聞くというアート

· 2018年7月9日

その通り、聞くことはアートです。結局のところ、誰もがそれを行う方法を知っているわけではありません。さらに、他の人が話し終わるまで黙っていることは、聞くことと同じではありません。他の人が自分のアイデアを説明している間にあなたが言うことを考えていることは、聞くことと同じではありません。

「聞く」とは、あなたが聞いていることを処理し、それに意味を与え、それを理解するために真剣に努力することを意味します。彼らの視点から見て、彼らがあなたと共有しようとしているものを理解することです。こういった意味で、時には無言でいることは言葉以上にものを言います。だからこそ、この使い方を学ぶことが重要です。

多くの場合、聞くというのはただそれだけ、つまり聞いているだけです。あなたは何も言う必要はありません。しかし、それは信頼を得ます。あなたは話を伝えている人の気持ちを理解し、その人と繋がる必要があります。それには、忍耐力と他人を中心に考える力が必要です。

「沈黙の共有」はあなたと他の人をつなぎます。それは彼らに対し、あなたが頼れる存在だと伝えることです。
 

自分自身を聞くことを止めたとたん、聞くことが人の心の扉を開けることが理解できるでしょう。 自分の悩みを考えるのを止めて彼らの苦しみを見始めた瞬間から、彼らが話していることを本当に聞き始めます。それは、少なくとも、自分の人生ではなく相手の人生を気にかけている瞬間です。

あなたが相手がどのように感じていると思うか、だけではなく、相手が本当にどのように感じているかを聞くべきです。あなたが彼らのためにそこにいることを感じてもらいたいのです。そして、 「知ってる」、 「私も」、 「分かるよ」というような簡単な言葉を言い続けることが大切です。あなたはそこにいて、彼らの立場で、彼らの話を聞くだけです。

聞くための理想的な環境を作る

この理想的な環境は静かなものです。それが時に不快なこともあっても、静寂であるべきです。沈黙は、私たちが聞く言葉を処理して消化するスペースを与えてくれます

あなたがより良くできない限り、決して沈黙を壊さないでください。

L.V.ベートーヴェン

2人の友達がコーヒーを飲みながら話している

あなたが沈黙にうまく対応できれば、リラックスした、ゆったりとした環境が得られます。聞くことで、他人に必要なものについてのヒントが得られます。そして、彼らのストーリーに焦点を当てて、どのように話しているのかが分かったときにのみ、これは起こります。

沈黙は彼らが話を続けるよう促す小休止です。沈黙はあなた自身を聞くのも助けます。そして最後に、静寂は話すための準備段階です。おしゃべりが得意ではなく、討論に加わるのにちょっと背中を押す必要がある人にとっては、特にそうです。

目を閉じて聞く

目を閉じて、口を閉じて、耳を開いてください。脳を切り離し、心をつなぎましょう。そして今、あなたは聞く準備ができたのです。あなたの周りのすべてが独自の音を立てています。あなたが話していたら、それを聞くことができません。あなたに話す人は皆、何者で、どんな経験をしてきたのかを教えてくれています。自分の声だけを聞いていては、本当に他人を知ることはできません

会話を終わらせ、彼らを黙らせるようなことを意図した言葉を使用するのは止めましょう。それは聞くことではありません。時に聞くことは、応答したり答えを与えないことを意味します。あるいは話を終えた後に、抱擁や笑顔のような簡単な行動が必要な時もあるかもしれません。

ただ聞く環境づくりに重点を置いてください。他の人があなたに話したいことを聞くことに喜んで集中しましょう。そうすれば、あなたは反応し、何を聞くべきか、次に行うべきことを知ることができます。

夕日をバックにカップルが話している

聞くことはアートです。なぜなら、それは絵筆のカラフルなストロークで人々をつなぐからです。聞くことはアートです。なぜなら、それはあなたが以前は知らなかったことを学ぶチャンスを与えてくれるからです。それはあなたに新しい世界と新しい感情への入り口を与えてくれます。聞くことはあなたに、他の人を理解する方法を与えてくれます。