感情の理解の仕方を学ぶ

· 2018年1月29日

新しい世界に直面するとき、自分の最も感情的でクリエイティブな部分を探索する必要があります。わたしたちの体は、感じていることとコミュニケーションをとりそれを反映します。わたしたちのムードに関する情報を常に与えてくれます。だから、感覚がわたしたちに送るメッセージを理解することはとても重要です。そうすることは、自分の健康だけでなく他人とのかかわり方にも影響します。

意識して聞くことと耳にすることをしっかりと差別化することが大事です。耳にする、ということは、ただ単に聴覚を使うということです。聞くことには、注意するという意味が込められています。誰かの声を耳にするかもしれませんが、聞いているわけでもなく、理解しているわけでもありません。聞くことには、コミットメントの意味があります。そこにいて、体と感覚が教えてくれること、それらが送っているものを認識することです。

「存在するすべてのものは、言葉と共に始まります。すべての言葉は、聞くことから始まります。」
– ジャネット・ウィンターソン –

身体を理解して感情に話しかける

最も一般的な病気の原因は、ネガティブなふるまいと感情にあります。注目を集めようとする、または不快な状況を常に避けたり逃げたりすることなどは、体が言葉を発している状況です。何かがおかしいという警告としてあらわれる症状です。

このような反応が自分の感情によって引き起こされたとわかっていないひとは、感情がブロックされて起こる肉体的な病気にかかりやすくなります。
女性の影にとまる蝶

人間の体に及ぼす感情の力に関する様々な研究があります。例えば、痛みとストレスの間には強い関係があることが研究によってわかっています。ストレスが永久的に体を傷つけてしまうかもしれないのです。

最もよく見られる感情的ストレスの症状には次のものがあります:

  • 感情: 鬱、不安症、いらだち、恐怖、緊張。
  • 思考: 失敗への異常な恐怖、異常な自己批判、集中力の低下、決断力の低下、わい曲された考え。
  • ふるまい: 他人をぶっきらぼうに扱う、たばこ・お酒・ドラッグの消費量の増加、食欲の低下、泣く、歯ぎしり
  • 肉体的な変化: 筋肉の緊張、冷たい/汗ばみ気味の手、不眠症、頭痛、疲れ、背中や首の痛み、過呼吸、睡眠障害、精力減退。

あなたの体はあなたの殿堂です。よく耳を傾けましょう。

こころを理解すると、語り掛けてくる

すでにお話ししたように、わたしたちの精神的なふるまいが肉体的な問題を引き起こすまでわたしたちをブロックしてしまうことがあります。この精神的なブロックは、感情が爆発した時起こります。わたしたちの意識を揺るがし、わたしたちが行っていることからわたしたちを引き離してしまうかもしれません。ネガティブな感情は、気を散らさせます。自分のしていることへの集中が途切れ、このネガティブな感情のことを考えるようになります。

花にキスする女性

精神に注意をすることで、感覚や感情を認識します。内なるわたしに耳を傾けることで、不快な感情や感覚に対抗する準備をおこないます。だから、再び毎日の活動や生活に集中できるようになります。そうすることで、ネガティブな感情を認識して隔離し、肉体的・精神的に自分を準備します。これらの感情を認識するのは、それを乗り越えるための第一歩です。

精神は高次の思考を担っています。感覚、思考、判断、記憶を併せ持っています。このため、理性に基づいた決断をする犠牲とメリットを秤にかけることができます。あなたの内なる声はいつもはっきりしているとは限りません。でも、常に何かを伝えようとしています。日記ややジャーナルを書いてみてください。内なる批評家と議論してください。穏やかな場所を見つけてください。別の言葉で言えば、自分の精神を理解する方法を学んでください。

怒ったり、自分のせいにしたり、ブロックされたりする前に、自分の内なる声をきちんと聞いてください。自分の精神からネガティブな感情や感覚を隔離してください。肉体的・精神的にしっかり自分に耳を傾ける準備をしてください。あなたより優れたあなた自身の体の聞き手はいません。

自分と戦うことは最も厳しい戦いです。自分に打ち勝つことは最も美しい勝利です。