反政府勢力とは

05 12月, 2019
反政府活動は複雑な言葉です。今回は、その定義および反乱要因を説明します。

多くの人々は「反政府勢力」という用語をしっかりと理解できていません。たとえば、イスラム国は反乱グループでしょうか、それともテロリストグループでしょうか? 複雑に変化しているこのグループを分類するのは容易ではありません。何を「反政府活動」「反政府勢力」と呼ぶのかを知るには、まずその意味を正確に知る必要があります。

定義について話す前に、反政府活動を行っているグループの例を出すことは、それを理解する役に立つかもしれません。最も有名なグループは、イスラム国、アルカイダ、およびボコ・ハラムです。その他には、FARC、タリバン、ヒズボラ、ハマス、ETA、およびIRAなどがあります。勢力が弱まったグループもありますが、ある時点で反政府活動グループであるとみなされていました。

反政府勢力

ご存知でしたか?:
テロと組織犯罪の違い

反政府活動の定義

反政府活動の簡単で正確な定義を見つけることは困難です。しかし、これらのグループが持つ共通点をいくつかまとめることはできます。基本的に「反政府活動」とは、少数民族グループが政治的変化を強制するために取る行動であると言えます。ですから、少なくとも政治的な目的を持っています。

同様に、反乱軍はプロパガンダまたは軍事圧力を利用して、人々を説得または脅迫します。彼らの目標は、人気を得て支持を得ることです。一般の人々による認識と受け入れは、これらのグループの成功に極めて重要で必要不可欠です。

また、これらの勢力は、力の面で不平等であるという特徴があります。国家はより多くの権力を持つ傾向があることを考えると、反政府勢力グループは政府との非対称かつ長期にわたる戦いを好みます。そのため、心理戦が主なツールになる傾向があります。

「真実は野生動物と同様、狭い籠にとどまるには強すぎる。」

-ベロニカ・ロス-

反乱を開始し統合する方法

反乱を起こすには、次の要素が存在しなくてはなりません。

  • 政治に関連するアイデンティティ。反政府勢力はアイデンティティを際立たせる必要があります。実際、それを守るために戦うことをいとわないほど強力である必要があります。
  • 魅力的な原因。大部分の群衆が修正しなくてはならないと感じる何らかの誤りや原因が必要です。
  • 人気。人気があり支持を得ることができれば、目標を達成する可能性が高くなります。
  • 強力なリーダーシップ。リーダーシップは、グループの結束、調整、および信頼性を高めます。
  • ライバルグループを超える力。他のグループよりも強いこと、あるいは彼らと協力できるかが重要になります。
  • 避難場所。聖域または避難所は、反乱の存続を保証します。
  • 外部サポートを保護する機能。外部からのサポートが必要不可欠です。
  • 政治当局が犯す可能性のある間違いを識別する能力。政府の間違った行動は、人々からより多くの支援を得ることに繋がります。

こちらもご参考に:
テロリズム:なぜ一般人が残虐的な行為を起こすようになるのか

反乱の分類

一般的に、専門家は暴動を2つのグループに分類しています。それが国家暴動と自由を求めるグループです。国家の反乱では、反政府勢力は、イデオロギー、民族、経済、またはその他の理由で特定の政府に反対します。解放、自由を求める反乱は、外部の者によって支援または管理される体制がある場合に起こります。

これとは別の分類方法も存在します。それは目的に沿って分類する方法です。

反政府勢力の目標に応じて、3つのタイプに分類できます。

  • 権力と政治的予測。新しい政権を設置するために統治しようとします。
  • 政治権力と領土。この場合、グループは外部の占領者を除外しようとします。つまり、国家の独立を目指します。
  • 中央政府の支配からの自由を維持または獲得するため地方または部族の自治を目指します。これらのグループは、部分的または全体的に失敗した政府の統治当局を弱体化させようとします。最終的な目標は、政府を管理することです。
反政府勢力

反乱軍の5つの柱

反乱軍は、目標を達成するために5つの戦略的手段を活用します。武装闘争、プロパガンダ、社会的支援、社会的および政治的活動、および外部関係の育成が挙げられます。

  • 武装闘争。 暴力の使用が一般的です。最も頻繁に使用する戦術はゲリラ戦であり、支援的役割ではテロリズムです。
  • プロパガンダ。 反乱グループはプロパガンダを使用して、人々の心を勝ち取ろうとします。 彼らは、国内および国際的群衆の両方をターゲットにしています。
  • 社会的支援扶助。 住民からの支援を集め、それを動員することを目的とします。
  • 社会的および政治的活動。 市民団体、組合、そして政党にさえも介入します。
  • 外部との関係。国際社会からの支援は大きな利点です。 多くの反政府勢力はそれを確保しようとします。

今回ご紹介したように、反政府勢力はテロやゲリラ戦を利用するその他の暴力グループにも非常によく似ています。 区別するのは容易ではありません。 しかし、動機とそれを成功に導く要因は明らかです。

  • Guindo, M. G. (2013). Insurgencia y contrainsurgencia. In J. Jordán (Ed.), Manual de Estudios Estratégicos y Seguridad Internacional (pp. 15–43). Madrid: Plaza y Valdés.