自分を笑い飛ばす方法5つ

2018年5月13日 in 心理学 0 シェア済み
砂になる女性の顔

あなた自身を笑うことを学ぶことは、自分の内なる平和への一番の近道です。それはまた、より弾力性に富み、親切みを高めるのに役立ちます。しかしそれは聞いているほど簡単ではなく、ある日突然生まれる力でもありません。そのやり方を知っている人、あるいは幸運な人だけが辿り着くことができる場所です。

あなた自身を笑うことを学ぶには、十分に発達した自己意識が必要です。しかし、さらに重要なのは、高い自己受容性です。もしこれらの能力を発達させられる環境の中で育ったとしたら、それは幸運なことです。もしそうでなければ、私たちは毎日それらを得て発達させるために努力が必要です。

私たちは誰もが人を判断する社会で生きています。そして、しばしば我々は無意識にそれを行っています。この種の環境は、私たちの集団的な不安の産物です。

それにもかかわらず、多くの人々はこれらの判断に不安になります。あなた自身を笑うことを学ぶことは、他人の意見から独立する方法です。どうすればいいのでしょう?ここにいくつかのヒントがあります。

「楽しいことをやめることが決してないので、自分を笑う方法を知っている人は幸せです」

-Saint Thomas More

1.私たちが「何者なのか」と「どうなりたいか」のバランスをとる

一つは私たちが何者なのか、そしてもう一つは私たちがどうなりたいか、です。それはかなり単純明白なようですが、時にはそれが思っているほど簡単ではなかったりします。私たちはよくこの2つを混同してしまっています。特に「どうなるべきか」という非常に堅い考えを植え付けられた場合に起こります。

それは、「現実」と「私たちへの期待」とを区別することを困難にしてしまっている可能性があります。これが起こるとき、それは借金に似ています。

スマイリーフェイスのネックレス

この「なりたい」と「なるべき」という考えは、私たちが実際に誰であるかを評価する方法になります。たとえば、あなたが低身長だったとします。あなたの身長を軽視したり、背の低い人についてのたくさんのジョークやネガティブな言葉を聞いたりしてきました。

あなたは背の高い人たちに劣らないように、恐ろしく高いハイヒールを履くようになります。あなたは高身長の利点にばかり目がいってしまい、小さいことによる自分の利点に気が付いていないのです。つま先立ちしてもものに手が届かないからこそ、笑いになるのではないでしょうか。

2.自己中心的知性を育てる

あなた自身を笑う方法を学ぶためには、偏見的なナルシズムを断ち、健康的な自己利益を高めなければなりません。ナルシシズムは個人的なプライドと関係しています。一方で、健康的な自己利益は、他者のためにそれを探すのではなく、自分自身のために良いものを探し求めようとすることです。

あなたが個人的なプライドをたくさん誇示する場合、あなた自身を笑うのは難しいです。このような場合、私たちは最高で、1番美しく、最も頭のいい人になりたいと思っています。しかし、これらは不可能な欲望なので、ただ単に欲求不満を引き起こしてしまいます。

対照的に、状況を自己敬愛的に分析すると、不完全な人として自分自身を受け入れることができます。私たちは何よりも自分自身に真実でなければなりません。

この方法で、他の人たちが私たちをどう思うかを考えなることなく、自分の失敗やミスを笑う方がはるかに簡単です。念のため、ここでは私たちは健康的な自己利益について話していることを忘れずに。

3.あなた自身を笑うことができるように、優しさで自分自身を判断する

時には私たちは自分自身の最も厳しい批評家です。私たちは厳しく判断します。私たちは間違いを受け入れず、自分自身を罰します。とても頻繁に、私たちは自分が与えることよりもはるかに多くを求めてしまっています。

胸に映るバラの影

自分自身を笑うことを学びたいなら、まず自分を親切に扱うことを学びましょう。これは、私たちが間違っていて、不完全で、未完成の生物であることを理解することを意味します。

何かが間違っていることに対して、発言したり、それを行ったり、考えたりすることは重大な罪ではありません。それは私たちをもっと人間らしくしてくれる素晴らしい弱点です。ミスをすることで私たちは改善し、成長を続ける機会を得るのです。

4.自分自身の最高の伴侶となる

私たちが自分自身を信じることができなければ、誰も信じることなどできません。厳しく柔軟性のない心の内側の声を出す代わりに、私たちは自分自身をサポートするべきです。私たちは、自分自身を責めるのではなく、自分自身を許すように努力すべきです。罰と叱責の代わりに自分自身を動機づけて感謝してください。

私たちが自分自身をサポートする術を知っているならば、私たちは怠惰にも怠慢にもなりません。自分自身に過度に厳しいことは感情的な苦痛につながります。対照的に、より柔軟でより親切であることは、自分自身のバランスを保ち、自分自身とのより良い関係につながります。

5.あなたの笑いを練習する

毎日、笑う理由を探しましょう。笑いは精神衛生上とても素晴らしいですが、それはまた、私たちの頭が硬くなるのを抑えます。私たちの生活をあまり真剣に受け止め過ぎず、それが自然に流れるようにします。結局のところ、ここまで述べた全てのことは、自身のことをより良く感じるのに役立つものなのです。

あなた自身を笑うことを学ぶことは、快適な精神衛生を保つ基本です。社会的にも役立ちます。傲慢さと誇りが邪魔になることを理解すると、大きく前に進むことができます。一方で、私たちを批判したり、冗談を言ったりするような他の人々の意見に敏感にならないようにしてくれます。

あなたへおすすめ