生きがいのルール

2018年12月22日

日本文化が他の文化に影響を及ぼすことがあります。日本の教えが国境を越えてヨーロッパなどにも語り継がれてきています。最も革新的なもののひとつが、「生きがい」です。この考え方はとても人気が出てきています。

この概念の意味は、「生きる理由」です。本記事では、この概念が意味することとそのルールをご紹介します。

生きがいとは

生きがいとは、日本発祥の考え方です。小さな国ですが、世界でもかなりの人口密度ほ誇っています。ダン・ブエットナーなどの学者は、20世紀後半に日本の秘密を暴く研究に着手しています。

チョウチョ

日本人が100歳まで生きることができる要因はたくさんあります。しかし、その秘訣の中でも、最もよく挙がるのが生きがいです。別の言葉で言えば、朝起きあがる理由です。

生きがいは、目標や個人的な使命を持つこと以上でも以下でもありません。ただ存在していること以上の生き方です。この概念を達成するには、努力と献身が必要ですが、その分得るものも大きいのです。

自分の人生の目標をどう見つければよいか

日本の文化では、自分の人生の目的を見つけるには2つの重要な要素があるとしています。人生を価値のあるものにしてくれる活動を行う必要があります。これは、人によって異なります。

意味のある存在でいるということには、特定の精神的状態と様々なルーティーンが必要です。これこそまさに生きがいのルールです。これを通じて、価値のある人生への基礎を敷くことができます。

生きがいのルール

見てきたように、日本の文化によれば、生きがいのルールに従うことはより良い人生のための基礎です。しかし、これらのルールとは何でしょうか?また、どのようにして応用していけばよいでしょうか?詳しく見てみましょう。

1.情熱を見つける

最も重要な一歩は、自分の夢を追いかけることです。本当にしたいことの道を諦めたら、目的を持って生きることは不可能です。しかし、そのような情熱を見つけて追い求めることは簡単ではありません。

自分の夢をあきらめて、「現実的」になるように仕向けるプレッシャーがたくさんあります。すでに「進むべき道」というものを知ってしまっているのです。社会が、大学に行って、安定した職を得て、毎年15日間休暇を取れるようなお金を貯めておくべきであるかのように考えを押し付けます。

しかし、そのような道を進みたくない場合はどうしたら良いでしょうか?人と同じことがしたくない人、芸術家、旅したい人、実業家など。そんな人生を送ったら窮屈に感じてしまいます。しかし、多くの場合、このような人は、前述した「現実的」な生活を送ると窮屈な思いをします。しかし、結局そういった道に落ち着いてしまうものです。

幸いにも、ますます多くの人が自分の道を進む勇気を出していっているようです。21世紀、夢は今までよりも叶えやすくなりました。最大の障害は恐怖です。しかし、もしそれを乗り越えられたら、自分の情熱を達成するための機会はもっと訪れます。

2.肉体的にも精神的にも活動的になる

一日働いたり勉強したりした後、多くの人は自分のスイッチを切ります。ソファーに座ってテレビを見たり、ネットサーフィングしたり、ジャンクフードを食べたり、お酒を楽しむかもしれません。

しかし、生きがいの重要なルールのひとつは、常に活動的でいることです。どれだけ疲れていても、自分の人生に目的が欲しかったら、体と心を気遣わなくてはいけません。

こうするために、健康的な習慣を作り上げることが重要です。健康的な食事をして、スポーツをして、新しいことを学んでいきましょう。人生における目的意識を得ることに役立つルーティーンです。

深呼吸
3.他人とつながりを持つ

重要な生きがいのルールのひとつに、他人と人生を共有するということがあります。孤独の中では、自分の存在の意味を見出すことはより困難です。だから、自分にとって意味のある人たちとつながりを持つことが、必ず目標の中に含まれているようにしましょう。

お分かりいただけるように、ご紹介した3つのルールはわたしたちの存在に意味を与えることを目的としています。エクトル・ガルシアやフランセス・ミラレスなどの作家は、生きがいの強く持つための10のルールを提案しています。2人はかなり長い期間日本の沖縄を訪問したのち、このリストを編集しました。

生きがいの手引き

  • 常に活動的でいる。重要なことををしたり、好きなことをしたり、満たされるものをすることが重要。こうすることで、他人に美しさと有益性をもたらす。
  • ゆったり構える。慌てることは心地よくない。心を曇らせ、悪い決断を下させる。穏やかさと静けさを人生に組み込んだら、人生は新しい意味を帯びてくる。
  • お腹いっぱいまで食べないバランスがとれていれば少ない方がいい時もある。人は食べるものに影響される。
  • 良い友達で自分を囲む。私たちの人生で出会う人々は、求めている幸福と充実感を得るために必要不可欠な存在。良い会話、経験の共有、楽しい時間を過ごすことで、より強く人生を生きることができる。
  • 自分の次の誕生日のために運動する。肉体的な健康は、より良い精神的健康のためには不可欠。さらに、運動をすることで、幸福に影響があるホルモンが分泌される。
  • 笑顔。自分自身や他人への心地よいふるまいによって、人間関係が強まる。これによって穏やかに感じる。今という瞬間を楽しむことより重要なものはない。
  • 自然とつながる。自然とつながって魂の電池を充電することで、自由の感覚と多くのエネルギーを得る。
  • 感謝する。高貴な心、人生の簡素さも複雑さも感謝する人の行い。
  • 瞬間を生きる。今手にしているのは現在という瞬間のみ。幸せの流れを止めないように、未来のことを考えることをやめて、過去の檻から自分を解放する。
  • 自分の生きがいを追い求める。誰にだって情熱や見つけるべき才能がある。より良い自分になるために自分の背中を押すべき。
    鳥

 

お分かりいただけると思いますが、目的つまり生きがいを見つけることは、手引きに従えば簡単です。今すぐ自分の人生に取り入れてみましょう!