アインシュタイン、スティーヴン・ホーキングなどの天才は、学生のころ自分は場違いの場所にいるように感じていました。興味が湧かなかったために自分はダメな人間のように感じ、誤解されているような気持ちでした。後に、彼らは全員、電球から相対性理論まで、人類に貢献する何かを見つけることができました。

 

彼らのような超天才のように大きく考えることはできないかもしれません。でも、誰しも情熱を傾けられる何かを持っていて、自分らしくいることができるはずです。それを探すかどうかの問題です。 「普通」になるまで時間はかかるかもしれませんが、自分を最大限生かし、何かを見つけましょう。

「誰もが天才です。でも、木を登る能力で魚を判断すれば、魚は一生自分は馬鹿だと思って生きることになります。」
-アルベルト・アインシュタイン-

青いダスト

自分の仕事、専門、学校の授業が合わないように感じるからといって、あなたに価値がないということではありません。多分、ただ単に自分には合っていないだけかもしれません。希望を捨てずに、自分に合っていると感じられること、自分を天才に思わせてくれる何かを探し続けましょう。

 

自分を完全な人間に感じさせてくれるものを探す

何かが得意ということは、努力をしなくていいということではありません。自分がよくできていることを当たりまえに思うことで、進歩が停滞してしまう可能性があります。自分が何かに得意だと思うことほどいいモチベーションの燃料はありません。でも、改善の余地があることに気づくことも忘れないでください。

献身と努力の末に得るものは、もっと大きなものです。さらに、簡単に得られるものより、努力も続きます。おそらく、それこそすべきことなのかもしれません。ゴールよりその過程を楽しむことです。

「頭のいい人というのは、たくさんのアイディアを持っている人ではなくて、自分が持っているアイディアの活かし方を知っている人だ。」
-作者不明-

 

例えばギターが弾けるようになったとき、正しい音を正しい箇所でひくことができるまでの、何年もの努力、タコ、苦痛も、実を結んだと感じることで楽しいと感じます。 だから、一度情熱を注げるものを見つけたら、それをいかして自分ができる精一杯の努力をしてください。創造力があれば、それがあなたの人生の道となります。

 

楽しむことがカギ

孔子が言っていたように、「好きな仕事を選べば、人生で働くことはもうありません。」このことわざからわかるように、仕事はネガティブなものではありません。特に、自分の中の天才を呼び覚ますことができればです。自分が追い求めた機会を楽しむことは、成功のカギです。そうすれば、十分結果に満足できます。

手をかざす女性

自分の仕事を悲観的に見ていることは、これらのファクターが欠けているためです。しかし、だからといって自分に罰を与えたり、自分の価値を下げる必要はありません。見方を変えて、自分が情熱を傾けるものを楽しみましょう。なぜなら、それはあなたを幸せにしてくれるからです。

「報酬は、結果ではなく努力の末にある。最大限の努力が、勝利なのです。」
-マハトマ・ガンディー-

自分の人生で心地よい場所をまだ見つけられていないなら、怖がらなくても大丈夫です。自分をネガティブに見る原因となるものを変え、必要なステップをとってください。それがあなたの求めるものであれば、幸せを感じるはずです。リスクをとることで、自分の奥底に潜む天才を発見することができます。