反社会性パーソナリティ障害を持つ十代の子供たち

2018年11月27日

どのような子供でも、時には不適切な行動をとります。しかし、だからといって彼らが反社会性パーソナリティー障害を抱えているということになるのでしょうか?自分が10代だったころを思い出してみてください。今、あなたの目の前にいる子供たちと同じような行動をとっていませんでしたか?

では、このような子供たちの行動と、心理学的な病気はどのように見分ければ良いのでしょうか?結論としては、症状を見極めることが重要になってきます。そして、その症状が見受けられた場合には適切な専門家に助けを求めることが大切です。なぜなら、反社会性パーソナリティ障害は家族生活を困難にし、耐え難い状況を引き起こすこともあるからです。そして、それは子供たちの人間関係にまで影響し、法律を犯すような問題行動に繋がりかねません。

男性の目

反社会性パーソナリティー障害の特徴的行動

この障害を持つ子供には15の特徴的な行動があり、それは通常、4つのグループ分けられています。1つ目は、人や動物に対する攻撃。2つ目は所有物の破壊。3つ目は、相手を騙す行為や物を盗む行為。4つ目は、重要なルールの無視です。それでは、これらの行動をより深く見てきましょう。子供が以下の3つの行動を1年以上も続けている場合、反社会性パーソナリティー障害と診断されます。

人や動物に対する攻撃

  • 相手を傷つけるような凶器を手にとっている。
  • 相手を傷つけることを楽しんでいる。
  • よく相手の嫌な行為をしたり、脅したりする。
  • 動物を虐待している。
  • 盗みをしている。
  • よく喧嘩をする。
  • 誰かに性的暴行を加えた。

物の破壊する

  • 重大な被害になると分かっていても、意図的に物に火をつける。
  • 意図的に他人の物を壊す。

相手を騙す行為や物を盗む行為

  • 他人の家や建物、車に不法侵入する。
  • 自分の欲しい物やお願い事、責任を逃れたりするためによく嘘をつく
  • 他人の貴重品を盗む。

重要なルールを破る

  • 13歳よりも前から親の言いつけを破り、夜家を出かける。
  • 最低でも1回や2回、親に許可を取らずに家の外で長期間寝泊まりしている。
  • 13歳になる前から、学校をサボっていた。
ライターの火

幼少期や思春期における反社会性パーソリティー障害

上記のような行動を頻繁にとる子供は、社会性が乏しい傾向にあります。これにより、他者の気持ちを理解する能力が欠けており、自らの行動を疑問視したり、後悔することがありません。また、愛情を示すことが少なく、感受性や共感性に乏しいのも特徴です。

想像できるように、反社会性パーソリティー障害を抱える子供たちの行動には、他人を傷つけてしまう可能性があります。重大な問題を引き起こすこともあります。しかしだからといって、対処法が何もないということではありません。

実際、彼らに救いの手を差し伸べることはとても重要なことです。もしこの記事を読んで、身の回りの子供に反社会性パーソリティー障害の疑いがあるのであれば、積極的に適切な精神分析医を探してあげましょう。