これから私は自分を優先する

17 3月, 2018

これまでに、自分が優先されていないような気がすることが頻繁にありました。そのように捉えるのを受け入れられず、逆のことを自分に言い聞かせたりしていました。時に、そうすることの方が、相手が自分のことを大切な存在だと思っていないことを受け入れるよりもずっと簡単だったりするのです。

私は、自分が他の誰かの代わりだったという状況を正当化している自分に気づきました批判のような負の言動さえも、それはストレスや心配事のせいだとして、正当化してしまっていました。私はやっとそのような道を進むことはできないことに気づき、これから私のモットーは「私は自分を優先する、あなたにとってのオプションなんかじゃない」であることを決めたのです。

自分を優先することは自分勝手ではない

私の新しい態度が悪いものだということをよく耳にします。しかし、私は正しい事をしているのだと自分に言い聞かせることができています。偶然にも、唯一そんな態度に文句を言う人は必要な時にだけ私の元にやってきて、用が済めば姿を消す人なのです。

はじめは私も自分を疑い、彼らが正しいのかもしれないと思っていました。しかし後になって、自分を愛することほど、自分を大事にすることほど、自分を喜ばせることほど、そしてしたいことをすることほど自分を満たしてくれるものはないと気づいたのです。これは時に一人になる事を意味しますが、それは悪い事ではありません。

事実、私が自分を優先した途端、新しい人が人生に訪れました。あなたに本当に興味を持っている人を惹きつけるようになることが分かるのです。そうした人達にも自分の人生があり、叶える夢があるため、毎日あなたと時間を過ごすわけではありませんが、必要な時には側にいてくれるのです。自分のために生きることを始め、二の次に生きる人生を止めるのはとても満たされることなのです!

私を単に利用した人がいることを受け入れる

女性の後ろ姿

自分を優先することで一番難しいのは、あなたを単に利用した人がいることを認めることです。何かが必要な時に、彼らはあなたの元にやって来るのです。そして、あなたは自分が相手にとって重要な存在のように感じます。しかし、彼らはあなたから得られる物にしか興味がないのです。

これは時に、家族の一員や友達だと思っていた人をも含むことがあります。彼らはあなたにとって特別な存在であるため、こうしたことは深く傷つきます。私は自分のことを優先すると考え始めた瞬間から、多くの文句や批判を彼らから受ける事になりました。

彼らは以前と同じ様に振る舞い続けようとしていました。彼らの要求に対して、「ノー」という言葉を使い始めたところ、複数の人が怒りました。彼らは私の言動を理解しているようには見えず、そして、彼らは私の人生のおいて重荷になっていることに私は気づいたのです。

私はやっと、こうした人達と自分の間に距離を置くことになったのです。こうした状況に家族がいる場合、家族は常にあなたの人生の一部であり続けるため、より難しいかもしれません。しかし、今は必要な時に「ノー」と言い、彼らの文句には耳を貸さないのが以前との違いです。

自分の価値を認めることの重要性

私が自分をオプション的存在にしてしまった主な原因は、私の心の不安定さです。私には自分を重要な存在にしてくれる特性があまりないと思っていたのです。誰かが自分を傷つけたりするよりも、自分で自分をもっと傷つけたり、自分を批判して四六時中を過ごしていたのです。

自分を優先すると決めた時、私はそうした特性を探し始めました。はじめは簡単ではありませんでしたが、自分を受け入れた途端、そうした特性が現れ始めたのです。以前、自分では重要だと思っていなかったことを考え、そうしたことに気を留めることにしたのです。

こうしたことには全て、雪だるま式に効果がありました。新しい特性を見つけ、受け入れた時、次から次へとまた別の特性へとつながっていったのです。あなたには良い特性が欠けているなどと考えないで下さい。きっと、あなたが本当はどんな人間なのかということに注目していないだけなのです。

私は自分を優先する、そしてそれは変わらない

アニメの少女

過去のことを考えて、ある種の懐かしさを感じないのは難しいということを受け入れる必要が私にはあります。私の人生を後にした人達を恋しくなったりもします。時々、昔に戻りたくなることもあります。しかし、そうすると、その時自分がどう感じていたかを思い出し、今の方が幸せだということが分かります。もちろん、全てが完璧だというわけではありません。しかし、人生は、自分の周りの人にとって自分は大切な存在じゃないような気がしなくても、十分に複雑すぎるものです。

私がただのオプション的存在だと気づいた途端、多くの人はただ去って行きました。ある人は深く後悔しながら去り、ある人は怒りながら去って行きました。しかし、そうした人達は皆、私の元へ戻ってきて状況を改善しようとしませんでした。

皆には私の人生に留まる時間があり、その時間が完全に終わったのだと私は思うのです。こうした「友情」を再度スタートさせる必要はないように思います。自分の残りの人生で誰かのオプションになりたくないのです。