育児放棄の印

2018年2月19日 in 好奇心 0 シェア済み
父親と娘

親に放棄された経験を持つ子供は、まるで心に穴が開いたような、大きな感情的な問題を残します。 この巨大な穴が彼らを孤独にし、憂鬱にさせ、あらゆる側面で彼らの感情崩壊を引き起こします。

数十年にわたる愛着に関する研究のおかげで、親子の健全な感情的な絆が、健全な男女関係、自尊心、他人との充実した生活の発展を保証することがわかっています。 一方、親との不安定な関係は彼らを不安に向かわせ、自尊心を低くし、周りの人々に対する信頼の欠如をもたらすでしょう。

両親と子供の間の感情的な絆に亀裂がある際、両者に大きな苦痛を引き起こします。ですが内省をし、この痛々しい経験から自分自身を遠ざけることで、理解を深めて感情的に自由になれます。そして、その結果として私たちの人格をより良いものにするのに役立ちます(私たちの環境も改善されるでしょう)。

この記事では、親子の関係の悲しい現実を少しでも良いものにするために、希望を与えてくれるストーリーをいくつか紹介しようと思います。

泣いている少女と父親

親を定義することの難しさと子育て放棄の関係

現代は、昔よりも家族関係の問題について話しやすくなりました。しかし、何らかの理由で家を放棄したような親を持った人は、両親とは何かを定義するという複雑なプロセスを乗り越えなければいけないでしょう。

育児放棄をする両親を持つ場合、誰かが彼らの親について尋ねたとき、彼らは躊躇し、視線を下げ、言い訳のようにぼんやりと両親について答えるでしょう。 これは、子供の両親に対する感情の空白を定義しています。また、子供たちに残された育児放棄の傷跡を治療することがいかに難しいかを明確に示しています。

育児放棄にはさまざまな種類があります。 以下が最も一般的なものです:

・子供に愛着はなく、ただ一緒にいるだけの親。社会と感情の現実に注意してみると、このタイプの親子関係が長年にわたって非常に一般的になってきたことが分かっていただけます。

・幼児期の前、その中盤、または幼少期を終えてから親が子供たちを放棄したケース。 物理的に捨てられた場合、感情的に放棄された場合、どちらにおいても、子供の苦痛は彼らの成長過程において負の影響をもたらすでしょう。 両親がこのように子供を放棄した場合、現実的に生活するのはとても困難でしょう。 何年も自分と一緒にいてくれるはずの人が、何らかの理由で距離を置くことを選んでしまたら、どうやって理解することが出来るでしょう?

・若者や大人に成長する間、親が子供たちを物理的または感情的に放棄したケース。この種の放棄はおそらく裏切りと同じようなものです。意識をきちんと持って議論したり、口論で処理する必要があるでしょう。

・親と一緒に時間を過ごすことが不可能である場合。この場合、以下のようなケースが考えられます。

  • 親が早期に亡くなり、子供たちの生活の中で役割を果たす機会がなかった場合。
  • 死亡してしまったが親と数年を共に過ごしたケース。 このシナリオにおいては、子供たちが親という人物に対して憧れを持ち理想化する特徴を持ち、心の中にぽっかり穴が空いたような気分になるでしょう。

ハートが抜けた女性

破滅的な親子関係の管理

子供たちの抱える感情的および精神的問題への対処には、子供だけでなく環境全体の影響を受けます。 親がいない場合、子供は常に家族生活について悩まなければいけません。私たちの理想的な父親、母親が人生にいないということを受け入れるのは簡単ではありません。それゆえ、両親がいないという事実が子供たちの感情発達に強く影響するのです。

一方、家族の社交関係に応じて、他の家族が同情したり、必要によっては親の役割を果たす可能性があります。しかしこれも、子供たちが特定の状況を処理しなければいけないプレッシャーを感じる事例かもしれません。

私たちが父親の役割をどのように理解するか、かという永遠に解き明かされていない問題も際立っています。 複雑な意味合いを持つ共通のジレンマがそこに存在します。 普通は、感情的な父親が生物学的な父親でもあります。しかし、これが常に正しいとは限らないということは私たちの承知の事実です。

蝶と青いドレスの女の子

子供たちの発達段階と放棄の状況によって、様々な資質、責任、義務および役割の習得を強調する必要があります。 例えば以下が考えられます:

幼い頃(0〜6歳)に親に当たる人物が何らかの形で失われた場合、この段階で必要な感情的な充実を満たすことは困難です。

幼児期の第2段階(6〜12歳)に子供に対する育児放棄が行われた場合、感情の統合における難しさはそれほど強くないでしょう(破壊にまで至ることは難しい)。また、サポート、ロールモデル、そして明確な境界を持つことが不可欠である青年期における育児放棄は、子供たちの確固たるアイデンティティーを構築するプロセスが簡単に崩壊してしまうかもしれません。

幼少期と思春期の間である、性格がまだ構造化されていない発達段階では、不安、悲しみ、喪失がもたらす痛みが、彼らの生き方と世界との関係に深く傷をつけるでしょう。

  • 別の言い方をすれば、これは通常起こるはずのないような、精神部分の傷の源となるのです。 だからこそ、経験した子供たちと他人との関係に影響を与えることになる、特に心的な問題なのです。

・若者や成人時に育児放棄が発生した場合、必要な処理には様々なケースがあります。親がいないことと放棄は、精神的にも関係構築の方法でも矛盾を生み出してしまうからです。

  • 不安、不信、裏切りの恐れが子供に引き継がれるのが一般的です。成人時の育児放棄は、放棄された子供たちからするとすぐに裏切りとして処理されてしまうためです。この場合、子供たちは内省して意識的な感情分析を行わなければなりません。また、それらの分析結果を言葉にする必要性を感じるでしょう。

このように列挙するだけでは育児放棄の特色は現実的ではありません。なぜなら、子供たちは現実に長い間麻酔をかけられたわけではないので、おそらくもっと精神的に暗くなっているからです。 いずれにしても彼らは精神的に壊れやすくなり、立ち直るプロセスがさらに複雑になります。

子供たちは秘密を知っており、現実を理解していて、行間を読む方法を知っています。しかし同時に彼らは父親に指導者、守護者、ヒーローになってほしいと願ってやまないのです。

赤いパンドラの箱

損失とともに生きるために痛みを和らげる

この記事では損失を克服するとは言及しませんでした。克服するよりもその損失と一緒に暮らすことに着目すべきだと考えるからです。 子供たちは部屋の鍵を失ったこと、または好きなおもちゃをなくしたことを克服することができますは、親の喪失を克服することは不可能なのです。

親を失うことが影響しないと考えることは、子供たちにとって感情的問題の種となります。克服するよりもその傷とともに生きるというコンセプトについて理解するのが不可欠なのです。感情的にたくさんの負荷がかかっている人の存在がなくなっても影響が出ないと考える事は現実的ではありません。

親に放棄された傷跡を処理して管理するには、個人と家族の両方のレベルで許容することが必要です。これは簡単に達成できることではありません。もし、父親が常に罰せられるような環境にあったり、母親が痛みを感じているのを目にする環境にいれば、私たちの兄弟も同じようなことを感じているでしょう。

私たちは他人の痛みと自分たちの痛みを切り離す傾向にあります。なので、このことを認識するには日々の努力が必要です。他人の痛みと自分の痛みを同時に理解することは、私たちを傷つきやすくしてしまうリスクがあってもです。

あなたへおすすめ