誰を信用するかに気を付けて

2018年1月13日 in 好奇心 0 シェア済み
黒服の女性

あなたが願望や夢を持っているときは、誰を信用するかに注意してください。誰とあなたの夢を分かち合うかに気をつけましょう。そこには、あなたの夢をめちゃくちゃにしたい人、あなたに勝ちたいと思っている人、そして後であなたが何を達成したかをジャッジする人がいるからです

私たちが知っていることは、信頼できる人を特定することが常に容易ではないということです。 さらに、私たちがしばしばやるのは、すべてのアイデアを開示し、その全体を私たちの周りの人々に提示することです。 私たちが両親や兄弟の前に立ち、旅行や夢、そしてそれを達成するための願望を話す時、関係が壊れるかもしれないというリスクを冒してでも他の人々とシェアしているのかもしれません。

「誰かを信頼できるかどうかを知る最も良い方法は、実際にその人に信頼を置くことです」

アーネスト・ヘミングウェイ

しかし、あなたの夢を懐疑的に思っている人の嘲笑と皮肉な表情が、私たちが夢を語る上で感じる喜びを取り除いてしまいます。 「そのアイデアはやめたほうがいい、ばかげているから」 「私はあなたを愛しているからあなたに言うが、あなたの夢はあなたの可能性をはるかに超えている。もっと物事を客観的にみて、そしてその考えを忘れるべきだ」などの言葉が浴びせられるでしょう。

このような言葉は、私たちが頻繁に対処しなければならないことです。 何も言わない人もいますし、彼らが私たちを支援していると信じさせる人もいます。そして私たちは彼らの助け、承認と友情に期待します。しかし、最も予期せぬ瞬間に、彼らは私たちを裏切り、失望させるでしょう。

なぜわたしたちはこのような間違った人をそばに置き、夢と憧れをシェアするのでしょう?

沈黙させる女性と夜空

それはあなたのせいではない:人間は他人を信頼するようにプログラムされている

私たちのほとんどは仕事で昇給したくて、それについて同僚とコーヒーを飲みながら話している人を見たことがあるでしょう。そうすると、昼食時間になったころには部門全体が彼の考えについて知っているのです。 この従業員はもっと慎重であるべきでしょうか? 彼は同僚の口がそれほど堅くないと予想するべきだったのでしょうか?

答えは「いいえ」と「はい」の両方です。 神経生物学によれば、私たちはすべて仲間の人間を信頼するようにプログラムされているので、「いいえ」です。 これは、ニューロサイエンス誌に掲載された研究で説明されているとおり、信頼が社会生活の基本であることを示しています。そうでなければ、常に裏切られることを恐れていると、ストレス量が増え、私たちにとってトラウマのようになってしまうからです。

一方、この質問の「はい」の側面について考えてみると、私たちは時には慎重さを欠くことがあるのが分かります。別の言い方をすると、わたしたちは時に、信頼の働きを定義する3つのルールを適用し損ねたり、信頼できる人を探すことができないときがあるのです。 そのルールを適用する方法は次のとおりです。

信頼するかどうか、それが疑問

疑いがある場合は注意してください。 しかし、通常私たちに起こるのが、新しい挑戦への興奮のせいで、間違った情報を間違った人々と共有するに至るまで、自分自身をあまりにも他人に開いてしまうことがある、ということです。

慎重になって、次の簡単な原則を適用することをお勧めします。

・全ての根本は信頼性です。あなたが信用できると強く思った人、あなたを裁かない人、そして自分が誰であるかを常に受け入れる人たちとあなたの願いと夢をシェアしてください。

・本当の感情的なつながりがありますか?この第二の側面は、常に友人、家族、私たちのパートナーとなる人など、私たちが本当の永続的な、そして感情的な関係を持つ人々を信頼するように私たちを強制します。

・最後の原則は、感情的、認知的な共感と関連しています。 私たちの希望、夢、幸福を伝えるだけでは不十分です。 私たちは彼らに私たちがどう思うか、そして私たちの視点も理解してほしいのです。

もちろん、時にはこれら3つの原則を適用しても、人は私たちに「失敗」することがあります。 それは私たちを裏切る生涯の友人かもしれませんし、私たちが想像もしたことのないような方法で反応する親戚かもしれません…これらの状況で私たちがどのように行動すべきかを知ることは本当に役に立ちます。

あなたを裏切る人

人々は私たちを裏切ることがありますが、時には私たちが他人を裏切ることもあります。 しかし本当に熱心に努力すれば、完璧であると同時に虚弱であるということを上手く理解してもらうことが出来ます。 したがって、時間の経過とともに、慎重になって自らの裁量を信頼すること、そして私たちにとってもっとも特別な人々に賢明に近づく方法を知ることができるのです。それは途中で私たちと一緒に過ごした人たちを通して学ぶものです。

“誰でも人を信頼するのは馬鹿だが、誰も信頼できないのは無知である”

– ジュベナル –

水につかる女性と船に乗る小人の男性

誰と何かを分け合うべきかを理解する知恵は、時間と経験を伴います。 少しずつ、他人の翼を切る専門家が存在し、まるで誰も自分より重要ではないように、人々の夢を崩壊させる人がいることを理解していくでしょう。 このような人にとっては、私たちが自由で、より有能で、より幸せになれることを見るのは悲惨なことなのです。

時間はまた、私たちが言葉に注意し、決意と沈黙を貫いて私たちの夢のために戦うことが、慎重でより良い方法だと教えてくれるでしょう。 しかし、他人の承認と、批判や意見を常に無視するのも、私たちの道に障害をもたらす可能性があることを理解しなければなりません。

したがって、私たちが自信持つことが最高の目標と最も勇敢な目標に近づけるということを忘れず、誰と秘密を共有するかを選ぶ方法を学びましょう。

あなたへおすすめ