感情的サポートのヒーリングの力

· 2018年2月18日

一人ぼっちに感じていたり感情に圧倒されてしまったとき、感情的なサポートは大きな安心感を与えてくれます。心地よさ、安心感、平穏の岩壁のようです。

他の人に感情的サポートをしてあげたいとき、何を知っておくべきでしょうか?友人に肩を貸してあげたいとき、どんなことを知っておくべきでしょうか?

他の人にサポートを与えるためには、聞くことと共感を持つことが大事です。一方で、感情的なサポートを受けるためには、いつも自分に起こったことを自分自身だけでプロセスできるわけではない、ということを受け入れる必要があります。時には他の人からの助けを必要とするのです。

アクティブリスニングの重要性

アクティブに聞く能力は理解のスペースを作り出す基礎です。聞くことは聞こえることとは違います。わたしたちが聞くとき、耳、目、表情など体全体で認知します。

 

わたしたちの体全体が聞くことに投資します。そうすることで、話している人がわたしたちが本当に理解していることを感じます。

アクティブリスニングの一つの良い方法は、その人が話しているときに、話の内容をまとめたり、言い換えたりすることです。こうすることで、しっかり注意して、気が散ることなく話を聞いていることができます。

私たちは、気づかずにすぐ話し始めてしまうことがよくあります。あるいは、話全体を聞く前に意見を言います。最悪のケースは、ポケットから携帯電話を取り出すことです。

「ただ深く聞くだけで、痛みや苦しみを和らげることができる。」

-作者不明-

海辺のカップル

 

他人とのつながりを感じることは、感情に押しつぶされそうになった時わたしたちが必要とする感情的サポートをもたらします。わたしたちは、「わたしの人たち」が必要です。

自分のことのようにわたしたちの痛みや喜びを聞きたい、と思ってくれる誰かがいてくれると感じる必要があります。わたしたちは複雑な考えを持った生き物であるということを理解してくれる人です。そして、わたしたちを理解しようとするタスク(時には報われないタスク)を受け入れてくれる人です。

共感は身につける価値のある性質

共感は、他人の立場に立って物事を見る能力です。そして、状況に応じて感情を理解することです。それから、何が起こっているのか、どのように感じているのか、何を考えているのか、なぜ特定の方法でふるまうのかということを理解できるようになります。

共感は、時間を掛けて調和し手を取れば完璧にできる能力です。怖くても暗闇の中で彼らと一緒にいようと努力することが大切です。

「最も重要なことは、わたしたちは理解される必要があるということです。わたしたちは、自分の話を聞き理解してくれる人を必要としています。そういうひとがいれば、苦しみが少し和らぎます。」

-ティク・ナット・ハン-

友達がパートナーと別れた状況を説明しているとしましょう。わたしたちが支えになっているということを伝える最も重要な方法のひとつは、その人の感情を認めることです。

このような状況で人がどのように感じるのか理解していることを伝えます。彼らの感情を気にかけ大事にすることにフォーカスします。

感情的なサポートをするのに、たくさんの言葉をかける必要はありません。むしろ、多くの場合言葉はあまり必要ありません。ハグ、まなざし、表情は、相手があなたがそばにいてくれると感じるには十分です。

何も起こっていないかのようにふるまうこと、つまり、痛みや苦しみを最小限に抑え込もうとしたりすることは、あまり有効ではありません。苦しみを誇張することは、認めることの反対です。 多分、彼らと同じようには反応しなかったかもしれないけど、だからと言って彼らの痛みが本当じゃなかったり意味がなかったりするわけでもありません。

感情的なサポートを受けることは痛みを和らげる

難しい時を切り抜けるために必要な助けやサポートを得ることは、安心感と平穏を与えてくれます。全てに自分一人で対応しなくてもいい、ということを理解することが大事です。辛いことは起こります。そんな時は、自分が信頼する人からのサポートや、時には発散することが必要です。

ハート

他人と感情を共有することは、わたしたちの免疫システムを強くしてくれます。さらに、自分だけが問題を抱えているわけではない、と思わせてくれます。

みんな人生にはつらいことがあります。だから、自分一人で切り抜けるだけでなく、自分と一緒に誰かがいると感じられることが大事です。 苦しみが自己反省を引き起こし、自暴自棄をおこしてしまう状況を考えてみてください。

感情的なサポートを与えるためには、アクティブに聞き、相手に話をさせ、共感を表す必要があります。そうすることで、相手はサポートを受けていると感じることができます。そして、感情的なサポートを受ける場合は、謙虚でいることが大事です。

起こることすべてを自分だけでプロセスすることができないことを認識しなくてはいけません。必要な時は、助けを求めてみるようにしましょう。