どんな失望もいつか忘れ去られる

· 2018年1月8日

人を信じるということがますます難しくなってきています。現実だと思えていた感情が突然変わってしまうことは信じがたいことです。失望に対して支払う犠牲は幻滅です。特に、きっと誰かが人生で埋めてくれると思っていた魂をすべてを一度はさらけ出していたからです。

でも、それは何度も何度も起こります。絶対変わらないと思っていたことも変わります。そして、盲目に信頼していた人があなたは誤っていることを証明します。あなたが物事をはっきりと見ることができていないことを証明します。あなたは、失望は自分が盲目でいたことの結果であることに気づきます。相手に多くを期待しすぎて、自分のことを忘れていた結果です。

 

熱意と信頼

時間が経って、失望は複数あることに気づきます。同じ人の場合もあれば、他の人からの場合もあります。また、失望は関係や状況の重大さにもよります。例えば、痛みを伴うもののあなたを壊すことのない失望があります。その一方で、ひどく痛み別れを告げる余地しか残さないような失望もあります。

人生というのは常に手放すことです
痛みを伴わなければ意味がないのです

わたしたちは理性的かつ感情的な生き物です。わたしたちの頭は、わたしたちの歩みをコントロールします。しかし、どの方向に歩むべきかを決定するのは、私たちの共感する力や感受性です。だから新しく人に会うとワクワクします。その人を信頼すべきかしないべきかはわたしたちが決めます。信頼すると決めたら、期待に胸膨らませ人間関係の基礎を作り上げます。

 

信頼が強くなると、それが相互的であることに対する欲求が高まります。そのようにして親密な社会サークルは形成されます。このサークルの中で、誰かが裏切ったり、落胆させるなんて思いもよりません。

音楽を聴くカップル

起こるかもしれない失望

しかし、熱意と信頼が何らかの形で阻害される時が来ます。もし、一度以上の苦しみを経験したり、一撃が特に激しかったりすると、新しい失望の可能性が、もう一度トライすることへの恐怖や熱意の消失の原因となります。

もし人が誰かを失望させると、不変と思われた絆は壊れます。また、失望した側は傷つき、うろたえます。犯された間違いに解決策がなければ、自分の自尊心と両者の性格にかなり影響を受けた価値観をゆっくりと再構築します。

失望は武器として分類されるべきである。
簡単にこころをうち抜くことさえできるのだから。
-作者不明-

裏切りと失望のあと、勇敢になって前ほど馬鹿正直ではないバージョンの自分として生まれ変わります。失望は、頭を高く上げて、ハートが強さで満ち満ちた姿で生まれ変われるよう、あなたに状況をコントロールせざるを得なくさせるターニングポイントです。

忘れて前に進むために許す

いずれにせよ、どんな失望も最終的には忘れられます。許しのフィルターを通す必要がある失望も同じです。十分な休みを得て、痛みを癒し、経験によって強くなった姿で生まれ変われれば、許しは可能になります。 許しは、受け入れること、物事に執着しないこと、苦しみから学んだ教訓で前に進むことです。

頭が花の女性

失望などの難しい障害に直面する際、自分のために行動することが大切です。必要があれば吐き出し、人を信じることは価値があることだと確認するために別の友達と出かけてみてください。気を紛らわせるアクティビティーで自分の思考を忙しく動かし、この時を自分のことをよく知る機会として利用してください。自分ができることを学び、各ステージや段階に、その瞬間や時間があることを理解してください。

「最も難しいことは
去っていったものを
完全に消すことだ。」
-Marwan-

 

自分自身の幸せを考え、許すチャンスを自分に与えてください。失望は誰にとっても公平ではありません。でも失望は、過ちから学ぶという最も人間らしい側面を見せてくれます。