自閉症の子どもを持つ親の勉強会のメリット

2019年4月7日
自閉症を持つ子供の親の勉強会のメリットを、本記事の中で発見してみてください!

初の自閉症のケースは、200年以上も前にさかのぼります。1770年、無気力状態や不安状態と交互に現れる、長期にわたる混乱とせん妄に特徴づけられる障害を持った、11歳の少年のケースが説明されています。この時から、研究者たちはこの症状を説明しようと試みました。現在、自閉症がいくつかの遺伝子の変容によって引き起こされるということを示す科学的な調査がなされています。

自閉症に関しては、様々な理論が存在します。最も影響力のあるものの一つは、1985年にサイモン・バロン=コーエン、アラン・M・レスリー、ユタ・フリスによって考案されたものです。子どもにおける社交的理解の発達に関する彼らの研究の中で、同学者たちは、自閉症を持つ人には心の理論がないと仮定しています。 こういった人は、行動を予測したり説明するために、それぞれの精神的な状態を自分たちや他人に当てはめて考えることができません。

子どものひとりが自閉症と診断されることは、家族にとってかなりつらいことです。突然、すべてが不確実に思えます。すべての情報や選択肢を精査して飲み込むことは、かなり圧倒されることです。専門家の元に頻繁に通い、複雑な専門用語や情報と向き合わなければいけません。さらに、自閉症の子供の親は、恐怖、悲しみ、否定、罪悪感、怒りなどの感情に対処する必要も出てきます。

自閉症の子どもの親は、2つの現実に向き合わなくてはいけません。一つ目は、子どもは自分が思ってもみなかった病気にかかっているということです。2つ目は、理解することが困難なこの発達障害に関して、学ばなくてはいけないということです。

親は、これらすべてに、肉体的にも精神的にも疲労困憊させられます。自閉症の子どもは、混乱するような姿勢やふるまいを見せます。返答の欠落、同じ遊びを繰り返す、肉体的な接触の拒否などは、親が理解するのに苦しむ点です。

自閉症の子どもを持つ親向けの勉強会にメリットがあるのはこれが理由です。この病気の理解を促進することができます。さらに、これらの勉強会は、自閉症の子どもを理解し教育するためのツールを親に提供します。

女子
知識のたりない世界で自閉症の子どもを育てるということ

自閉症は、これに苦しむ人やその家族の生活の質を犠牲にします。この病気によって、個人的な人間関係や学習過程が阻害されます。患者の未来は、自立、自己ケア、生産性に関してすべてが不安定になります。

自閉症の子供の親は、自分の生活の一部を変更することを強いられます。この病気はかなり大変なものだからです。これによって、親自身の個人的な成長が阻害されて、家族の肉体的・精神的健康が脅かされるかもしれません。

様々な制限を持つ子供の親でいることは、厄介なものです。自閉症の子どもを育てることには、努力、忍耐、たくさんの時間を要します。つまり、常に子供の世話をするために、親は自分自身の世話がおろそかになります。突然、親の人生は、子どもだけを中心にして回り始めます。

積み木
自閉症の子どもを持つ親のための感情的教育

現在の世界では、感情はかなり重要です。最近では、子どもに(さらには大人にも)感情的教育の重要性を教える必要が出てきています。自閉症を患う子どものひとりひとりが、ユニークで異なりますが、多くは、変化への恐怖、言語表現上の困難、限定された感心、定型化、曲解した敏感性、他人への共感の困難など、共通する特徴を持っています。

自閉症の子供を持つ親のための勉強会では、このよく見られる特徴に関して詳しく学んでいきます。もし子どもが診断を受けたら、親はショックを受けるかもしれません。この混乱によって、動けなくなります。それから、否定するようになります。現実を受け入れることが辛すぎて、何も起こっていないかのようにふるまうかもしれません。

自閉症の診断によって、親たちは感情的に疲弊します。セカンドオピニオンを求めたり、間違っているとわかっていても、最も信じたい意見にしがみつくかもしれません。この段階を経て、受け入れの段階に達します。鬱、絶望、不安状態に陥ることもあるかもしれません。

最後の段階は、上記すべての状態を乗り越えて、現実に立ち向かう準備ができたときです。この段階では、親は自閉症を持つ子どもにとって最も適切なメリットのある治療を求めます。各段階の期間は、家族によって異なります。

自閉症の子どもを持つ親向けの勉強会が重要であるのはこのためです。親にメリットがあるだけでなく、子どももたくさんのことを学べます。これらの勉強会が、家族の生活の質を改善したと示す研究もいくつも存在します。