ハイリー・センシティブ・パーソンと感情的におざなりな家族

· 2019年1月12日

時に、ハイリー・センシティブ・パーソンは感情的におざなりな家庭で育つことを強いられています。親や兄弟がこのような性格的特徴を有していない場合もあります。多くのケースで、自分だけが誤解されているように感じます。

ハイリー・センシティブ・パーソンはとても感情的です。しかし、感情的に空虚な環境に生まれ育つことで、見捨てられたかのように感じています。また、感情的な承認を得ないことで、自分は何かがおかしいと感じるようになります。

カール・グスタフ・ユングは、生まれつきの変わった敏感さのために現実を別の方法で処理する人として ハイリー・センシティブ・パーソンを定義しています。人口の20%がこれに当てはまるとされていますが、そこには何の問題もありません。彼らの脳がユニークなだけであると証明する研究もあります。

ハイリー・センシティブ・パーソンには、ADRA2Bと呼ばれる遺伝子因子が備わっています。これは特定の神経伝達物質であるノルアドレナリンに影響を及ぼします。だからこそ、彼らはより敏感な神経システムを持ち、それが共感的でどんな刺激ともつながって反応することへと繋がります。

このような状況の対応法を理解して、ハイリー・センシティブ・パーソンを支援する家族もいます。しかし、このような特徴を持った子どもを潜在的に傷つけてしまうような、無関心な態度をとる親もいます。

「あなたの敏感さは恐れるべきものではない。」

-エレイン・アーロン-

木
ハイリー・センシティブ・パーソンの怠慢的な家族が及ぼす影響

感情的におざなりな家族は、ハイリー・センシティブ・パーソンが求めることがまるで分からないだけではありません。彼らの必要とするものを無視して、邪魔し、罰を与えたりします。これによって深いキズを残します。

超敏感な子どもは、このような対応に苦しみます。自分の素晴らしい性格を理解することも認めることも許されません。子どものころから、世界から自分自身を守らなくてはいけないということを学びます。自分の中に、自分が透明人間になれるような避難場所を作るようになります。この空間では、自分の感情を抑制して、敏感でいることに対して罰を受けないようにします。

ハイリー・センシティブ・パーソンの必要とするものを無視することは、虐待と言っても良いということを人々は理解していません。ジョニス・ウェブ医師によれば、多くの親が敏感性を治すべき特徴として見ています。親にとって、敏感性というのは短所なのです。だからそれを理由に罰を与えたり、もっと「ちゃんとした」兄弟や友人と比べてしまいます。

そのため、ハイリー・センシティブ・パーソンの子どもと、その教育方法のカギとなる側面を理解しておく必要があります。

ハイリー・センシティブ・パーソンの遺伝子的特徴:変えることは出来ない

これは、持って生まれるかそうでないかの問題です。はじめにお伝えしたように、超敏感性というのは、小さな遺伝子的違いです。これによって痛み、視覚的・聴覚的刺激により敏感になります。特定のタイプの服、テレビの音、大勢の人が同時に話す音などでも不快感を感じることすらあります。

これはどれも変えることができません。だから、このような性格や感じる物事で、子どもに罰を与えることは有害です。

男性うしろすがた
敏感さは弱点ではありません

感情的におざなりな家族は、子どもに明確なメッセージを送ってしまっています。みんなとは違って、直すべきネガティブな要素を持っているということです。芸術や音楽を愛する人として生まれたのに、そんなのは馬鹿らしいと言われるようなものです。このような親は、自分の子どもが音楽を聞いたり、絵を描いたりすることを禁止さえするかもしれません。

しかし、超敏感性というのは弱点ではありません。理解されなくてはいけない才能です。

感情やそれを理解し環境と関連付ける方法は、罰を受けたり禁止されたりすべきものではありません。そうすることで深刻な害があります。

  • 低い自尊心
  • 強固な人間関係が形成できない
  • 社交的なイベントからの遠ざかり
  • いじめの対象になりやすくなる
  • 自分のアイデンティティを受け入れ、成熟した自信のある人格を築くことが難しくなる

感情的におざなりな家族の影響を乗り越えるには

感情的にお留守な家族の影響を乗り越えることは可能でしょうか?ハイリー・センシティブ・パーソンは、人生のどこかで強制的に考えさせられる瞬間があります。一つ目は、否定できない現実の理解です。世界を人と違う風に見ることは才能です。

その才能は、ガラスの一片を通じて物事を見ているかのようです。色と反射は美しく魅力的で、でもその光の影響は辛いものです。

目

ハイリー・センシティブ・パーソンは、弱いわけではありません。現実には、たくさんの潜在的な可能性を持った人です。自尊心を高めるために、自己許容と自分の感情の管理方法を知ることが最も大事なツールとなります。

多くの人はハイリー・センシティブ・パーソンのようには現実を認識しないということを理解することも重要です。自分の現実を楽しむ方法は様々あります。重要なことは、個々の内に潜む魔法を邪魔しないようにしながら、お互いに敬意を払い、理解することです。