笑顔を利用して世界を変えよう

· 2018年10月21日

ある無名のギリシャの思想家が次のように言っています。「人生に笑いかければ、人生が笑いかけてくれる。」時に、笑顔は世界を変えるのに最も良い方法です。 笑顔でいれば、最も困難な時に自分たちを柔軟に強くできます。

笑顔で、楽観的でハッピーな人は、病気になりづらく長生きします。感情的に安定していて、ポジティブで、希望に満ち溢れていて、生命力いっぱいで、理解力があって強い人は、より良い健康状態を享受できます。

 

浅はかなライフスタイルの人は、人生に笑いかけもしないし、知的でもありません。実際、楽観主義者は、問題を無視したり逃げようとする悲観主義者より上手に問題を解決できます。笑顔は多くの複雑な状況に対するクッションとして機能するのです。

「笑顔を使って世界を変えて、世界に笑顔にさせられないようにしよう。」

-作者不明-

スマイリー

笑顔という薬

笑い(その本質は基本的には精神的)のような笑顔は、人間にしか見られない特徴です。 この姿勢は、人の行動、生理的な局面にも影響を及ぼします。笑顔を利用することは、たくさんの研究と臨床結果に基づくセラピー的な行動です。

ユーモアと笑顔は、体の健康にメリットがあり、心理的な健康にも重要です。メリットをいくつか見てみましょう。

  • 人に謙虚でいるよう教えてくれる。
  • 極端な個人主義に対抗して、人がよりリラックスできるよう助けてくれる。
  • 笑いものにされる恐怖を払しょくできる。
  • 私たちの存在をより複雑なものにしている様々な視点を考慮することで、人生を相対的に見られる。
  • 日々の問題への解決策を見いだせる。
  • 変化に適応することを促進する。
  • 自分の限界の認識からくるいらだちを軽減できる。
  • 感情的なバランスに影響する非難や攻撃から自分を守れる。
  • ネガティブな状況でのクッション代わりになり、対立を避けるのに役立つ。

「嵐の後には太陽が笑いかけます。どんな問題にも解決策があって、魂の明確な使命は良い気分でいることです。」

ひまわり
人生は鏡のよう:笑顔でいればいい結果に

喜びが笑顔の源であることもあります。しかし、気分が悪い時にも笑顔になることで気分が改善します。愛撫、笑顔、優しい言葉、聞く耳、正直な行為などの人生を変えるかもしれない小さな行いの力を人は過小評価してしまいがちです。

もっと笑顔でいたら、どれだけ世界が良い場所になるか考えてみてください。言うまでもありませんよね。笑顔になればいいだけ!笑顔は壁を取り去って、緊張を緩和して、新しい友達を作るための第一歩になります。

そういう気分でなくても笑顔でいることで、自分に対する気持ちが良くなります。笑顔と人間は、太陽と花の関係のようです。もっと笑顔でいれば、無料のカウンセリングになります

「ユーモアは、考えることを恐れません。いつもとは違う物の見方を見せるだけの話です。」

ネガティブな気分に対する唯一の対抗策とまではいかないものの、笑顔は最も強力なもののひとつです。すべてがうまくいっていなくてちょっと「落ちてる」時は、笑顔で世界に立ち向かってみましょう。最悪の場合でも、何も変わらないというだけの話です。でも、笑顔でいることによるメリットの可能性は想像以上です。

必要だと思ったときには、自分の最高の武器であるかのように笑顔を利用しましょう。