子供を愛することと母親業の辛さは別物

· 2017年12月8日

母性について否定的に話すことは、依然としてタブーです。 それでも、社会学者オルナ・ドナトは、喜び以外の母親業に関する意見を調査しました。 彼女は「母になることを後悔する:社会的分析」でその結果を発表しました。 これは、ドイツやフランスなど、母親業が制度的かつ経済的に援助されている国では、多くの人の頭をひっくり返すような研究でした。

残念なことに、母親になることを後悔しているかを究明する研究は、その重要性にかかわらず、頭ごなしに批判される傾向があります。 あまり議論の余地がないようです。 しかし母親の話の中には、かなりの受け入れと理解があるものもありました。 彼女たちの経験は、多くの女性が自分自身を反映していると感じている話だったからです。

この研究では、女性がどのように母親になることを経験するか、また否定的な部分があるのかを分析しました。そこでは、母親という新しい役割が、生活に予期せぬような望ましくない影響をもたらすということが指摘されています。母親は通常子供を愛し、世話をします。しかし、さまざまな原因により、母親になること、また子供を育てる経験は、多くの人にとって不満の多い経験であることが判明しました。

母親になることに関しては、みんなの意見が同じわけではない

母親としての経験で女性を判断する前に、少なくとも彼女の意見を聞くことに興味を示すべきです。聞く意志を示してください。こういった女性たちは自身の人生の物語の主人公であり、ヒロインやスーパーマンとして描写されたくないと思っています。それよりも、単に自分の人生観を持った一人の女性だと見なされたいと感じているのです。

フランスの有名女優、アネモネのようなケースを見てみましょう。テレビで、彼女が論争を起こすような研究に関しての自分の意見を表明しました。彼女は子供が大好きですが、母親になろうとしなければ、より幸せになることができたと感じています。

正直なところ、彼女はいつも自分が自立しているというアイデアに魅了されていたと話してました。しかし、ある意味では、彼女は母親になるという圧力に負けてしまいました。そのため、彼女は「なぜかよくわからないけど」母親になってしまいました。

妊娠した女性

不幸な母親の話

数人の匿名の母親は、母親になる中で感じた最も深刻な孤独をどのように経験したかを伝えています。彼女たちは、子供を育てる現実を経験したときに、母親にならなければよかったと感じたことを話しています。それでも研究の参加者は、子供自身と母親としての経験を区別していることを強調したのです。ほとんどの人は、世話をすることへのネガティブな感情を指摘しつつも、子供への愛が確かなものであることを明らかにしています。

女性たちは、さまざまな役割の両立のために、孤独感と激しいストレスを感じたといいます。これらの役割には、女性であること、母親であること、そして仕事が含まれます。しかし、彼らはまた、自由の一部を失ったような感覚を持ったといいます。より親密な詳細といえば、自分の性生活を楽しむことができず、自分が知らない人になってしまったかのように感じたといいます。

しかし同時に、子供がいなければ空虚感と社会的恥辱を感じるだろう、とも指摘しています。 

このようなストーリーを聞くと、あなたも苦痛や社会への不信感を募らせるかもしれません。それは、母親になることはある意味義務のように要求されるからです。しかし実際に母親になると、社会によって母親の仕事が支援されていないと感じるでしょう。それでも、母親になることが「どの女性にとっても最高の経験」であるように言われるのです。

このような幻惑を持つ原因

これらの経験は、時代を経て確実に起こっているようです。今日、このような女性の意見は世界で目立つようになってきました。子孫への要求、生殖能力の持つ時間時計の圧力、女性のセクシュアリティに対する社会的、道徳的要求、さらに高い期待などは、常に多くの女性に不満をもたらしました圧迫を受けて負けたか、または自分たちで母親になることを決めた女性たちが母親になってきたのです。

しかし、今日私たちは新しい現実の中にいます。ほとんどの人が女性の社会進出を祝い、擁護してくれます。このように、女性は現在、子供を産むという決定を遅らせています。さらに、女性の子育てに対する視点の変化が、彼女たちのソーシャルメディアにも表れています。

フィットママ

「フィットママ」:インスタグラムの最新動向によると、あなたの妊娠期の「完璧な体」を披露することが流行しているようです。

母親になることは、つい最近まで神秘的な行為と見なされていましたが、現在そのような考えは他の概念と混ざり合っています。そのような概念の1つにスーパーママが挙げられます。スーパーママは母親ですが、出産後すぐに元の体型を回復することができました。また、彼女は子供を抱える前と同じ生活を送ることができているようです。

こういった母親たちのインスタグラム、雑誌、ソーシャルネットワークで妊娠、出産、母乳育児、産後回復のプロセスが理想化されているのがここでの問題です。 このプロセスで女性が幸せを示すことができるというわけではありません。 問題は、困難も要求もない妊娠期間のプロセスしか写真には表れていないといことです。

彼女たちのこのような妊娠のイメージに多くの女性が魅了されます。 その彼女たちが気づいていないのは、このような理想化された女性たちと、一般の人々の経済的可能性と支援の仕組みは違う、ということです。

理想化を止め、本当に助ける

現在、真の家族和解と自由な母性のためのに社会運動が多くあります。それぞれの女性は、自分のストーリーと人としての個々の特徴を持っています。これは、母であることの主観的でユニークな経験につながります。

子供たちを愛してはいる一方で、後悔する人もあれば、後悔しない人もいます。また、中には(ほとんどの場合)は子育てに矛盾する気持ちを持つ人もいるかもしれません。また、他の人は子どもの育成と気質がかわるということに圧倒されているように感じるかもしれません。

母親と娘

いずれにせよ、一人一人が社会的にサポートされ、支えられていると感じるべきです。 満足のいく母親業を体験するのに役立つような社会と仕事においての規範を真に統合することです。

疲れた女性たちは、長期的に子供を育てることの重荷に直面します。 特に、家事の分担や制度的支援がない場合です。 これには、託児所、パートタイムスケジュール、公平な賃金などが含まれます。 新しい世代の子供を育てているからの理由だけではなく、現世代の母親たちがこの支援を必要としているのです。 彼女たちは私たちを理想化されていない、真の母親のイメージに導くためにそれを必要としているのです。