時代を超えたクリスマスの物語

2019年5月21日

冬に対する気持ちと北半球でのクリスマス休暇の物語には多くの関りがあります。遥か昔、人々は冬の気候の中、火を囲み皆で過ごしていました。

生命が途絶え、眠りにつき、再生の時を待つ冬の時期が、西洋の世界にクリスマスという文化を根付かせたのです。今では世界中で語り継がれているクリスマスに関する物語は、それを祝う様々な伝統を反映したものでもあるのです。

クリスマスとはキリスト教の中心人物であるイエス・キリストの生誕を祝うイベントです。しかし、歴史的にみてると、キリストの誕生日が12月25日であったことを示す証拠というのはありません。実際、ペイガニズムとクリスマスの起源は同じなのです。

「私はいつも心の中でクリスマスを祝い、それを毎年続けていこうとしている」

-チャールズ・ディケンズ-

クリスマスの物語

クリスマスは、ローマ帝国(のちにキリスト教の中心となった土地)の時代に誕生しました。その時代、12月17日~23日に当時を祝う休暇があり、そこでローマ人はサトゥルヌスを祭っていました。これにより、この休暇はサートゥルナーリア祭と呼ばれていました。

この休暇の最中にローマ人は貧しい人々にプレゼントや食料を分け与え、たくさん飲み食いをしていたといいます。他の休暇と同様に、サートゥルナーリア祭を熱狂的に楽しんでいたのです。

また、ローマ人以外にも冬のこの時期を祝っていた民族がいました。古代エジプト人などがその一例です。そして彼らは12月25日にオシリス神を祝っていました。エジプト神話とキリスト教の共通点はこれだけではなく、古代エジプト人はキリスト教徒と同様に、ホルス神が12月末にアイリスの処女懐胎によって生まれたと信じていたのです。

クリスマスの起源

クリスマスの起源における他の文化

ギリシア人もまた、12月25日を特別な日としては扱っていました。彼らはディオニューソス(ワインの神)とアドニス(美の神)がその日に誕生したと信じていました。さらに、一般的なヒンドゥー教の教えではないものの中にはクリシュナ神が12月25日に生まれたと信じる人もいます。

また、中国圏では12月24日から25日は仕事が休みになり、冬至をお祝いします。アステカ人はケツァルコアトル神が12月の最終週に誕生したと信じており、古代ペルシア人はミトラ神が12月25日に女神アナーヒトから生まれたと信じています。

ミトラ教では、ペルシア人に侵略されたのに関わらず、ローマ帝国時代の様式でクリスマスをお祝いしており、のちにキリスト教徒によって完成させられることで、ローマ社会にとって非常に重要な祭典となりました。つまり、これらの伝統はローマ人の伝統であるサートゥルナーリア祭と統合されたと言ってよいでしょう。

クリスマスが休暇になった経緯

クリスマスが普及し始めると、神学者たちはキリストの誕生日についてより真剣に調査するようになりました。教義には詳しい情報が記載されていなかったため、キリストの誕生日がヘロデ大王が統治していた時代だという意見や、クイリヌスが権力を持っていた6世紀あたりだという意見がありました。

クリスマスの話

キリストの祭典は5月20日か4月20日ということになり、この不適格な情報が人々を混乱させるようになります。そして、この問題を解決させるために、人々は自分たちが今まで行ってきた祭典をクリスマスとし、その当時ミトラ教徒が数多くいたため、司祭たちが12月25日をキリストの誕生日と決めました。

つまり、ローマ社会に浸透していたペルシア人信仰が引き継がれたということです。このような転換はリベリウス皇帝のもと西暦354年に行われました。

クリスマスに関する物語は時代を超えており、その起源は様々な文化や時代に依拠していますこのお祭りは平和や友情、団結を祝う祭典などをすべて1つに詰め込んでいます。そして、今ではクリスマスは新たな生命をその年の最後に祝うイベントとなっているのです。

参考文献:

  • Navidad, C. (2001). Pocos acontecimientos levantan tanto el consenso como la Navidad y pienso que hemos de estar contentos. Hermanos Hospitalarios. Boletín Informativo San Juan de Dios Castilla, (246), 348-350.
  • Navidad, C. (2001). Pocos acontecimientos levantan tanto el consenso como la Navidad y pienso que hemos de estar contentos. Hermanos Hospitalarios. Boletín Informativo San Juan de Dios Castilla, (246), 348-350.