コーヒーの香りは認知機能を向上させる

2019年3月15日

コーヒーの香りは私たちを楽しませ、刺激してくれます。朝、コーヒーという名のアロマに身をひたす以上にくつろぎを感じられることなどそうありませんこの香りは全ての感覚、味覚、そして脳にとって喜びです。実は、ある研究によればこの香りは私たちを元気付け、認知機能を高めてくれる効果まであるというのです。気分をよくする効果もあります。

ほとんどの人が、人生の中で少なくとも一度はこの経験をしたことがあるのではないでしょうか。この素敵な香りを嗅ぐには、ただコーヒーの入れ物を開けるだけでいいのです。豆のままでも粉状のものでも構いません。私たちは、この匂いと、まるで別の場所にいるかのような気分にさせてくれる柔らかな奥深さが大好きなのです。

「テーブルの上に並ぶ数ある贅沢品の中で…コーヒーがおそらく一番価値の高いものと言えるだろう。我々を酔わせることなく上機嫌にさせてくれるし、コーヒーによって生み出される喜ばしい精神の流れに、悲しみや疲労感や衰弱が加わることは決してないだろう。」

-ベンジャミン・フランクリン-

私たちの賢い脳は、こういったかなり示唆的な経験を与えてくれますコーヒーの香りは脳幹から大脳辺縁系へダイレクトに伝わり、感情や記憶を司る部位にまで届いていきます。

コーヒーの香りが私たちの認知機能を向上させるのは、必ずしもスーパーパワーによるものではありません。これは単にプラシーボ効果によって感情や幸福感が影響を受けているだけなのです。しかし、これが探究を進める価値のあるアイディアであることに疑いの余地はありません。

コーヒーの香りは認知機能を向上させる

脳はコーヒーが大好き

人はよく、コーヒーカップの内側ほどアイディアに溢れた場所は存在しない、というようなことを口にします。作家、学生、哲学者、そしてそれ以外の人々も朝または夜にコーヒーを飲む人なら皆、同じことを言うでしょう。また、この飲み物は歴史上の人物たちにとってもお気に入りの飲み物でした。ナポレオンがそのうちの一人で、コーヒーの影響でお腹の調子が悪くなってしまうにも関わらず、戦いの前には必ずコーヒーを飲んでいたそうです。

カフェインは、私たちの脳が最も好むタイプのアルカロイドの一種です。神経システムに対する天然の興奮剤なのです。その効果は摂取した15分後から現れ出し、最大6時間続きます。カフェインはその分子構造によって、眠気や疲労を引き起こす分子であるアデノシン受容体に拮抗することができるのです。

それだけではなく、コーヒーに関しては言及すべきことがまだまだあります。コーヒーの効果は覚醒状態を保たせることや、朝の眠気覚ましや仕事の効率を上げることだけではないのです。コーヒーを飲むことで、喜びの感覚が生み出されます。この感覚は、ドーパミンによるものですこの神経伝達物質は活性状態、幸福感、意欲などを引き起こしてくれますが、コーヒー中毒の原因でもあります。

コーヒーの香り

2018年に『ジャーナル・オブ・サイコロジー』で発表された研究によって、コーヒーに関する興味深い事実が暴かれています。それは、コーヒーの香りは私たちの認知能力を向上させる、というものです。言い換えると、注意力や分析力、問題解決力といった能力を最大限に発揮させ、仕事や学問におけるパフォーマンスを高めてくれるのです。まるで魔法のように聞こえますが、アドリアーナ・マジャロフ博士は、これはプラシーボ効果の興味深い一例だ、と説明しています。

「コーヒーは心と精神の安定剤である」

-ジュゼッペ・ヴェルディ-

研究者たちは、部屋にコーヒーの香りが漂っているだけでそこにいる90%の人々が幸福感を感じたことを証明しました。同様に明らかになっているのが、私たちの脳はコーヒーが大好きだということです。カフェインが脳を刺激し、喜びの感覚を生み出すのです。したがって、コーヒーの香りは脳幹と大脳辺縁系を巡り、実際に飲まずとも香りだけでこういった作用を活性化させるのです。

このプラシーボ効果は人間の身体に強力な力を与えます。専門家によると、嗅覚によって引き起こされた場合に特にこの事実が当てはまるそうです。嗅覚のこの力は脳の中でもあまり使われていないのですが、実は感情や記憶に直結するものなのです。私たちを鼓舞したり、落ち着かせたり活性化させたり、注意力や創造力を向上させたりする能力のある効果的な回路なのです。

コーヒーの香りは認知機能を向上させる

嗅覚によって生命に触れる

著名な作家で政治活動家のヘレン・ケラーは生後19ヶ月で視力と聴力を失いました。その影響で、ヘレンの嗅覚はかなり若い頃から鋭く発達しました。彼女は、周囲の匂いに注意深く接することにより、彼女の世界を作り上げたのです。

コーヒーの香りも、彼女のお気に入りの香りの一つでした。静かな真っ暗闇の中で、彼女の世界は嗅覚によって無限でとても豊かな場所になったのです。マーケティング産業やマーケティング組織の中ではこの事実はとても広く知られています。バニラやシナモン、コーヒー、チョコレートなどの香りが私たちの幸福度や生産性を向上させてくれることがあるのです。とても面白い話ですよね!