脳のための4つのビタミン

· 2018年10月2日

脳は、間違いなく体の中で最も重要な器官です。人間が生きるためのすべての体の機能を担っています。意識、思考、人格すべてがここに集まっています。そんな脳にはビタミンが必要です。

脳のケアをすることは必要不可欠です。本記事では、脳にとって一番良いビタミンをご紹介します。これを使ってこの重要な体の器官を存分に生かしましょう。最近疲れていたり、思考が100%機能していないと感じていたりする人は、ご紹介するリストのものを摂取することで良くなるはずです。

脳に良いビタミンとは?

ビタミンは、体がきちんと機能するために必要な自然の物質です。人が口にする食材の多くに自然と含まれています。だから、適切なビタミンレベルを保つために良い食事をとることが重要なんです。

暗闇の脳

すべてのビタミンの中でも、脳やその機能に特にポジティブな効果をもたらしてくれるものがあります。例えば、特定のビタミンを適正な量摂取することで、記憶や注意力をあげることができます。

問題は、食事のバランスが良く取れていないことがあるということです。そのため、どのビタミンが脳に必要で、どんな食事を取ればよいか理解することが重要です。本記事では、次の4つのビタミンに注目していきます。

  • ビタミンA
  • ビタミン B1
  • ビタミン C
  • ビタミン D

それでは、一つ一つ深掘りしていきましょう。

ビタミンA

ベータカロチンとしても知られるビタミンAは、記憶にとってとてもメリットの多いビタミンです。たくさんの研究が、認識力の低下から脳を守り、精神機能一般に改善がみられるとしています。ビタミンAが不足すると、失明などの深刻な健康問題も引き起こします。

このメリットの多いビタミンはどうやって摂取したらよいでしょうか。ベータカロチンは、ニンジン、カボチャ、マンゴー、パパイヤなどに含まれる赤っぽい色素です。 記憶の問題を抱えていると感じたらこれらの食材を食べてください。

ニンジン
ビタミンB1

2つ目のビタミンは、チアミンとも呼ばれています。脳と神経システムの中で最も重要な物質です。また、食物をエネルギーに変えることに関して、重要な役割を担っています。血液循環やグルコースの吸収など他の機能にも影響しています。

脳にはどんな効果があるか見ていきましょう。ビタミンB1不足は、記憶喪失から鬱まで様々な深刻な問題を引き起こすことが証明されています。日常的にアルコールを摂取しすぎた人に見られるコルサコフ症候群という深刻な病気を発症することもあります。

この重要な物質は、肉類に含まれています(鶏肉、豚肉、牛肉)。ナッツ、フルーツ、野菜、全粒穀物からも摂取出来ます。

ビタミンC

ビタミンCは、多くのメリットがあるため世界中で最もよく知られているビタミンのひとつです。「アスコルビン酸」という名前でも知られており、脳の老化を止めてくれる強力な抗酸化物質でもあります。

研究によれば、注意力や記憶力などの脳の機能を改善してくれます。さらに、ちょっとした風邪からガンまで病気を防止してくれます。最後に、専門家はビタミンCを自然の抗うつ薬として見ています。セトロニンを高め、気分をあげてくれるからです。

柑橘系の果物にビタミンは多く含まれています。オレンジ、みかん、イチゴ、キイチゴ、グレープフルーツなどが高いビタミン量を誇っています。ブロッコリー、ピーマンなどの野菜もビタミンCが豊富です。

オレンジ
ビタミンD

最後にお話しするビタミンは例外です。知っているような食物には含まれていない成分です。しかし、このビタミンのレベルを維持することは、脳や体を健康に保つために重要です

どうやったらビタミンDをもっと摂取できるでしょうか。答えは、日光です。太陽光によって、この物質を体内で放出させます。気分を改善して、テストステロンを放出して、問題を解決するための精神的な能力を高めます。

お分かりいただけると思いますが、多くのビタミンは健康的な食品(果物、野菜、肉)に含まれています。 バランスの取れた食事をし、エクササイズをして、太陽光を浴びることで、脳の機能をできるだけ高めることができます。