自分らしく生きる

2017年10月9日 in 心理学 0 シェア済み
心臓を紡ぐ女性

あなたは自分ではない誰かになりたいばかりに、他人と比較したり、馬鹿げた恥ずかしさに戸惑う中で、自分自身を見失ってしまいました。それは全て、他人を称賛し自分を批判したことが理由です。

おそらくあなたはユニークであることや目立つことを恐れたのでしょう。場違いな存在にならないように、他の皆と同じようになりたかったのでしょう。他の人が成し得た全てになるために、他人が持っている物を欲しがったのでしょう。

他の誰とも比較しないで下さい。あなたは誰にも何も証明する必要はありません。他の人が訪れた所に行く必要はありません。ただ自分の限界を乗り越えて下さい。ベスト版の自分になって下さい!

若い時から、私達は他の誰よりも良い人間であるように教えられてきました。また、自分がどれだけユニークであるかを見つけるように教えられてきました。私達は皆同じではなく、皆が特別な何かを持っているからです。あなたはもう見つけましたか?もしまだであれば、今日は自分らしくいられる方法、そしてあなたを特別な存在にしている何かを最大限に活かせる方法を見つけるでしょう。

比べないで、ただあなたらしくいて

自分を他人と比べることは自分ができる事の中でも最悪なことです。それは焦点をあなた自身から逸らしてしまい、全ての注意を比較している人に当て始めてしまいます。突然、そうした他人があなたが真似るべきモデルになり、なりたい人になってしまいます。しかし、あなたが倣うべきモデルはあなた自身だということを知っていますか?

こうした人たちと自分を比較する時、確かにいい気分はしません。それは、あなたが比較している人からは遠いところにいるからです。おそらく彼らの安定した姿に、いつも幸せそうにしている姿に、すぐに友達ができる姿に目がくらんでいるのでしょう。彼らが達成したことをあなたが達成できない時、あなたは気まずくなり、自尊心が落ちていくのです。

シダの葉と女性の顔

他人の強い性格に目がくらむことは普通です。彼らは安定した自分を放ち、ユニークさを発信しています。しかし、彼らを見つめることは止め、あなた自身を見つめ始めて下さい。あなたは自分のあり方に満足していますか?何を変えたいですか?

私は自分とは全く違う人のようになりたい。しかし、唯一私があるべき人物は自分自身だということに気づいていない。
シェアする

想像して下さい。あなたは公で話すことが恥ずかしくて、大勢の観客の前に立ったり、話したり、間違いを起こしたり、批判を受けたりなどなどすることを恐れている様子のない友達のようになりたいと思っています。

まず初めにするべきことは自分を分析することです。あなたは何を恐れているのでしょうか?あなたが恐れていることは現実の出来事でしょうか?こうした質問に答えることができたら、その時が行動するべき時です。もしあなた自身で好きになれないことがあるのであれば、問題に直面して下さい。

おそらくもうお気づきでしょうが、これら全ては、他の誰でもなくあなたに焦点が当てられているのです。なぜなら、数学が本当に得意な人と自分を比べることはできても、もしあなた自身がもっと書くことに向いているのであれば、その比較は全く無意味になるからです。皆、様々な能力を持っています。私達は全く同じではないのです!私達はユニークで多種多様なのです。

自分の強さを活用しよう

常に他人のことを考えたり、執着したりするのは止めましょう。比較することは自分をみじめな気分にさせます。ですから、今が自分のいいところを見つける時です。もし自分にはいいところが一つもないと思っているとしても、見つめてみなければいけません。内面を見て、自分のしてきたことを評価してみて下さい。楽しめること、あなたをユニークな存在にしてくれるものが多くあるはずです。

また、あなたが前述の公で話すのが恥ずかしい人であることを想像してみて下さい。あなたとは違う皆に焦点を当てるのではなく、自分の得意なことに目を向けて下さい。あなたが賞賛する人は絵が描けなくて、あなたの素晴らしい絵を幾度も褒めてくれたことがあるかもしれません。

トナカイに寄り添う女性

あなたが目立って得意な何かというのは必ずあります。もしまだそんな何かが見つけられていなかったとしたら、今がそれを見つける時です。あなたらしさと関連する新しいアクティビティーなどを試してみましょう。あなたにとって自然と容易くできない物事はやってみようとは思えません。つまり、あなたではない何かになろうとすることはできないということです。あなたが論理的な人ではなく、むしろ創造的な人であったとしましょう。それを変えることはできないのです!

他人を知るよりも自分自身を知る事の方がよっぽど大事です。自分を受け入れ、自分を知り、最大限に自分らしくさせてくれる物を認識することが鍵です。皆が皆、同じことを得意としたり、同じ理由で目立つわけではありません。ここにあなたの真正があるのです。

それでもあなたは他人のようになりたいですか?それとも、自分らしくありたいですか?あなたが比べるべき唯一の人はあなた自身です。そして、競争すべき唯一の人もあなた自身です。なぜならあなたが大事な人だから、毎日超えていくべき人だから、昨日よりも良い人間であることを求めるべき人だから。

私は自分らしくありたいと思います。あなたはどうですか?

宇宙を見つめる女性の影

あなたへおすすめ