「イン・ア・ハートビート」:同性愛の男の子を描いたショートフィルム

06 4月, 2018

「イン・ア・ハートビート(In a Heartbeat)」はセリフなしのショートフィルムで、ソーシャルメディアを通じて話題になっています。このショートフィルムが人気になっているのは、恋に落ちる2人の若者をシンプルに、そして正確に表現しているからです。

このフィルムは、恋に落ちた男の子の赤面する姿や、どうなるのか分からない、そわそわした状況を美しく表現しています。

この成功の鍵は、興味を持ち始める年頃、そして、その気持ちはどこからやってくるものなのかをまだ知らない難しい年頃で迎えた同性愛とその世界をありのままに見せている部分にあります。

「同性愛」が意味しない事を明確にする

私達はとても寛容な社会に住んでいます。しかし、すでに確立されている性の象徴がある為、少数派の人は同じように感じていないかもしれません。ある年齢に達した際、異性に興味を持つことは受け入れられていますが、10代の性的行為や同性愛は社会的に受け入れられていないこともあります。

それは、私達は表現力豊かである一方、制限があり、これらの全ては許容されている範囲内に限ることを意味します。

この問題はあまりにも曖昧です。社会が理解する必要のある性について、全てを明確化すべきだと言っているわけではありませんが、「セクシュアリティー」についてもっと明らかにするのは大切なことです。

  • それは、魅了を感じる欲望の対象を認識し、受け入れるという意味です。
  • また、社会的、性的なカテゴリーで人を定義することでもあります。
  • そして、セクシャリティーを制限すべきでない、またはそれに対して混乱すべきでないことです。
  • 性的な魅力、官能のファンタジー、性的行為、そして感情の絆など様々な側面を持っています。

ですので、私達は同性愛が意味「しない」ことを明確にしておきたいのです。

  • 同性愛とは全てのケースにおいて、同性に対してだけに魅力(欲望、ファンタジー、感情、行為など)を感じるわけではない。
  • 同性愛とは同性なら誰にでも魅力を感じているわけではない。
両膝を抱える十代

混乱と社会

異性愛とは違う独特なアイデンティティーや趣向を持つ人は、男か女かという二極的な性別に当てはめられることで、自分の趣向に対して敏感になってしまうかもしれません。

そして、彼らは疑い、不安、そして恐怖の気持ちを抱えます。このような環境や社会が、彼らの混乱を「自然」な形で処理するようにとプレッシャーを与えるのです。

ですので、「イン・ア・ハートビート」のような作品は人々の理解を深めたり、どのように扱っていいのか分からない内に秘めている感情に自信を持たせてくれるのです。

このショートフィルムは自分の愛や魅力が誰に対するものなのかなど問題ではない、そしてセクシャリティーがどういうものなのかを表現しています。

ほとんどの人が歳を取る前に、自分の性的趣向を受け入れます。これは、性的に結びついている感情、思考、そして行為が正常化されることによって受け入れられるのです。

しかし、若者にとっては、それを受け入れる時間は十分ではありません。そして、そこには適切に自身のセクシャリティーを受け入れることを難しくする障害も待ち構えているのです。

悩む10代

同性愛者であるという困難と子供

このような障害は社会的な学習で現れない為に起こります。異性愛者のほとんどが、男と女の間で起こる性的行為がどのようなものかを知っていますが、男と男、または女と女では同じ事は言えません。

これこそが、同性愛に関する学習をゼロから始めるべき理由であり、自分のセクシャリティーを発見する為の「特別な場所」に目を向けなければいけないということです。

実際に、このような特別な場所が存在するということは、伝統的に受け入れられていない公衆の愛情表現、性的行動に制限があることを意味します。

「社会的に距離が近い緊張は、人がネガティブな言動を放つ火山のようなものです。それは、性を抑圧する根源であり、人の成長を破壊する、そして傷つけるのです。」

私達の社会はまだ様々なセクシャリティーに対して理解が少なく、寛容でない為、「イン・ア・ハートビート」の成功はニュースとなりました。私達が一般的に知っているのは未だに伝統的に受け入れられている男と女の関係だけです。

ですので、このような情報を周囲に広げていくことは大切なことです。そして、それが広がっても、そこには理解すべき多くの闘いが待っています。