無関心と無視:子供が傷つくもの

· 2018年3月25日

子供時代は私たちが人生の基礎を築く時です。子どもが必要とするのは愛、許容、ケアです。

残念ながら、時には彼らをとりまく環境のせいでこれらを受けることができず、彼らの人生の基盤にも深い亀裂が入ることがあります。

子供はまだ理解できない多くの人生経験があります。そのための知的技能も感情的ツールもないからです。なので大人たちの無関心または拒絶は深い苦しみをもたらすのです。 彼らは癒すのが難しい非常に深い傷を負ってしまいます。

「花に太陽が必要なように、子供には愛が必要;食べ物を与えるだけでは不十分です。子供は善良で強くなるために愛が必要なのです。」

-コンセプション アリーナル-

多くの人々は、子供時代に経験した感情をはっきりと覚えてすらいません。大人になって問題を抱えているかもしれませんが、その起源を見つけることはできません。

その起源は、子供のころ最も愛していた人が関心を示してくれなかったことにあるかもしれません。次に、子供の時に無視されていた人に見られる5つの兆候について解説します。

1.無神経

子供の頃無視されていた場合、無神経さはその人の人格に刻まれている特性です。それは、ある意味無関心に対する反応です。これは、子供の頃には放棄されたという感覚や価値を認めてもらっていないという感覚につながります。

子供と冠

成人では、無神経さは無関心として表現されます。それは他の人、または人生一般に向けられたものかもしれません。 熱意も、何の情熱もありません。

これは、幼い頃から周りの環境が自分を評価してくれず、感情を制限することを学んだからです。

2.人々からの助けを断る

子供のころは、私たちの周りの人たちから多くのものが必要です。サポート、指導、慰めなどです。子供がこのサポートを受けていない場合、他者から何も期待しないことを学びます。その結果、彼らは「どんなときでも孤立」する可能性があります。

そのような人は、他人が与えてくれるものを信用しない人になります。彼らはすべてを一人でやろうとします。そして再び経験したくない感情的な経験から身を守ります。

どうしてでしょう? 誰かを必要とするようになってから失望したくないのです。ときどき逆のことも起こります。何でも助けを求め、自分でできることですら他人を頼るような状態です。

3.空虚間

幼いころ冷たい無関心な人々の犠牲者であった人々は、何かが欠けているという感覚をとても強く持ちます。愛する人が埋めるべき部分が空いたままになってしまうために、心に穴が開いているように感じるのです。

湖の穴と雲

この空虚感は、彼らにとって普通のこととなります。 何も十分ではありません。何も足りません。 彼らを「満たす」ものはありません。 誰もいないのです。

ときどき何かが欠落しているという感覚は、自分自身や周囲のすべてに向けられた絶え間ない批判の中で現れます。

4.完璧主義

人の幼い頃の愛と関心の欠如は、自分についてどのように感じるかに影響します。自分で気づかないうちに、自分のやることは何も人から認められるだけの価値がない、と考えるようになります。 過度に批判的で耐えがたい人になるかもしれません。

大人になると、子どものころ無視されていた人が極端な完璧主義者になる例はよく見られます。彼らの頑固さは、彼らが十分に行っていないという無意識の疑いへの反応です。 結局、彼らはまだ評価されたい子供のようなのです。

5.拒絶に過度に反応する

子供が無視されたと感じるとき、彼らは価値がないと感じます。 彼らは重要ではないと感じます。 彼らの人生は誰にとっても重要ではないので、無意識のうちに自分が「間違っている」と結論づけます。 不十分に感じているということです。

キャンディーの夢と女の子

子供のころネグレクトされていた場合、他者からの批判に対して過度な反応をもたらす可能性があります。 承認されないことを脅威と解釈するからです。

彼らにとっては、全てが子供のころ聞いたように、「あなたには何か問題があります」という風に聞こえるのです。そして、それは酷い苦痛を伴うことがあります。

神経学的、心理的な観点から、幼少期は非常に重要な時期です。 それは、その段階での悪い経験が修復不可能であるということを意味するものではありません。

しかし、それは時折生涯に渡って傷跡を残します。 人は自分自身を負担から解放することができますが、彼らはそうするためにに懸命に努力しなければなりません。おそらく専門家の助けが必要でしょう。