愛の化学:なぜ私達は恋に落ちるのか?

04 4月, 2018

かつてアルベルト・アインシュタインは、愛の化学について、特別な人に対する厳密な気持ちを説明することは、そこにある恋の魔法を全て取り払ってしまうと述べました。

しかし、好き嫌い関係なく、実際に神経化学には魅力や強い情熱のようなプロセスが存在しています。

それは、とても魅力的かつ複雑な分野を表し、そして、私達の一部でもあります。

ロマンティック、または哲学的な視点から見た愛は、毎日何かの記事になったり、ポエムなどの作品になっています。それは、ロマンティックな文学の世界は、私達の愛の感情に浸ることを好むからです。

しかし、そこには確信よりも多くの謎を含んでいることを忘れてはいけません。生物学的な視点から見た私達が恋に落ちる時の様子は、神経学者が最も正確なイメージを与えてくれます。それは、記憶というよりも、客観的で現実的なものなのです。

「2つの人格が出会うことは2つの化学物質が結合するようなものだ。もしそこに反応が見られたら、その2つは変身を遂げる。」
-カール・ユング-

また、人類学者もそれについて興味深い視点を与えてくれます。そして、それは私達が神経化学を通して知った愛の化学と上手く一致しているのです。

実際に、そこにはこの分野をいつも魅了させていることが一つ存在しています。それは、長期的な交際関係の基礎となるプロセスを識別出来るという考えで、人は何らかの方法で安定した幸せな絆を築いているのです。

また、人類学者は、人は脳が持つ3つの異なる「傾向」を駆使していると述べました。その最初の1つは、性的な衝動が私達の行動の多くを左右するということです。

2つ目は「ロマンティックな恋」を指しており、それは私達が依存関係や高い感情的、そして個人的な価値を生み出していることを示します。

3つ目の焦点は、健康的な要素です。カップルが成熟した理解を持ち、お互いに利益があるような状態を指します。

しかし、私達が知りたいのは安定や幸せのある関係を理解することではありません。本当に知りたいのは、私達がどのように恋に落ちていくのかについてです。

つまり、それは愛の化学そのものです。具体的に言うと、私達の目、心、そして気持ちを誰かに導いてくれる、この奇妙で、激しく、混乱するようなプロセスに関して知りたいのです。それはもちろん上手くいかないこともありますが、場合によっては私達に最高の相手をもたらしてくれるのです。

老人夫婦のキス

愛の化学とその成分

恋に落ちることは神経化学のレンズを通すことでしか説明出来ないと思っていませんか?もしくは、誰かに惹きつけられる力は、その人の変数と、愛の化学とプロセスに関係している神経伝達物質が整列した数式の結果であって、その衝動的な脳が魔法や欲望を呼び起こしているのだと思っていませんか?

しかし、決してそのようなことはありません。全ての人間はそれぞれ、独特で、深い、無意識の好みを持っています。

実際に、同じようなレベルの知性やユーモアのセンス、そして価値観など、似ている特徴を持つ人と恋に落ちる傾向があるという明確な証拠もあります。

しかし、そこにはとても魅力的で重要な事実も存在しています。例えば、一つの教室に30人の生徒がいるとします。全員同じような知性のレベルや価値観、趣向を持っているかもしれませんが、その中の誰とも恋に落ちないこともあります。

インドの詩人、そして哲学者でもあるカビールは、愛の道は長く、そこにはたった一人しか入れない心のスペースがあると言いました。では、私達が愛の化学と呼ぶものの中にはどのような要素が他に存在しているのでしょう。

「ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニン…恋に落ちる時、私達は天然のドラッグ工場なります。」
-ヘレン・フィッシャー-

遺伝子のアロマ

私達は遺伝子を触ることも見ることもできず、その存在さえ意識することが出来ません。しかし、実はある人物との間に魅力を目覚めさせるような特定の匂いを放ちます。

  • しかし、遺伝子以上に特定の匂いを放つものがあります。それを意識することはありませんが、私達の魅力を導いてくれるものです。それは、私達の免疫システムで、MHCと呼ばれているタンパク質です。
  • このタンパク質は私達の体の中で特定の働きをします。その働きは、私達の防衛反応を引き起こすことです。
  • 例えば、女性は無意識のうちに自分と異なる免疫システムを持つ男性により魅力を感じると言われています。このプロセスの中で彼女達を導くのはその匂いであり、自分と異なる遺伝子を好む理由があるのです。そして、もしその女性が魅了された男性との子供を授かると、混合した遺伝子を子供に持たせることが出来ます。
カップルささやき

ドーパミン:理由は分からないけど、あなたと一緒にいる「必要」を感じる

あなたの前にとても魅力的な人が現れることもありますが、そこには何かが欠けています。彼らは私達を楽しませてくれず、会話もつまらないし、何も繋がりを感じません。

そのような時、多くの人が「あの人に何も感じない」と言いますが、それはあながち間違いではありません。

  • 愛の化学は実在します。そして、そこには基本的な理由が一つ存在します。それは、全ての感情が特定の神経伝達物質によって引き起こされていることです。そして、脳の中の化学成分が適切な量の刺激と、その人を意識的にする成分を分泌するのです。
  • 例えば、「私達を明るくしてくれる」ドーパミンは喜びと快感に強く関係している化学物質です。一部の人は本能的に欲望の対象に目を向けることがあります。その人達と一緒にいることで、喜びや素晴らしい感情、そして目に見えない魅力を感じることが出来るのです。
  • ドーパミンは神経伝達物質の一つで、2つの働きを持っています。ホルモンの役割を果たし、非常に強力な喜びのシステムの働きをします。そして私達はその喜びを受け取る5種類の受容体を脳の中に持っているのです。

