自己成長のための5つのゲシュタルトテクニック

· 2018年4月21日

ゲシュタルトテクニックは、自己認識を促進して現在の人生にフォーカスし、より良い決断を下す助けとなります。さらに、自分のニーズと合ったもっと自由な方法で個人的なレベルの成長をすることができます。

私たちには自分の望む人生を構築する権利があります。このアプローチは、明白なヒューマニスト的影響で、わたしたちにそのように行動するよう導きます。

 

ゲシュタルトセラピーの先駆者であるフレデリック・パールズは、人間としての主な苦しみは現在と未来の間に開くギャップであると述べています。時に、わたしたちの精神は人生そのものより早く進み、物事を予期します。

まだ起こっていないことにとらわれます。気づかずに自分を恐怖、不安、痛みを引き起こすものでいっぱいにしてしまいます。

「川を押してはいけません。川は勝手に流れます。」
-フレデリック・パールズ-

だから、ゲシュタルトテクニックは広いもっと統合された方法で問題を理解することを助けてくれます。一部を全体としてです。

こういった意味で、なぜ起こったのか、何が引き起こしたのかを心配するより、この状況が自分たちにどのように影響するかに焦点を当てます。

過去や未来に対して持っている考えは、今生きている現在によるものだということを理解しましょう。ゲシュタルトテクニックは、自己成長を促進する様々な目標を持っています。

自分という人間、自分の感じることや必要なことを意識するようになり、責任をもって行動する助けにもなります。

円

自己成長を促すゲシュタルトテクニック

ゲシュタルト療法は、フレデリック・パールズが「ルールとゲーム」と呼んでいるものが中心となります。これは、反発を乗り越え自己の成長を促進するために自分の周りの世界にもっと気づけるようにする、ダイナミックでオリジナルで本質的に多様な方法です。

例を見てみましょう…

 

1. 未解決問題

未解決問題とは、わたしたちの現在に影響を及ぼす過去の出来事です。コントロールできない感情、ブロックされた感覚、現在思いっきり人生を生きることを阻んでいる個人的なもつれです。

ゲシュタルト療法によれば、誰でも友達、親戚、元パートナー、亡くなった愛する人との未解決の問題を抱えています。

  • これらの問題を避けてはいけません。代わりに、苦しみ、喪失、怒りにいつまでもとらわれないように、このような感情を発散させなくてはいけません。
  • そうするためには、シミュレーションや再会・対立・お別れのメンタル処理を行うことができます。
  • 心の中で精神的に人を呼び起こし、伝える必要があることを表現することができます。痛みをさらけ出し、悲しみ、罪悪感、後悔を吐き出します。それらを出し切って認識したら、もうその感情を行かせても大丈夫です。そして一つ扉を閉じ、前へ進みます。

2. ダイアログテクニック:空っぽの椅子

このテクニックを聞いたことがある人は多いかもしれません。よく知られており、役に立つテクニックです、ゲシュタルトの本質をよくあらわしています。

時に、他人の想像上の投影に出会うための方法として使われます。ゴールは、悲しみのプロセスを引き起こす、あるいはトラウマの解決です。

しかし、自己成長においては別の目的もあります。「自分の反対」を演じる内面的な会話を始めることです。これを使って自分自身と対話できます。

不快を生み出すものを引き出します。もっと生産的で自由でオープンな人生を送るために直面しなければならない部分です。次のように行ってください:

  • 疲れてきた、力も残っていない。
  • わたしの力をまた奪って、わたしの人生の中でスペースをとりすぎてる。一体何が問題なのか教えてほしい。
  • 自分が好きじゃない。自分の送ってる人生も好きじゃない。
  • もういいよ。文句を言う代わりに、どうしたら気分がよくなるか教えて。
    椅子

3. 責任が取れる

ゲシュタルト療法の最高のテクニックのひとつは、「責任取り」ゲームです。簡単に見えますが、かなりのコミットメントを要します。その目的は、自分の中で起こっていることにもっと気づくことです。認識し、受け入れ、そしてこれらの変化を利用してもっとアクティブな姿勢を促進することです。

例を紹介しましょう。

「頭が痛いし、お腹も痛い。考えすぎでストレスを感じているのはわかってる。責任は自分にあって、物事を変えなきゃいけないことを受け入れます。」

「わたしには声があることがわかっています。正直に恐れることなく話す責任は私自身にあります。わたしは自分と他人に敬意を示します。」

4. 意識を連続させる

ゲシュタルト療法では、セラピストは患者の経験の「どうやって」にフォーカスします。「なぜ」ではありません。どう患者が問題に直面したのか、問題とどう生きているのかを理解しようとします。問題についてどのように感じ、そのように内面化しているかです。

それを行うためには、感情と現在の感覚が何なのかを特定する必要があります。次のような言葉をかけることで、この情報を引き出すことができます。「どんな風に感じているか教えて。」「その感情はどこで感じているの?」「今何が見えるか説明して。」

このテクニックは自分でも行うことができます。意識を連続させます。すべての感覚、思考、感情を出してください。

それを見過ごしたり、隠すのではありません。それらに光を当て、自分の思考の中で存在させます。

「何かに確信出来たら、そういってください。本当の自分をさらけ出して下ださい。自分の言ったことを感じてください。」
-フレデリック・パールズ-

目を閉じる女性

5. 疑問を肯定に変える

次に紹介するのも、パッと見シンプルに見えるかもしれないゲシュタルトテクニックです。しかし、とても重要なセラピーです。内面的な現実を明かし、リソースを集めます。

どうやって行うか?簡単です。自分にこんなことを言う日が誰にでもあるかと思います。「なぜ自分はこんな風に感じるのか、なぜ希望もなく無力に感じるのか?」

ゲシュタルトでは次のことを提案します: 疑問を自己肯定に変える。例を見てみましょう。

  • きょうはなぜ気分が悪いんだろう。この感情を変えて明日をよくしよう。
  • なぜ今日はボーイフレンドが遠くに感じるんだろう?距離を置いているみたい。何か問題があるか聞いてみよう。

ゲシュタルトテクニックは、自分のニーズにつながるためのオリジナルで機能的な方法です。もっと責任を持つように促す作用もあります。感じることに勇気を持つようにです。そして、成長するために行動することです。

この方法を試してみてはいかがでしょうか。効きますよ。