簡単瞑想エクササイズ

2019年9月6日

エネルギーのようにストレスはたまっていきます。面白いことに、ストレスレベルが高まると、エネルギーは減っていきます。さらに、ストレスもエネルギーも様々な要因から起こりえます。例えばストレスは、たくさんの問題があると高まっていきます。このような理由から、その緊張を解くための瞑想エクササイズをご紹介します。

瞑想は、自己認識を高めてくれます。長年使われてきた方法で、仏教ヒンドゥー教に見られます。近年では欧米でも人気が高まっています。

瞑想のたくさんのメリットの中でも、集中力が高まるのは魅力的です。これによって、記憶の改善も見られます。肉体的・精神的リラクゼーションも可能です。瞑想は、免疫システムを高めてもくれます。

それでは、すべてのメリットを享受できるような簡単な瞑想エクササイズをご紹介します。

1.呼吸に集中

簡単な瞑想エクササイズの一つ目は、ルーティーンに組み込むのが一番簡単なものです。リラックスした体勢で目を閉じて行うと、よりやりやすくなります。

すべての意識を呼吸に持っていきます。何かを変えようとしないでください。ただ吸っている空気を感じます。これを行う時、様々な気の散る思考が流れてくるかもしれません。それらが力を失うまで無視することが目標です。

ヨガ
2.カウントダウン

2つ目の方法は、簡単で瞑想に最適です。目を閉じて、50などの大きな数字からカウントダウンして0まで到達します。このエクササイズの目標は、注意を一つのことに集中させ、他の感覚や刺激に気がそれないようにすることです。

3.自分の体をよく観察する:簡単瞑想エクササイズ

最も面白い瞑想エクササイズのひとつです。体の様々な部分に意識を置きます。まずは静かな場所へ行きましょう。次に、自分の注意を頭から爪の先までの各部分へ向けましょう。

様々な筋肉の部分を緊張させたりリラックスさせたりして、その存在や動きを意識します。すべての体の感覚を認識する良い方法です。

4.積極的な観察

自分の環境を観察します。はじめに、目を閉じて座ってください。次に、目を一瞬あけてまた閉じます。それから今見たものを思い出します。

次に、自分が感じた感覚や刺激に思いを馳せます。それを一つ一つ挙げていって、形、色、物の名前を考えます。さらに、これを家で行う場合は家を新しい視点で見ることができます。

岩と男性
5.動きの瞑想

この簡単な瞑想エクササイズは、動く時に体が生み出す心地よい感覚を楽しむことが目的です。自然の中にいるときに行うことをお勧めします。

それを行うためには、海岸や森林に散歩に出かけましょう。顔に当たる太陽、風、水を感じてください。このエクササイズも、自己観察の一種です。歩いている時の自分の体の動きについて考えるためです。

6.炎の瞑想

最後に、火を浄化の象徴として利用して、瞑想に集中することもできます。外に焚火をするか、ろうそくの炎を眺めるのでも構いません。炎の暖かさの感覚や炎がうつす影を感じられます。

人生のネガティブなもののリストを作って、火の中に放ってしまうこともできます。象徴的に行っても、実際に行っても構いません。どちらの方法でも、恐れているものから解放されるはずです。

  • Campagne, D. M. (2004). Teoría y fisiología de la meditación. CUADERNOS DE MEDICINA PSICOSOMATICA Y PSIQUIATRIA DE ENLACE.
  • Capdet, P. P. A. (1998). La utilidad de la meditación como modalidad terapéutica. Parte II. Revista Cubana de Medicina General Integral.
  • Gálvez Galve, J. J. (2014). Meditación y emociones. Medicina Naturista.