感情的虐待は魂を傷つける

2018年2月9日 in 好奇心 315 シェア済み
血管が浮き出る顔

この世界には、物理的に傷跡を残さないけれど、癒すのが難しい傷を魂に残すような虐待があります。それらの虐待には、人間関係において片方が他方を支配したり、軽蔑したり、無視したり、批判したりすることによって起こります。

言葉、ジェスチャー、もしくは単なる沈黙ですら、私たちの心に短剣で攻撃するのに十分なのです。 心が徐々に弱くなり、相手に対して反乱を起こしたくなる可能性が目立ち、恐怖と罪悪感が確立されるのです..

感情的虐待は、人の感情的な強さが完全に侵害された心理的破壊のプロセスです。

誘惑と罠

感情的な虐待は、年齢、性別、社会的地位に関係なく存在するものです。 私たちは、恋人、家族、職場などの人間関係から、いつでもこの虐待の犠牲者になりえます。

オオカミの仮面を後ろ向きにつけた女性

そのような虐待の危険性は、それがもたらす結果と気付かれない特性にあります。 感情的な虐待は、それが明らかになった時には、既に長い間続いており、被害者である人に壊滅的な結果をもたらすようなプロセスです。

その始まりは、特に恋愛関係で、犠牲者となる人を誘惑して罠にかけるような、魅力的な人によって発揮されます。そしてゆっくり静かに起こります。 このようにして、虐待者が実現したいと口にする現実は偽りの現実であり、決して果たされない約束と欲望であふれています。

虐待者は被害者が罠にはまるように、虐待を実行するための準備を少しずつ行います。

精神的刑務所の力

感情的な虐待は、人のアイデンティティを破壊し、その人の感情的な強さを盗む強力な毒です。 虐待は間接的に加えられ、犠牲者を疑い、犠牲者が悪いかのようにふるまうので、まるで彼らの生活に穴を開けるようなものです。

精神的虐待の犠牲者は、自尊心が徐々に弱まる障害と不安が渦巻く精神刑務所に閉じ込められているのです。

そして、犠牲者が閉じ込められているとき、虐待者は、その虐待の存在を、軽蔑、批判、侮辱、または沈黙によっても表現し始めます。 この虐待の乱用の痕跡は物理的ではないので、被害者の肌に目に見える傷はありません。感情的な虐待は言葉や沈黙や身振りで行われるのです。

このような精神的虐待の刑務所は、被害者が助けられる余地のない場所で、どのように外に出られるかもわからないのです。

鳥かごの中の女の子

虐待と魂の目に見えない傷

感情的虐待の傷は、犠牲者の最奥に残る深い傷です。 それらを日常で見たり聞いたりすることはありませんが、苦しんでいる人の存在は見抜くことができます。 傷は他人の目には隠されているようで、傷ついている人には深く痛いものなのです。

感情的な虐待の傷は、人々の肯定的な自己評価を破ることによって、人の自尊心に深い穴を作ります。

それらは、虐待者が被害者に向けた軽蔑と批判的な発言から生まれた傷なのです。 被害者が自分自身を壊すような状況から自分を解放しようとする力を奪う、恐怖、罪悪感および疑念に根ざした目に見えない傷です。

これらの傷は、虐待者に出会うたびに出血するだけでなく、出血が起こると不安に駆られることで出血するのです。 重要なのは、その人が自分がいる状況から脱出することをあきらめず、これらの傷が治癒できることを忘れないことです。

手から落ちていくハート

魂の感情的虐待の傷を癒す方法は?

このような場合で最も重要なのは、犠牲者が置かれている状況を特定し、虐待者がすべての責任と罪悪感を負うことです。 したがって、私たちが感情的な虐待の過程に置かれていると気づくことが、自分自身を解放するための第一歩です。

私たちがどれほど虐待のプロセスにおいて深い所にいるかを知ることがまず一つです。そして愛する人とコンタクトを取り、彼らを頼りにすることで、この状況から私たちを開放することができれば、私たちが前進するのに役立ちます。 少しずつ、愛と愛情を持って、彼らは私たちの心の中で開いた傷を埋めることができます。

さらに、専門家の助けを求めることは、自分のアイデンティティと自尊心を再構築し、私たちの内面にある目に見えないすべての傷を修復するのに役立ちます。 そうすれば、私たちは再び自分自身を修復することができます。

私たちの魂の感情的虐待の痕跡を修復することは、単純で迅速なプロセスではありません。むしろ複雑で遅いものです。 しかし、自分自身を再度見つけることの満足さは、その遅さと複雑さに耐えるだけの価値があるものです。

最後に、感情的な虐待まで極端な状態に達することはなくても、他の人の魂を傷つけたり、無視したり、批判したりして、人が傷つく可能性があることを忘れないようにしてください。 私たちの言葉とジェスチャーは、両刃の剣のようなものなのです…

あなたへおすすめ