自閉症を恥じる必要はない。恥じるべきは無知。

· 2018年6月6日

自閉症は、コミュニケーションや社会的関係に影響を与える発達障害に分類されます。自閉症を抱える子供は、関心と活動が限定され、繰り返しと常同行動の傾向があります。

米国精神医学会と精神障害診断マニュアル(DSM)は、症状の大きなばらつきを考慮して、自閉症スペクトラム障害、という広範な分類に定義を拡張しました。

他の人と遊ばず、行動パターンが限られている3歳の子供のことを想像してみてください。また、単調に話し、自分の感情を表現する方法を知りませんが、数学では非常に優れていたり、特別な記憶力を持っている10歳の女の子です。このような個人差を見る時、私たちは問います。自閉症とは何か、それは何を意味するのか?そして私たちはどのように介入すべきなのか?

自閉症の定義の変化と鑑別診断

DSM-IVにおいて、広汎性発達障害のカテゴリーには、5つのタイプの自閉症が含まれます:

  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • 小児崩壊性疾患
  • 他に特定されていない広汎性発達障害(PDD-NOS)
  • レット症候群

一方で、DSM-Vでは、これらのタイプ(自閉症、アスペルガー症候群、小児期崩壊性疾患、およびPDD-NOS)の4つが一般的なカテゴリー「自閉症スペクトル障害」(ASD)に置き換えられています。

レット症候群はもはやこの分類の一部ではありません。これらのタイプを区別する代わりに、DSM-Vの診断定義は、症状の重篤度を3つのレベルにし、必要なサポートのレベルを指定しています。

自閉症の子供がパズルの上で笑う

自閉症に関する研究

 

2000年以来、自閉症研究には多くの進歩がありました。自閉症の発症に関係する特定の遺伝子の変異を区別できることが判明し、これはつまり神経発達の要素が関係しています。 これらの遺伝子の多くは、ニューロン間のコミュニケーションに関与しており、自閉症において私たちが認識しているいくつかの機能的異常をもたらします。

この研究は自閉症の原因のいくつかを解明するのに役立っていますが、注意しなければならないのは、自閉症は「遺伝的障害」だけでは決まらないことです。 遺伝的要素は、何らかの形で自閉症を発症しやすくしてはいます。しかし、それだけでは十分ではありません。 様々な損害が自閉症の症状の多様さの原因となっています。

覚えておいてください

  • 教育的臨床診療では、自閉症児は早ければ生後12ヵ月の早い段階で、他の人との接触を拒否することが明らかになっています。彼らは、社会的な感情発達に非常に重要な聴覚・触覚などから学びません。
  • この、特にコミュニケーションや人とのやり取りと言った刺激に対する関心の欠如は、その子供は自己刺激行動を増加させます。また、両親や教師にとって彼らを指導することが難しくなります。これは発達遅延を引き起こします。
  • なぜこのような社会的拒絶反応が生まれ、自己刺激行動を好む人がいるのかについての説明は、神経学にありますが、キーとなるものは見つかっていません。
  • KannerやLovaas、そしてBijouらからもたらされる様々な視点の研究は、自閉症児の神経学的差異を知るのに役立ちます。レット症候群の子供の「自閉症」は、アスペルガー症候群の子供と同じではありません。
  • 自閉症を、社会的関心の欠如の観点から他の障害とはっきりと区別しなければならなりません。これらには、聴覚障害、神経習慣、及びチック、または初期刺激の最小レベルの欠如が含まれています。

自閉症の評価と介入方法

専門家が評価をしようとするときには、倫理問題をきちんと処理する必要があります。 両親の影響を考慮に入れ、現実的な予測をする必要があります。 専門家はその障害が状況において変化することを示し、かつ、それを避ける方法を伝えるべきです。

専門家による自閉症の検査方法

  • 身体検査、感覚機能および応答機能の検査、神経学的スクリーニング。
  • 両親と話す。 あまり堅苦しい会話ではなく、妊娠、子供の健康、親子関係についての情報を集めます。
  • 社会性、自立性、過剰行動について測定する。 これらには、自己刺激行動も含まれます。
  • 中等度の自閉症の場合、IQ検査の結果では症状が分かりにくく、評価に値しません。
孤独な少年

介入方法

介入の基本的な方法は次のとおりです。

社会的側面に対する子供の感受性が低い

私たちは社会的交流を増やさなければなりません。

  • 肌の触れ合いは、自己刺激行動を防ぐことができます。 しかし、これは赤ちゃんのように扱わなければならないということではありません。
  • 子供に多く話してください。 偏見を持たずに、彼らを話す能力を持つ人々として扱いましょう。 私たちがたくさん話していると、より自然に自発的になります。
  • 彼らが好きなものを見つけましょう。 彼らの常同行動からヒントを得ることが出来ます。 何が彼らの興味を誘うかを知ることで、他の子供たちと協力しなければならない社会的なタスクを導入することが出来ます。
  • 彼らが特別な能力を持っているならば、それをグループ活動に組み込みます。 これは自尊心を高めます。 たとえば、パズルや何かを作るのが得意であれば、その部分をアクティビティに組み込んでください。
  • 動物療法は、良好な結果をもたらします。馬、イルカ、またはイヌなどを用いた治療です。
何かを作るアクティビティ

子供たちの高レベルの自己刺激

彼らの自己刺激行動は制限される必要があります。一方で、彼らは社会全体とその環境に繋がっている必要があります。

  • 破壊的な行動を許していたり促しているような人々みんなを含めます。これには注意が必要です。なぜなら子どもたちは、他者からの注意や刺激を得るための方法としてこの行動を取る可能性があるからです。
  • 食事、休息パターン、スケジュールなどを変更します。子供が感じる嫌悪感が少なくなり、より機能的になります。自己刺激と両立しない行動を強化していきます。
  • 決して冷静さを失わず、いかなる種類の強制や体罰も与えないでください。それが彼らを思いとどまらせたり、破壊的な行動を止めるとは決して保証されていないのです。

結論として、どのようなタイプの介入でも、必要な行動が強化された徹底的なプログラムが必要なことは明らかです。さらに、われわれが指示することは明確でなければならず、体系的で忍耐強くなければなりません。