カルチュラル・インテリジェンス:異文化と接する

· 2017年11月28日

私たちは、文化的知性や感情的知性についてあまり話をしません。 これらの能力は自分自身の感情を感知し、同化し、理解し、規制するものであり、感情的・知的な成長を促します。 ここで得た情報を利用し、私たちは周囲の世界を解釈し、さらに私たちの思考や行動の仕方を決定します。

人間関係は重要だと一般的に言われていますが、異なる文化の人々の間にできる関係では、文化知能という別の知性が必要なります。

カルチュラル・インテリジェンス

カルチュラル・インテリジェンスとは何でしょう?それは、他の文化の人々と交流するときに適応する能力のことです。たとえば、異なる言語を話す国に旅行するときに、自分たちに分かりやすいように、相手が話し方を適応してくれることを期待するでしょう。さて、あなたは同じことをしますか?

色とりどりの手のひらの顔

カルチュラル・インテリジェンスの構成要素

カルチュラル・インテリジェンスは、モチベーション部分、認知部分、メタ認知部分、行動部分の4つの部分から成り立っています。

  • 動機づけ:他の文化を体験し、異なる人々と交流することへの興味を強調すること。 さまざまなことを知り、理解したいという願望のことです。
  • 認知的要素:他の文化の基礎の知識。 あなたは、他の文化における経済的および法的制度を知っていますか? 彼らの社会的規範に従って、他の文化の人々と行動する方法を知っていますか?
  • メタ認知的要素:多文化認識を指す。 これは、人々が自分の考えや他人の考えを判断するときの文化的側面を理解することです。 要するに、文化の観点から他の人々のアイデアを理解することなのです。
  • 行動要素:他の文化の規範に従って正しく発話しジェスチャーする能力。 スペインで2種類のビールを飲むのに問題がなかった人はいますか? 私たちが他の文化についてどれだけ知っているかを、自分自身に問いかける必要があります。 あなたは別の言語を知っていますか? あなたは他の宗教的儀式に関わる儀式を知っていますか? 彼らは “オーケー”と言うのにどんなジェスチャーを使用しますか? 一方で、私たちは他の文化の人と話すときに私たちの言葉を彼らに適応させることができますか? 私たちは彼らの行動を尊重しますか? 私たちの文化との間に類似点があるのでしょうか?

「私が何であるかというものから離れるとき、私は今まで思いもしなかったものになる」

-老子-

ひらめきとカラフルな知性

おそらく、グローバル化を特徴とするこの時代には、感情に関する情報だけでなく、文化知能の習得に重点を置くべきなのです。 このようにして、他の文化をより深く理解することができ、結果として自分をよく知ることは、結局自分を知ることに他ならないからです。

「見た目を理解していない人は長い説明を理解できない」

-アラブのことわざ-

アフガニスタンでの文化理解

誰かがあなたの家の扉を蹴ったら、あなたはどう思いますか? 私たちにとってこれは厄介な行動ですが、アフガニスタンの住人にとってどうでしょうか。私たちにとっては普通でも、アフガニスタンの住人が侮辱以上のものとする行動は何でしょう。

アフガニスタンでの戦争は、私たちとの文化的な違いを明らかにし、軍隊がカルチュラル・インテリジェンスについて考慮するように導いた一つの例です。

アフガニスタンの住民が非常にひどい扱いだと考えていた兵士の行動は、彼らが犬を家に連れて行くことでした。米国では、これはまったく問題ではないかもしれませんし、人によっては気に障るようなものかもしれません。しかしもし犬の代わりにあなたの家に豚を連れて行ったら、これはより大きな懸念を引き起こすのです。

最初、アメリカの兵士はアフガニスタンにおいて犬が見下されていてペットとは見なされていないことを知らず、人々の家に連れて行きました。

「犬はあなたの方に向かない限り犬です。もし、あなたの方を向いたら彼は、”犬様様”なのです。」

-アラブのことわざ-

他の多くの違いの中で、当時特に考慮されていたこの2つの行動は、2つの異なる文化の人々によって、同じ行動が同じように認識されないことの例です。 幸運なことに、当時軍隊を率いていた、デイビッド・ペトラウス将軍は、心の知能指数の欠陥に気づき、それらを補うことができました。