独り旅をすることの5つの利点

· 2018年6月8日

一人で旅行するのは忘れられない経験です。一人旅をしたすべての人がオススメします。他の旅行とは違う旅行の楽しみ方です。あなたがどの国に旅に出るかは関係なく、一人で旅行することは自分自身と向かい合う旅です。

一人で旅行するということになると、世界中のほとんどの人が少し不安に感じるでしょう。これは、外国や異文化へ旅行する場合に特に当てはまります。それはまるで深い谷へ飛び込んでいくように感じます。さらに、あなたがどれだけ綿密に計画しても、いつも驚きとその場での柔軟な対応の必要性があるものです。

一人旅は良い経験ばかりだという人はいません。グループでさえ、何か悪い経験はいくつかあるものです。それにもかかわらず、旅の道を一人で歩くことを選択した人は、沢山の新たな経験が待っています。スーツケースを持って別の場所に一人旅をすれば、多くを学び大きく成長できます。ここで、次回の旅行を計画する際に覚えておきたい、一人旅の5つの利点をお伝えします。

1.あなた自身を知る

一人旅は、自分自身に関する知識を増やす方法です。もちろん、毎日私たちは自分自身について少しずつ学んでいます。しかし、いつもいない場所に一人でいるだけで、私たちの個性の新しい面が多く現れます。私たちが全く知らなかった側面です。

自分の恐怖と勇気がよりはっきり見えるでしょう時には、自分自身に驚くこともあります。この経験をあなたの価値に対する挑戦だと見なすべきではありません。それが人生を豊かにしてくれるための最善策は、旅行に身を任せてあなた自身になることです。

一人旅をする男性

2.反応と変化

新しい場所に旅行すると、すぐにあなたには違った視点が生まれます。普段の生活の時間から切り離し、考える時間を与えてくれます。この経験をした後、新しい目であなたの人生を見ることができます。

一人旅行した後は、もう同じ人ではありません。あなたの旅行の前、中、そして後に、あなたのあり方に変化が現れます。別の場所に行って、ホテルから一歩も出ずに窓の外を見ているだけでも、少しずつ何かが変化します。そして、その変身は常により良いものです。なぜなら、あなたが自分の視点をより良く理解できるようになっているからです。

3.あなたの社会的スキルを高める

あなたがどれほど遠慮深く臆病であっても、一人旅行をすると、その古い習慣は捨て去られることになるでしょう。話し相手はいません。一人で行く必要があります。ほとんどの場合、自分でも気が付かないうちに、知らない人と楽しく話せるようになるでしょう。

電車から顔を出す女性

また、どこに行くにしても、現地の人は一人の旅行者に話しかける傾向があります。誰かと一緒にいると、輪が閉ざされてしまうのです。2人以上のグループは、周りの人には話しかける時の壁に見えてしまいます。一方で、あなたが一人で旅行していれば、人々はあなたと話したいと思う可能性が高くなります。

4.自由が勝つ

一人で旅行するということは、あなたが望むことを好きなタイミングで、正確に行うチャンスです。正午に起きたければ、そうしてください。買い物に行きたいですか?もちろんOKです。すでに疲れているとか退屈だと言う人は誰一人としていません。

あなた自身のリズムを作ることもできます。あなたは何にも義務がありません。唯一の制限はあなた自身がセットするものです。仕事も妥協もなく、あなたの線引きに文句を言う人もいません。あなたが一番好きなものを楽しむのは非常に素晴らしい時間です。

5.すべての問題を後に残していく

あなたが一人で旅行すれば、あなたが残してきた日常生活のことを思い出させるものはありません。あなたの家族、仕事、ライフスタイル、または今後の計画について会話を始める人は誰もいません。あなたは今ここにいます。誰もあなたについて何も知りません。彼らが唯一学ぶのは、あなたが自分について知ってもらいたいことだけです。

両手を挙げるバッグパッカー

一人で旅行することは、すべてのものから繋がりを断つ素晴らしい方法です。特に問題からです。もちろん、あなたは最終的にそれらのことを考えるでしょうが、あなたが望む場合にのみ、そしてあなたが望む所に限ります。未知の場所で 「迷う」ことは、あなた自身を見つける方法なのです。

これは問題が消えることを意味していません。あなたが戻ったときには問題はまだそこにあります。しかし深呼吸してみれば、きっと別の観点からそれらを観察することが出来るでしょう。あなたは正確に判断し、解決策を見つけることができます。一人旅をすることでポジティブな体験をするには、自分自身を感情面で準備しておかなければなりません。

一人で旅行することは、「すべてのものから繋がりを断ちたい」というモードにいるときに理想的な体験です。一人で旅した人のほとんどがもう一度旅に出ます。そこには理由があるはずです。