怒鳴らずに子どもを育てる

2018年2月28日 in 心理学 0 シェア済み
母親の方に寄りかかる子供

もしあなたが誰かの親、または教育者であれば、怒鳴らずに育ててあげるのが一番です。声を荒げたり、怒鳴るような行為は子供たちの脳にとって教育的でも健康的でもないのです。

それは問題解決に繋がらず、恐怖と怒りという2つの感情反応を招いてしまうのです。今日は責任と共感を持ち、心から子供と接する育児としつけについて学んでいきましょう。

親や先生は大抵行儀が悪かったり、挑戦的な態度をとる子供たちに対して声を荒げて処理をしようとします。そして、自分自身の落ち着きを邪魔してしまうのです。

このような状況は本当に多く起こります。それは何度も続き、いずれ疲労とストレスが私達のリミットに達する時が来るのです。

怒鳴ることに頼ってしまうことは多くの人がやりがちな行為です。しかしこれは、育児におけるタブーとも見られていません。事実、一部の人達は効果があるとも言います。

子供を怒鳴るタイプの人はこの行為を適切で普通な行為として見ていますが、それを少し掘り下げていきましょう。

このような人々は、おそらく自分もそうやって育てられたのでしょう。大人になりそれが身についてしまい、他の効果的で尊重した方法を使うことが出来ないのです。

子供を怒鳴らず育てるのは、オプションではありません。必要不可欠なことです。そのような行為をせずに、しつけ、または間違いを正してあげたり、彼らを導いて教育してあげると、子供の人格の成長に良い影響をもたらしてくれるのです。

例を見せてあげることは感情や自尊心を大切に扱う上で効果的な方法です。それは、子供たちに他のコミュニケーション方法を教えてくれます。そして、誰も傷つかずに他人を理解してあげたり、本当のニーズを知る方法が学べるのです。

口論する親と耳をふさぐ子供

子供の脳神経への影響

親、そして教育者として実は多くの人が気づいていることがあります。それは、怒鳴ることが効果的ではないこと、しかしそれを避けるための資源や戦略、そして代替案を持っていないことです。

子供達が持ってしまうのは恐怖と怒りの目です。ですので、子供達をポジティブに育てたり、教育する、または様々な状況を知恵を持って処置する為には、適切な育児のメソッドをしっかり学ぶ必要があるのです。

まず、覚えておかなければいけないことは、怒鳴ることで子供の脳神経系の成長に悪い影響を及ぼすことです。

「叫ぶ」という行為には危険を警告するという目的があり、それは私達の遺伝子に刻まれています。私達の中で警報が鳴り、ストレスのホルモンであるコルチゾールが放出され、「戦闘、または逃避」モードに切り替わってしまうのです。

このように、教育の一環として怒鳴ることが多い環境に子供が住んでいると、それは神経に特定の変化をもたらします。

感情と記憶に関連する脳の構造である海馬がより小さくなります。また、脳にある2つの半球が集まる場所である脳梁は、血流が少なくなるため、子供の感情的バランス、注意力、さらに他の認知能力に影響を及ぼすのです。

怒鳴ることは虐待の一種です。それは他人には見えず、触ることも出来ませんが、子供の脳を破壊する凶器なのです。このように、過度に、そして持続的にコルチゾールを放出してしまうと子供はコンスタントにストレスを抱える状態に陥ってしまうのです。

子供を指さす有害な親

子供が泣きわめかない教育

12歳のパブロはあまり成績がよくありませんでした。そして、彼の親は学校の後に塾に通うように強制させました。

彼は毎朝8時に起きて9時に家に帰ってきます。今学期、パブロは3つの教科で悪い点数をとってしまいました。数学のクラス2つと英語のクラスです。しかし、前学期より2つ減ったのです。

彼が家に帰ると、お父さんは彼を叱りました。彼のだらしなさを言及し、お金の無駄だと怒鳴ったのです。そしてついて、「お前は何にもなれない」と言い放ったのです。

その後、パブロは部屋に閉じこもり自分の努力は無駄だと言い聞かせてしまいました。そうして、彼は学校からも家からも離れたくなり、特に彼の親から逃げ出したくなりました。

この状況はもちろん一般的なものではありません。怒鳴ったり、叱る方法を間違えた一つの例です。しかし、もしこれが続いていたら何が起こるかじっくり見ていきましょう。

「子供は怒鳴られることを憎しみの表現として解釈します。両親がこのように対処すると、子供は拒否され、愛されず、嫌われていると感じるのです。」
シェアする
  • 攻撃的な声のトーンでは心はその情報を上手く処理することが出来ません。なので、怒鳴ることはあまり役立たないのです。
  • 叫ぶことで怒りの感情や逃げる必要を覚えてしまいます。問題解決とは程遠く、状況をより複雑にしてしまうのです。

仲の良い家族を夢見る少年

怒鳴ることなく育てるにはどうすればいいの?

声を荒げること以外にもいくつかの方法はあります。これにより、子供とのより良い対話や、健全な絆を作る為の基礎を築くことが出来ます。基本的なメソッドを少し見てみましょう。

  • 怒鳴ることは制御を失うことだというのを第一に理解しておいてください。声を荒げる必要があると感じた時は、しっかり息を吸ってください。3歳児の怒りを止めるために叫びたいと思ってしまったら、今すぐ止めてください。そして、怒鳴ってしまったら制御できなくなるとしっかり理解するのです。
  • 子供の態度やある一定の状況には必ず理由があります。理解や共感をしてあげることは絆を深めるのに必要不可欠なことです。そしてそれを実行するにあたって、2つ必要なことがあります。忍耐と親密さです。怒りを爆発させる子供はどのように彼の複雑な気持ちをコントロールするすればいいのか教えてもらう必要があるのです。

思春期になると、どう思う?、どうした?などと子供に何を考えているか聞くことが出来ます。どの年齢でも、話を聞いてあげることは教育にもなります。

子供を怒鳴らずに育てるんは家族全体の意志や努力を必要とする選択です。そこにはどの状況や子供にも効果のある魔法のような方法はありません。

しかし、ほとんどの状況で役立つ方法はあります。それは、子供と密接な時間を過ごす事、理解しやすいしつけをする事、自分が無条件で子供を応援したり、子供が何歳になってもその責任を持つ存在だということを確立してあげるのです。

あなたへおすすめ