木々が教えてくれる幸せ

木々が教えてくれる幸せ

最後の更新: 07 5月, 2018

木々は、強い根によって地面から栄養を与えられ、恵まれて美しくなります。木々が嵐を恐れることはありません。変化に抵抗するのではなく、彼らは自然に順応し、穏やかで幸せに過ごします。

その偉大な木々の静寂を観察して、木々が持つ魔法の知恵を掘り下げていきましょう。

ロバート・グレーヴスの忘れてはならない本、「白い女神」で彼は、木々は人間と多くの共通点を共有していると語っています。

しかし、より神秘的で、バランスのとれた、平和で、そして高貴なものがあります。実際、魅力的な「木々に関連する現象」の1つが、最近SNS等で広がりを見せています。

風は木を壊しません。ただ曲げるだけです
– アフリカのことわざ –

つい最近、「クラウン・シャイネス」の概念が、すぐに何百万人ものTwitterユーザーの注目を集めました。まもなく、生物学者と自然主義者は、珍しくも魅惑的な自然現象を表現するために、50年代の用語であるクラウン・シャイネスについて詳しく調べました。

広大な熱帯雨林では樹木は密接して立っている傾向があります。しかし、決してお互いに触れ合うことのない特定の種があり、下から見上げると天井にスペースを残して、魅力的なギャップ、美しい静脈のようなパターンを作り出し、その隙間から太陽光が下の森に輝き、素晴らしい画を作ります。

これらの木々は、おそらく古代言語のようなもので意思疎通を図り、完璧に調和しています。これは、自然界において生き残るためには、いつも強くなければならないとも限らないことを示しています。時には、相互尊重がこのような美しさを見せるのです。

触れ合わない葉を持つ木

木には栄養を求めて動く根がある

木は恥ずかしがらないし、何も残しません。実際には、信じられないほど賢く、木々を親密で反射的な見方で学ぶ価値があるのです。

例えば、「パワーツリーセラピー」と「森林浴」が再び人気を集めています。森を歩いたり、木にぶら下がったりするだけでなく、木々が何であるかを理解して、木々の様になろうとすることができます。

  • あなたは木の根をイメージするとすぐに、微動だにせず硬いもの、そしてしっかりしたものを考えるでしょう。あなたの人生を定義する家族の関係に木の根を関連づけるのもその一つです。
  • しかし、これは完全な真実ではありません。実際には、木々は栄養素を探索するために根を動かすことで成長し、開花し、さらに拡大していきます。
  • 木々は、養分を集めるのにとても驚くべき仕組みを使っています。木々の多くは、栄養素を探すために遠く離れたところまで根を伸ばしています。

私たちも同じことをすることができます。私たちは自分の道を模索し、新しい視点を探ることができます。必要なものを見つけるために、新しい道に向かいましょう。

木々はみな異なり、それぞれに物語がある

木の幹の年輪は、その木の樹齢を伝えるものだけではありません。森林、畑、山の真ん中でいかに雄大に生えてきたかを伝えています。デンドロクロノロジー(年輪年代学)は、水不足の年、雪解けした年、災害や火災の影響まで、その木が生きてきた物語を知ることができます。

  • 私たちも、心に傷や傷跡があります。私たちもまた逆境を経て成長してきました。そしてその困難な時代のすべてが、私たちを唯一無二の卓越した存在にしてくれました。
  • すべての人は広大で混沌としたジャングルに立つ素晴らしい存在です。葉は太陽に触れ、風に揺らされ、静寂の中で自分の傷を自分の根と枝で癒し、人が空に触れることができるように、シェルターとして助けます。
木の模様で描かれた女性

木の成長サイクル

竹は、最初の7年間のを地下で費やし、その間にゆっくりとしかし確実に根を広げていきます。

その期間が過ぎると、すごいことが起こります。たった数ヶ月という短い期間で30メートルまで成長することができます。背の高く、柔軟性と弾力性に富んだ、自然界で最も魅力的な生命の一つです。

木々は聖域です。木々と話す方法、聞く方法を知っている人は真実を知ることができます

ハーマン・ヘンス

自然界のすべてにはサイクルがあり、時間について知っているものがあるとすれば、それは木です。一方、人類は、地球上で最もせっかちな存在です。迅速な修正、迅速な成功、即効性の満足感を求めています。

自然界では、それは全く意味をなしません。木は欲求不満になりません。木々は自分自身の内部成長に忍耐強く投資し、現在を観察し、種子を発芽させ、最良の栄養素を見いだします。

カラフルな木のイラスト

木々から学びましょう。彼らのライフサイクルと洗練された知恵からインスピレーションを受けましょう。すべてにはそれに必要なだけの時間がかかります。木々は自分と、他と共存するためにずっと成長し続けるのです。。

私たちはすべて繊細なバランスの一部であり、愛情・配慮を持って尊敬しあって成長し、完全に調和して生きる道を選ぶ必要がある生命体です。

木のように生きましょう。