自分の感情を知的にコントロールする4つのアドバイス

2018年8月30日 in 感情 0 シェア済み
自分の感情を知的にコントロールする4つのアドバイス

自分の感情を知的にコントロールするということは、気持ちを切り替えたり、一定のバランスをとったりするということです。これができれば、あなた自身にもあなたの周りの人にとってもいいことです。また、自分の感情に人生を支配されることも阻止できます。

あなたの気持ちのバランスがとれているときは、あなたはより生産的で、魅力的で、ハッピーです。あなたが感じることに、あなた自身が乗っ取られるということはありません。言い換えれば、それは自分の気持ちを建設的にして、感情を自分に歯向かってくるものではなく、自分のために動かす方法なのです。

「心の知性が人生の成功の80%を占めている。」
ーダニエル・ゴールマンー

そうしたら、目標を設定しそれを達成することができるようになります。健全な人間関係を築く準備がしっかりでき、ベストな自分を見せることができます。必要なことは決意と忍耐だけです。あなたが自分の感情をコントロールし、それを賢く行う準備ができるように、以下に4つのアドバイスを紹介します。

1.悪い感情は存在しないことを理解しましょう

感情は理由があって存在します。したがって、これを良いものと悪いものに分類するのは間違っています。そうではなくて、ここで本当に起こっていることは、特定の刺激が特定の感情を促してしまうのです。これは避けることができません。

感情とは

例えば恐れは、脅威に対する反応ですそれを感じなければ、無謀で、人生を脅かすような行動を簡単にしてしまいます。怒りもまた防衛反応で、その仕事は私たちに攻撃に備えさせるというものです。

ですので、悪い感情はないのです。自分の感情をコントロールできるようになるためには、重要なことはそれぞれの感情が訴えていることをどう解釈するかを知ることです。その感情は解決されなければならないことがあるということを教えてくれているのです。

2.自分が感情を感じることを許しましょう

伝統的な教育や養育環境では、まったくと言っていいほど自分の感情のコントロールの仕方を教えてくれませんそれどころか、感じるべきではない感情や気持ちが存在するのだと教え込みます。例えば、泣いたり怖がったりすることは何も解決しないので、我慢しなさいと教えるのです。

しかし、感情は自然に生まれるものでもなければ、自然に消えるものでもありません。ですので、自分の感情を抑えることは、感情の正しいコントロール方法ではありません。感じることの息を止めようとすることは、その表出を遅らせることにすぎません。抑えられた感情は、その後悪い形で出てくることもあります。

そこで、まずは全ての感情は正当なもので、存在し表現される権利があるのだということを理解しましょう。自分が感じることを受け入れると、自分の感情をコントロールすることはずっとたやすくなります。それを受け入れてあげないと、心の中で混乱とカオスが作り出されてしまいます。

3.観察、観察、観察

自分の感情をコントロールする最も良い方法はそれを受け入れることですが、それを理解することでもあります。そうするためには、感情の観察の仕方をしっかりと学ばなければなりません。ただ注意を払うだけでも、感情を適切にコントロールするための大きなステップになります。

自分の気持ちを観察する

素晴らしい心の知能指数の理論家であるダニエル・ゴールマンは、「注意が感情を統制する」と言っています。これはつまり、あなたが自分の感じていることに集中すると、主観的な経験が自動的に落ち着き、小さくなるということです。

自分の感情を観察するには、聞いてみればよいのです。私は今何を感じている?どう感じている?そしてその感情にぴったりの名前を与えてみてください。それは怒りでしょうか、それとも不満でしょうか?悲しみ、それとも疲れ?この特定が正確であればあるほど、理解するのも簡単になります。

4.自分の考えに批判的になりましょう

多くの人が信じていることとは反対に、あなたの考えの多くは機械的に出てきます。それは現実の解釈であり、それに基盤があることもあればそうでないこともあります。それは論理的に考えた結果であることもあればそうでないこともあります。

考えは現実ではありませんが、むしろ現実のフィルターのようなものです。それにより、あることが起こった時に、私たちは特定の方法で感じ、間違いを犯してしまうこともあります。例えば、考えることで、あることが大変なことであるということがわかります。しかし、同時にそれは挑戦であり、いい機会であることもわかります。ところが、そう思えるのはあなたが思い切って自分の考えに疑問を投げかけ、それに流されまいとした時だけです。

自分の考えにも疑問を持つこと

自分の感情を知的にコントロールできるようになることは、あなたがしっかり目を見張っていなければならないということを意味します。また、自分の中で何が起こっているかを観察しなければならないということです。最初は難しいかもしれませんが、その恩恵は素晴らしいものなので、努力する価値がありますよ。

あなたへおすすめ