ハスの花のように強く生きる

2017年12月3日 in 好奇心 0 シェア済み
ハスの花に座る少女

自然は、私たちの考え、希望、欲望がその最大値に達したと思うときでさえ、予期せぬ答えを与えてくれます。 単純で予測可能な現実からは程遠い、自由に成長していく自然は、この世界に住むことが何を意味するか、私たちに新しい教訓をもたらしてくれます。

自然が様々な明示や現象を生み出す中で、私たちは人生に起きる問題についてどのように対処すればいいかの教訓を学ぶことができます。それらは 変数や信頼性や妥当性の分析のない心理学の理論のようなものです。しかしその美しさと意味は明白なメッセージを含んでいるのです。

自然界の無限で興味深い現象の中から、今回は蓮の花に焦点を当てましょう。 私たちが毎日直面しなければならない人生とその逆境のスリルのある比喩となる、独特な現象についてお話ししましょう。

ハスの花

蓮の花は、根が湖、池の泥や汚泥に埋もれている水仙の一種です。 蓮の花は長寿で耐性が高い種子をもっています。花を咲かせるまで30世紀まで生きることができます。

蓮の花は、沼地から立ち上がる純粋さと美しさの象徴である。
シェアする

この美しい花は、湿原や沼地の泥に現れ、咲くと泥の中から浮き上がります。 しかし夜になると、この花の花びらは閉じ、花は水の下に潜ります。 水の中に吸い込まれている間は閉じています。しかしまた次の日の出のとき、汚れた水の上で元の花の状態に戻るのです。しかも螺旋状の花びらの中には不純物が入り込むことはありません。

蓮の花

蓮の花には、花でありながら果物であるという独特の特徴もあります。その果物は逆さにしたコーンの形をしており、花の内部にあります。花が閉じているときにおいはしませんが、開かれるとヒヤシンスを思い出させるような香りがします。多くの人々は、その匂いが眠気を誘うタイプのものであり、私たちの心理状態を変えることができると考えています。

蓮の花に関する神話

この花の魅力は、歴史の中でも顕著で、大文明のシンボルにもなったほどです。蓮の花は神聖であると考えられており、東洋諸国にとっては複数の意味を持つ最も古いシンボルの1つですが、西洋でも複数の説があります。

「ロートス(蓮)食い」を意味するロートパゴス族は、アフリカ北東部に住む古代ギリシア人神話の中の人種です。伝説では、美しい女神が、森の中の蓮が咲く豊かな泥があったところで溺死したとされています。

この空間は人生で失敗する運命にあった神々によって作られたものです。 しかし、若い女神は何千年も戦い、そこから逃げ出し、美しい蓮の花に変わったのです。そして、不利な状況にも直面する忍耐の勝利のシンボルとなりました。

仏教思想においては、蓮は仏や仏の座、玉座として機能し、神の誕生を表すものです。キリスト教の世界では、蓮の花は繁栄と純粋の両方を意味する白ユリのことなのです。伝統よると、聖母マリアは大天使ガブリエルに受胎告知のユリを受け取ります。

蓮の花とその心理学における意味

蓮の花は、逆境を潜在的なものに変える能力としての心理的抵抗力を象徴しています。シカゴ大学の心理学者であるスザンヌ・C・コバサは、研究を通して、精神的な忍耐力を持つ人々が一連の共通の特徴を有することを発見しました。彼らには大きな決意、コントロール、目標指向という共通点があったのです。

コスモス畑

これは後に、抵抗力のある人格の本質である「弾力性」という用語としてまとめられました。 回復力は、しばしば、感情的苦痛と大きな逆境の期間を克服する能力として定義されます。

蓮の花は、痛みを折りたたみ、平静、自己制御、永続性をもって人前でふるまうことができる人の比喩としてふさわしい花なのです。

あなたへおすすめ