痛み止めを避け、水を飲んで頭痛をなおそう

· 2018年10月23日

誰でも時々頭痛になります。みなさん自分なりの方法で対処しているかと思います。現実的には、頭痛を引き起こすには様々な要因があります。多くの人は、早くて簡単な解決策に飛びついてしまうようです。つまり薬です。

面白いことに、原因が不明な時に最もおすすめなのは、簡単で安くて安全な方法である、水を飲むということです。緊張や医療的な理由によって生み出される頭痛には、異なる治療が必要かもしれません。しかし、いずれにせよ、水分補給をしておいて損はありません。

水分不足は頭痛や別の症状を引き起こします。タイレノール、イブプロフェン、反炎症薬などでは痛みは治まりません。水分不足が原因の場合、もし薬を飲んだ後痛みが引いたら、摂取した薬より飲んだ水のお陰かもしれません。

スカーフ
水分不足の頭痛を特定する

水分不足の頭痛は副次的な頭痛であり、体液が不足していることによって起こります。ちょっとした痛みから、片頭痛のような深刻なものまで様々です。

人間の体には、きちんと機能するために適切なバランスの液体と電解質が必要だからです。体は様々な方法で体内の水分を失います。例えば、発汗や排尿などです。水分不足は、汗をかいたり体が水分を失う時に起こります。激しい運動や暑い場所にいても水分を失います。この時十分な水を飲んでいないことで、頭痛が起こってしまうのです。

 

大抵の場合、水を飲んだり水分の多い食事をすると簡単に水分バランスが改善されます。しかし、補給するよりも早く水分が失われることもあります。

体が水分不足の時、脳が水分を失って一時的に痙攣したり縮みます。これによって脳と頭蓋骨の間に隙間ができて、傷みを引き起こします。水分を補給をすればは元の状態に戻り、傷みが軽減します。

水分不足の頭痛の症状

水分不足は鈍痛の頭痛やひどい片頭痛を引き起こします。この痛みは、前面、後部、側面、全体に起こります。

 

鼻風邪に伴う頭痛と違って、水分不足による頭痛を経験している人は、顔への圧力や痛みは感じません。首の後ろに痛みや、頭痛による緊張を感じることも恐らくありません。

水分不足による頭痛には以下のような症状があります

  • のどの渇き。
  • 排尿量の減少。
  • 濃い尿。
  • 混乱。
  • めまい。
  • 疲れ。
  • 口が乾燥してべたつく。
  • 肌の弾力性がない。
  • 低血圧。
  • 心音があがる。

 

深刻な脱水症状になってからでないと、頭痛を感じない人もいます。汗が出ない、熱、目の落ち込み、肌がしわしわになるなど、他の症状も見られます。

脱水症状による頭痛を回避する

しっかり水分補給をしていることは、水分不足による頭痛を回避する一番良い方法です。良く頭痛を起こしているなら、この方法で生活の質を大きく変えることができるかもしれません。しかし、水分補給をするにはどれくらいの水を飲めばいいでしょうか。体温、活動レベル、体重などが、一日にどれだけ水を飲めば良いかを左右します。

水を飲むように思い出させてくれる賢い方法の一つが、専用の携帯アプリを使うことです。たくさんの無料アプリがあります。体重、活動レベル、体温を入力できるものにすれば、必要な水分量を算出できます。一日に飲む水分量を記録することで、推奨されている量に達しているかがわかります。

水分補給
頭痛の原因が別のものであるとき

緊張、姿勢の悪さ、ストレスも頭痛を引き起こします。定期的な運動やリラクゼーションエクササイズは、頭痛を防いだり改善するのによい方法です。これら二つを一緒にできるエクササイズでおすすめなのが、ヨガです。

痛みが続いて、激しさを増して来たら、頭痛の原因を突き止めるために医者の診察を受けましょう。頭痛の原因は何であれ、元となる原因を突き止めることは重要であるということと、薬は症状を一時的に改善するだけであるということを覚えておきましょう。