本当に人を愛することの5つのカギ

2018年9月16日 in 感情 0 シェア済み
本当に人を愛することの5つのカギ

愛とは、完全に解読することが不可能な謎です。しかし、そのたくさんの側面のうちいくつかを理解することはできます。例えば仏教は、人の愛し方と愛がもたらしてくれる気持ちの楽しみ方のカギをいくつか教えてくれます。

仏教の教えによれば、人を愛することのカギは、別世界から来るものではなくシンプルな常識の適応なのだそうです。それは、他人のなかに愛を呼び起こさせるというよりも、私たちの愛する能力に重きを置いたアプローチです。

何事も種を蒔けば収穫できるということは、現実が教えてくれています。ですので、私たちが愛する力を強めれば、その結果は私たちがもっと愛されるようになるということです。私たちに与えられるものの重要性は失われ、私たちが与えることのできるものに焦点が合います。以下は、それができるようになるための5つのカギです。

「あなたに痛みをもたらすもので他人を傷つけてはいけません。」
―ブッダ―

1.理解すること、愛することのカギの一つ

愛において「理解すること」という言葉はただの知的な要素を超えるものがあります。もちろん理性的な側面もありますが、それをずっと超えた意味があるのです。それは頭だけでなく主に心で理解するということです。理解の心を持った人は、他の人の身体的・感情的ニーズに気づける繊細さを持ちます。それは他人を尊重し、その人のニーズを満たしてあげるということでもあります。

理解することは愛することのカギの一つです。なぜなら自分ではなくその人の目線から見ることができるということだからです。それにより、その人の弱さと欠点に気づけます。その人が完璧ではないこがわかり、批判されるべきでもないということに気が付けるのです。

相手を理解すること

2.心を育てる

愛することのカギの一つは、まずは自分自身を満たしてあげることです。まずは自分があなたの隣のパートナーの力を借りなくてもハッピーでいられるようになることなのです。

自分を幸せにしたり、自分の中のギャップやニーズを満たすことができていないと、他の物を支えることはできません。自分の幸せが見つけられない人は、他の人を通して幸せを見つけることはできません。遅かれ早かれこの空虚さを埋められるものは何もないことに気が付くでしょう。

3.堂々としていること

堂々として親切でいることはずっと素晴らしい力になります。良い人とは、弱い心や脆弱な性格を持っている人だと考える人もいます。しかしそれは間違っています。他の人に良くできるのは信念と強さから来る決断です。また他の人を愛する決定的なカギとなるものの一つでもあるのです。

堂々としているとは、他の人のためにベストとなることを探しつつ、自分のこともちゃんと考えるということです。わざとあるいは不必要に他人を傷つけたりしないことです。また、他の人の苦しみに共感することができ、可能な時はいつでも進んでサポートしてあげることです。良い人とは他の人の親切さを引き寄せるものなのです。

良い人とは強い人

4.つかの間の恋をしない

「つかの間の恋」という表現は、それ自体が矛盾しています。愛がつかの間であることは決してないのです。愛は常に跡を残します。存在するのは、ときに責任を取ったり苦しむことなく、性的な喜びを与えてくれ、自分を酔わせてくれるつかの間の冒険とロマンスを味わいたいという願いだけです。

こんな風に生きたいと思っている人は、人生に感動を求めていない人です。それはまるで泳ぎたいのに海岸で水を眺めているだけというようなものです。濡れることなく水に触れるという目的は果たすことができるかもしれませんが、あなたの中の空白は大きくなるばかりです。これでは満足できなくなる時が来て、退屈になってしまうのです。

5.愛の4つの要素に気づく

仏教の教えによれば、愛には4つの要素があるそうです。それは、優しさ、思いやり、楽しさと平穏です。こういった側面を人間関係の中に取り入れていくことが、愛が決して失敗しないカギの一つなのです。それぞれの要素が欠かすことのできないものです。

愛の要素

優しさは尊重しあい思いやりのある人間関係を作ります。思いやりがお互いを誠実にし、深い責任感を築きます。苦しみを分かち合い、それがあれば壊すことのできない絆が生まれます。一方楽しむことはさまざまな経験を共有しようとすることを主に意味します。平穏は忍耐と良いコミュニケーションの土台になります。

ご覧の通り、人を愛するカギは誰でも手に入れられます。必要なのは、愛を耕すことに十分な興味と意志を持つことです。それは突然生まれるものではなく、我慢強く芽生えていくものです。それはとても実り多きことであり、努力を惜しんではいけないのです。

あなたへおすすめ