異常心理学とは?

2019年4月11日
異常心理学にはいくつか異なるアプローチが存在します。一つの観点にしか着目しない心理学者や精神科医もいますが、他の多くの専門家たちは精神疾患をもっとよく理解し、治療法を少しでも改善しようと、もっと様々な側面からアプローチしているのです。

きっと、異常心理学という用語を聞いたことがある人はあまりいないでしょう。しかし、この記事を読めば分かるように、異常心理学はとても有名なのです。この特定の分野を理解するにあたり、「異常」という言葉が何を表しているのかを理解する必要があります。一見すると意味は明白ですよね。異常とは、普通とはかけ離れているというような意味です。

異常心理学は、人が自分を自分だと認識する能力を妨げたり、日々の生活を困難にしたりする精神疾患について研究したり治療したりすることに焦点を当てています。これらの疾患は精神的なトラウマや遺伝、もしくは脳内の化学物質の不均衡が原因だったりします。こういった精神疾患に苦しむ人々は、一般的に薬による治療や心理療法、もしくはその両方を必要としています

異常心理学では、ある社会の一員と比べて「異常」であったり「特異」な人々を研究するのです。

異常心理学への異なるアプローチ

異常心理学にはいくつか異なるアプローチが存在します。一つの観点にしか着目しない心理学者や精神科医もいますが、他の多くの専門家たちは精神疾患をもっとよく理解し、治療法を少しでも改善しようと、もっと様々な側面からアプローチしているのです。その側面とは、精神分析的アプローチ、行動療法的アプローチ、医学的・生物学的アプローチ、そして認知療法的アプローチです。

精神分析的アプローチ

異常心理学における精神分析的アプローチは、ジークムント・フロイトの理論に由来します。このアプローチのメインとなる考え方には、異常性は身体的な原因ではなく精神的なものからくるというフロイトの信条が含まれています。彼は、自我と超自我との間の対立が解消されないことが異常性へと繋がることがある、と信じていました。

精神分析的アプローチでは、異常行動の原因は無意識の思考や欲望、そして記憶だと提唱されています。これらは無意識下の存在であるにも関わらず、意識下の行動に影響力を持っているのです。

このアプローチを支持する専門家たちは、記憶や行動、思考、そして夢などを分析することが、患者の精神的問題を治療する手助けになると考えています。彼らは、これらの要素が不適応行動や不安に繋がると信じているのです。

異常心理学とは?

行動療法的アプローチ

行動療法的アプローチでは、観測可能な行動に着目します。行動主義者たちは、経験が行動を大きく左右するのだ、と信じています。彼らは無意識下に潜む病理の元が行動に影響するという風には考えません。結果として、異常性が表出するのは不適応行動(有害行動)傾向が強まってしまった時だ、という考え方をするのです。

このアプローチでは、周囲の環境に着目し、個人がどう異常性を身につけていくのかを観察します。行動主義では、全ての行動(異常行動も含む)は環境から学習されたものだ、と主張されています。彼らはまた、行動は「脱学習」することも可能だ、と信じています。これが、実は彼らの異常行動者への治療法なのです。

行動療法では、専門家はポジティブな行動の強化に力を注ぎます。彼らはまた、不適応行動を強めるような要素は排除しようとします。この意味でいうと、行動療法的アプローチは、情報処理からの影響は一切無視するのです。代わりに、先行する要素(刺激・増強)と結果(行動)に焦点を当てるのです。

医学的・生物学的アプローチ

医学的・生物学的アプローチにおいては、疾患の原因は器質的・身体的なものだと考えます。これを支持する専門家たちは、精神疾患の原因を生物学的なところから探ろうとするのです。このアプローチでは、表面下にある疾患の原因を理解することが強調されます。彼らはどんな疾患であれ、遺伝的または身体の状態や感染症、化学物質の不均衡などが原因となっている可能性があるのだ、と主張しています。

ここでは、精神疾患は身体構造や脳の機能と関連していると言われています。結果として、彼らはこれらの疾患を薬剤で治療します。とはいえ、薬剤をある種の心理療法と組み合わせて使用する専門家がほとんどです。

認知療法的アプローチ

認知療法的アプローチは、人の思考が感じ方や行動に与える影響や力について研究することに着目していますこのアプローチでは、脳の情報処理方法やその際の衝撃がどう行動に影響するかが研究されています。

このアプローチによれば、

  • 不完全なあるいは不合理な認知が不適応行動を引き起こす
  • 問題それ自体よりも、その問題に対するその人の考えが精神疾患を引き起こす
  • もっと適切な認知方法を学べば精神疾患は克服できる

認知療法的アプローチでは、個人は活動中の情報処理機と見なされます。人が出来事をどう知覚し、予想し、評価するかが行動に影響するというのです。さらに、このアプローチでは私たちの思考のほとんどが自動で、自分でも気づかないうちに行われている、と信じられています。

異常心理学とは?

異常性と異常行動

異常心理学は異常行動に焦点を当てています。しかし、「正常」という狭い定義に誰もが適合できると保証することが目的ではありません。多くのケースで、不安を生み出す問題や人生のある側面でおこる問題を特定し、扱うことが治療の中心となっています。ですので、研究者やセラピストが「異常」(つまり、苦痛を生み出している原因)とは何なのかを特定した時には、彼らは適切に患者を扱っているということになるのです。