ある時、私達は他の誰かではなく、特定の人と一緒にいる必要性を経験します。それは、恋に落ちることが私達に選択肢を与えているのです。

そして、これは、特定の人に対して「自分の世界」を集中させる力を持つドーパミンの働きです。

ノエルエピネフリン:全てが激しくなる

誰かがあなたを愛してくれるのは、そこに激しく、強烈で、矛盾した、制御の出来ないジェットコースターのような感情を生み出すからです。

私達は手に汗をかき、食欲や睡眠欲も減少し、クリアに物事を考えられなくなります。実際に、私達はそれにほとんど気づくことなく、まるで衛星のように好きな人のことをぐるぐると考えてしまうことがあります。

  • そのような時、頭がおかしくなっていると感じたことはありませんか?実際に、それは間違いではなく、ノエルエピネフリンがアドレナリンの分泌を促進しているのです。それはあなたの鼓動を早め、手に汗を握らせ、私達のニューロンを活性化させています。
  • このシステムは右脳にも左脳にもそれぞれ1500以上のニューロンを持っており、それが活性化する時、「激しさ」を促します。これらは大きな喜びや活力、そして焦燥感に影響し、空腹感や眠気を軽減するのです。

愛しの「フェニルエチルアミン」

恋をすると、私達を完全に夢中にしてしまうフェニルエチルアミンという有機化合物が生まれます。

この物質にはアンフェタミンと多く類似する要素があり、ドーパミンとセロトニンを組み合わせることで、映画で見るようなまっすぐな愛が生まれるのです。

  • 興味深いことに、チョコレートはフェニルエチルアミンを含むことで有名な食べ物です。その濃度自体はチーズの方が高いのですが、チョコレートは他の乳製品に比べて速く作用するのです。
  • この有機化合物についての正確な役割には素晴らしいものがあります。それは、私達の持つ全ての感情を「強化」してくれる役割なのです。

フェニルエチルアミンは砂糖のたくさん入った飲み物のように、あなたの全てを激しくする物質です。そして、ドーパミンとセロトニンの働きも強くしてくれます。これが愛の化学を形作り、私達を満たされた、幸せな気持ちにしてくれるのです。

セロトニンとオキシトシン:私達の愛を強くする成分

ドーパミン、ノルエエピネフリン、そしてフェニルエチルアミンという3つの物質について話してきました。

これらの3つは恋に落ちる始まりの部分を左右する力を持ち、欲望や焦燥感、そして情熱が私達を導いています。

セロトニンとオキシトシンは始まりに存在しないわけではありませんが、この2つはもう少し先の段階で働きを見せてくれます。

この2つの物質は、私達の絆を強化する時に働き始め、私達の関係をさらに利益を生み出すような強い関係へ進むように促します。

では、その詳細についてじっくり見ていきましょう。

  • オキシトシンというホルモンはただ「恋に落ちる」よう助けるのではなく、愛する人を大切にして、長期的にその人の一部になるという愛情を強くしてくれます。
オキシトシン

  • セロトニンを一つの言葉で表すとすれば、それは幸せです。ただ恋に落ちる段階を表すのではなく、特定の人と一緒にいるさらに強い幸福を意味します。ですので、私達はそのポジティブな感情を維持する為に、その人との関係に対して努力しなければいけません。
  • 物事が上手くいくと、セロトニンは私達を健康にしてくれます。さらに、楽観的な考えや心地の良い気分、そして満足感も与えてくれます。
  • しかし、同時にセロトニンが減少してしまうと、誰かが自分から離れていくように感じるかもしれません。また、関係が冷えたり、性的な行為が減少することがあります。そして、それは、私達に激しい不安や無防備な状態を与えそれがうつ病に発展していくこともあるのです。
手をつなぐカップル

愛の化学の美しさ

結論として、愛の化学は私達の行動を指揮します。これは恋に落ちる最終段階において言えることで、相手との安定が築かれた時に起こります。

また、ヘレン・フィッシャー博士は彼女の研究の中で、人間だけが恋に落ちる生き物では無いと述べています。この世界には象や鳥類、そしてネズミなど100を超える種がパートナーを選び、その相手と一生を過ごすと言われているのです。

専門家は動物のこのような気持ちを「原始的なロマンティックな恋」と呼んでますが、それも、私達の持つ愛という気持ちと変わりません。

アインシュタインが残した言葉にあるように、この世界の感情を化学で表す行為などロマンティックなことじゃないかもしれませんが、愛は私達の最終地点です。

素晴らしい細胞、電子反応、そしてその神経的な衝動は最も壮大な幸せを私達にもたらしてくれるのです。

参考文献

Giuliano, F.; Allard J. (2001). Dopamine and sexual function. Int J Impot Press.

Sabelli H, Javaid J. Phenylethlyamine modulation of affect: therapeutic and diagnostic implications. Journal of Neuropsychiatry 1995; 7:6-14.

Fisher, H. (2004). Why We Love: The Nature and Chemistry of Romantic Love. New York: Henry Holt.

Garrido, José María (2013). La química del amor. Madrid. Chiado Editorial

  • Giuliano, F.; Allard J. (2001). Dopamine and sexual function. Int J Impot Press.
  • Sabelli H, Javaid J. Phenylethlyamine modulation of affect: therapeutic and diagnostic implications.