自分の人生の主導権は自分で握ろう

· 2019年3月22日

朝目が覚めたら全ての問題が魔法のように解決していたらいいのに、と期待してしまう人はたくさんいます。もちろんそうなれば理想的ですが、こんな考え方はあまり現実的とは言えません。やるべきことは、自分の人生の主導権は自分で握る、ということです。

果たして私たちは今までに何度「いつか全部いい方向に向かうはずだ」というような発言を繰り返してきたのでしょう?ある不可解な理由から、人生がうまくいかなくなると私たちは何か外部の要因がそれを変えてくれると考えてしまいがちです。突然何かが人生を変えてくれて、全てがうまくいくと信じているのです。

どうやら私たちは全ての問題はそのうち勝手に解決される、と信じきってしまっているようです。しかし、実際にはそうはいきません。従って、あなたの人生がどうなるかは全てあなた次第なのだ、ということを覚えておく必要があります。

幸せとは、誰かが作って用意してくれるものではない。自分の行動によってもたらされるものだ。」

ダライ・ラマ

大切な秘訣

また別の秘訣が、人生の諸問題は放っておいても解決しないということです。自分の人生の主導権を握りたいなら、自分から働きかけましょう。パートナーと別れたがっていたり不愉快な状況から脱出したいと考えている人はたくさんいますが、単に結論を先延ばしにしているだけでは埒があきません。

自分の人生がいかに悲惨かを繰り返し語って文句を言う人もいますが、彼らはその原因の一部が自分たちにもあるという事実を理解する能力がないのです。

被害者意識とは、自分たちは周囲で巻き起こる全てのことの被害者である、と考えることを意味します私たちは、人生においてそういった状況を変える力を自分たちが持っていることに気づいていないのです。

人生で嫌なことが起こると、それは全て他人のせいだと考えてしまいがちです。これは明らかに損でしかない行動なのです。

どんな人物になりたいのか自分で選ぶ

これを続けていると、人生に対してどんどん受け身になってしまいます。それを乗り越えるための行動が起こせなくなってしまうのです。「私には悪いことしか起きない」というようなフレーズは建設的とは言えません。

誰もが皆、克服しなければならない困難な状況を経験します。時折、ポジティブな出来事が立て続けに起きることもありますし、時にはネガティブなことが起こり続ける時期もあります。

自分の人生の主導権は自分で握ろう

人生の大部分の行方は、置かれた状況に対して、それがどんなに苦しいものであれ、これにどう対処するかにかかっています。困難な状況下でもいつも笑顔を絶やさずに乗り越える人もいれば、苦しい状況に陥ると文句ばかり言って自分自身にも他人にも辛く当たってしまう人もいるのです。

幸運なことに、どちらのタイプの人間になりたいかは、あなた自身が決めることができます。人生で起こるあらゆる出来事に対する不安を平穏に受け止めるという選択をする権利があるのです。

変わり始めよう

仏教には、カルマという物事の因果関係について説明する用語があります。カルマによれば、ポジティブなタネを植えることで、ポジティブな果物を手に入れることができるそうです。

このことが、人生に変化をもたらすこととどう関係するのでしょうか?人生を変えたいと思っているなら、行動を起こす必要があります。あなたを自分自身から救ってくれるものは何もありません。今よりマシな生活を夢見てエネルギーを無駄にするよりも、理想に向かって一歩踏み出せるような行動を起こしてみましょう。

言い換えると、自分の人生の主導権は自分で握ることができる、ということです。つまり、もし変化に向けてタネを蒔けば、のちにしっかり結果が返ってくるのです。

人生を変えるのは簡単ではありません。努力が入りますし、そんなに力を注ぎたくない人もいるでしょう。しかし、行動を変えなければ人生を変えることなどできないのです。

行動パターンは敵

私たちは、長年の習性によって、ある決まったパターンで行動を取りがちです。これは何を意味するのでしょうか?問題を解決しようとする時に、いつも同じ行動を繰り返してしまう、という意味です。その問題を解決するのに最適なやり方でないことが分かっていたとしても、どうしても同じパターンを繰り返してしまうのです。

一日中勉強しているのにテストに落ちてしまうクラスメートがいませんでしたか?こういった、いい結果が得られないにも関わらずなんども同じやり方に固執してしまう人物を誰しもが知っていますよね。彼らは努力が足りなかったのだ、と信じていますが、実際にはそれは問題ではありません。問題なのはやり方なのです。

私たちが着目すべきはその部分です。思ったような結果が得られなかった方法論を変えるようにしていくべきなのです。

人生の主導権を握るには、行動と努力が必須です。

人生の主導権を握るための第一歩

自分の人生の主導権を握るためにまず踏み出すべき第一歩は、変えたいと思っていることについて分析することです。自分自身に対して誠実になることが重要です。

私たちは、自らの過ちを認めるのを避けるためによく自分自身に対して嘘をつきます。これは大きな間違いです。これは自分の頭の中だけで完結させれば良いのであって、もし嫌なら他の人に心の内を明かす必要はありません。

自分の人生の主導権は自分で握ろう

次のステップは、現在の状況になるまでに自分がどんな行動を取ってきたのかを分析することです。どんな戦略を取ってきましたか?どうして最終的にはいつも同じような状況に陥ってしまうのでしょうか?進みたい方向に向かうには何を変える必要があるのでしょうか?

自分の行動を分析し、自らの戦略がただ同じことをなんども繰り返すだけになってしまっていないか確認しましょう。もしそうなら、今が変革の時です。

次にすべきことは?

自分の人生の主導権を握るための第三のステップは、おそらく最も重要なステップとなるでしょう。それは、内なる恐怖を捨て去ることです。恐怖とは、危険な状況を生き抜くために最優先される感情です。

しかし、恐怖が日々の生活の一部になってしまうと厄介です。この感情は私たちを麻痺させ、居心地のいい範囲内に閉じ込めてしまうのです私たちは、物事を変えることによって巻き起こるであろうことに対して恐怖を抱いているせいで、何か新しいことを試してみるよりも、悪い状況の中に居続けることの方を選んでしまうのです。私たちはまた、人生から特定の事柄が消え去ってしまうことにも怯えています。

ただ座って何かが人生を変えてくれるのを待つよりも、自ら行動を起こすべきです。もっと自信を持ちましょう。一度これができれば、不可能に思えていたようなことが実現し始めますよ。