受動攻撃性パーソナリティ障害:曖昧さの中で生きる

· 2018年5月7日

あなたが招待されたイベントにパートナーは参加したくありませんが、一緒に行くことには同意しました。しかし、彼が時間を無駄にしすぎて準備ができたときにはパーティーがほぼ終わっていました。

これは、受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)を持つ人の特徴です。

 

思っているよりもよく見られる症状です。しかし逃げるのがうまく狡猾なため、なかなか見破ることが出来ません。

PAPDを持つ人の行動の仕方とは?

彼らの行動は反抗と外的な要求によって定義されます。人が日々の生活の中で受け入れている本質的で理論的な責任に対して、受け身の姿勢をとります。

どうにかして責任を逃れようとするため、彼らとうまくやるのは容易ではありません。ただ「忘れたり」、自分の優先順位のリストの一番下に置いてしまいます。

例えば、パーティーに特定の料理を持ってくるはずだったとして、すでにみんなが座って食べ始めようとしているときにやっと外へ出て料理を買いに行きます。極端な無関心です。

彼らは、要求が高く依存的で一人になるのを恐れ、自尊心が低い傾向にあります。彼らには二つの顔があり、2つの極端な状況で揺れ、混乱を生み出します。 操作的、悲観的で怒りやすい性質です。

それに加え、自分自身に対して批評的な立場を取ることを拒んだり、自分の行動に対する責任を受け入れることを拒否します。正当化して、悪い行いからどうにか容疑を晴らそうと言い訳します。それがどんなにばかばかしく聞こえようともです。

けんか

曖昧さと怒り

受動攻撃性パーソナリティ障害を持つ人は、言うこととすることの間に大きなギャップがあります。彼らの感じていることを知るのはほぼ不可能です。感情を一切見せないか、同時に全く異なる二つの感情を見せるからです。

配偶者があなたに対して次のように言ったと想像してください。「もう愛していないんだ。愛することをやめたんだ。」それから、「捨てないで!君なしでは生きていけない!」と叫びます。コミュニケーションがいつも曖昧で直接的ではなくなります。

一緒にいるけど、一緒にいない。

大抵人が何かに悩まされているとき、それについて話しどうにかしようとします。しかし、PAPDの人はそれをしません。内に留めて何もなかったかのようにふるまいます。しかし、内面ではかなり怒っています

その為、いつも従順でいながら怒りに溢れています。怒りを表すことがありません。それは許されない感情だと思っているからです。健全な方法でそれを処理する能力がないため、抑制します。

うまく隠しすぎて、怒りに溢れているにもかかわらず、周りの人は誰も彼らが怒っていたり悩まされていることに気づきません。彼らは暖かく、近づきやすく、大人しく、いい人に見えますが、心の奥では嫉妬深く、執念深く、怒っています。

不機嫌で気難しい

受動攻撃性パーソナリティ障害は、人をそっけなく、疑い深い、一人ぼっちの人にしてしまいます。自分の感情をコントロールできず、簡単に気分を害したり苛立ったりします。

常に誤解されているように感じます。だから、攻撃的に、シニカルに、頑固になります。その投影が極端であるために、もっと理論的な説明をすればするほど、もっと被害者のように感じます。

自分の独立性を守るために無礼になります。他の人の提案を拒みます。

ミーティング

妨害とコントロール

彼らにとって、周りの人が自分の求めるものを手に入れないことが重要です。すべて表面的です。支援していつも側にいるように思わせようとしますが、行動で裏切ります。あなたが求めるものを与えてくれることはありません。

誰にも答えたくないのです。タイムリミットを信じていません。何かを終えてほしい期限や時間を一般的なルールとして与えたら、それを守ることはありません。自分の方法ですることを好み、プレッシャーも責任も感じません。

仕事でのパフォーマンスにも大きく影響します。もし上司がレポートを次の日の朝までに終わらせるように言っても、準備できていないどころかなぜやっていないのか説明しようとすることすらしません。やる気になるまで時間が経つのを待ちます。

いくつかのケースでは、話をでっちあげたり、状況から抜け出すために情報を操作したりします。

受動攻撃性パーソナリティ障害の原因

専門家でも完全には確信を持っていませんが、受動攻撃性パーソナリティ障害の起源は生理的・環境的要因のミックスだとされています。自尊心、愛着スタイル、家族のダイナミクス、習得したふるまいすべてが関わってきます。

子供時代の虐待、不均衡な罰、青年時代の向精神薬の乱用によってより起こりやすくなります。受動攻撃性パーソナリティ障害に似通った症状を見せる病気は、ADHD、ストレス、鬱、双極性障害、その他のパーソナリティ障害、中毒症状などです。

ハグ

PAPDを患う人のまわりで行動する方法

ここまで見てきたように、彼らのふるまいに立ち向かうのは簡単ではありません。彼らは相手を無力に感じさせるからです。

受動攻撃性パーソナリティ障害の人のそばにいる必要があるなら、彼らの悪いムードに飲まれないようにするのが最も良い方法です。

その代わりにフレンドリーに応じてください。ポジティブで楽観的に、ユーモアを駆使して平凡なトピックについて話すことは、彼らのネガティブな影響に抵抗する方法です。

すでに強く影響を受けているなら、心理学の専門家へ行くように提案してみてください。効果的なコピー法を教えることで、セラピストは彼らの怒りといらだちを軽減してくれます。効果的かつ健全な方法で、客観性、アサーティブネス、問題解決に注力します。