古典的テスト理論

2019年7月13日
古典的テスト理論は心理テストの起源と考えられています。

心理学において、テストとは心理的または心理技術的のいずれかであり、機能を研究または評価するように作られています。心理テストは、被験者の心理的特性を評価または測定するためのツールと言えます。今回は、古典的テスト理論(CTT)について詳しくご紹介します。

テスト理論

テストは高度な測定手段です。多くの場合、心理的評価において非常に役立ちます。しかし、テストを役立てるためには、最低限の心理測定的な数値スコアを満たさなければなりません。また、それを適用する専門家は管理用プロトコルを理解しなくてはいけません。

一方、テスト理論は、テストの質を評価する方法、また多くの場合、エラーを最小限に抑える方法についても説明しています。この意味で、古典的テスト理論の中で最も重要な2つの概念は信頼性と妥当性だと言えるでしょう。

信頼性は、測定プロセスが繰り返されたときのデータの一貫性または安定性から測ることができます。実際には、2つの異なる測定で同じ条件を再現することは不可能です。気温や騒音レベルを同じにするなど、外部の要因に対処するのは比較的簡単です。しかし、テストを受ける人の内部変数をコントロールするのは困難だからです。

妥当性とは、経験的証拠と理論がテストの得点の解釈を裏付ける程度のことを言います(2)。すなわち、妥当性とは、測定器が測定用に作成されたものを有意かつ適切に定量化する能力であると言えます。

テストの構築と分析に関しては、古典的テスト理論(CTT)と項目反応理論(IRT)の2つの大きな理論があります。以下では、CTTの特徴について詳しく説明します。

古典的テスト理論

ご存知でしたか?:
精神分析におけるフォレストテスト

古典テスト理論(CTT)

このアプローチは、テストの分析と作成に最も使用されています。統計的または定性的な方法で、同じテストを受けた人同士の答えが比較されます。これにより比較検討が可能になります。

しかし、分類はそれほど単純ではありません。心理学者は、他の専門家と同様に、機器が正確に校正されており、エラーがないことを確認する必要があります(1)。

したがって、心理学者が1人または複数の人にテストを適用するとき、それら被験者の経験的スコアが含まれています。ただし、スコアの正確さは定かではありません。たとえば、その日の体調がよくなかったり、テストを受けた環境が最適でなかったために、スコアが低くなる可能性もあります。

古典線形回帰モデル

スピアマンは20世紀初頭に古典的テスト理論を発表しました。それから、研究者は非常に単純なモデルを提案しました:古典線形回帰モデルと呼ばれるものです。

このモデルは、特定のテストスコアまたは「経験的スコア」(X)に2つの変数があると仮定することから成り立っています。最初の変数は真の得点(V)、2番目の変数は誤差(e)です。後者は、私たち人間のコントロールが及ばないものによって引き起こされる可能性があります。 CTTが測定誤差の決定を行うのはそのためです。

式は次のとおりです。X = V + e

その後、スピアマンはモデルに3つの仮定を追加しました。

こちらもご参考に:
ソクラテスの3つのフィルターテスト

古典的線形回帰モデル:3つの仮定

  • 真のスコア(V)は経験的スコアの数学的期待値です。V = E(X)。

したがって、実際のテストスコアは、無限にテストを受け続けた場合の平均得点となります。

  • 真のスコア数とこれらのスコアに影響する誤差との間には関係がありません。r(v、e)= 0

真のスコアは測定誤差とは無関係です。

  • 特定のテストの測定誤差は、別のテストの測定誤差とは関係ありません。r(ex、ek)= 0

ある時に起こったエラーは、別のテストで起こったエラーと共変しません。

古典的テスト理論 古典的線形回帰モデル

古典テスト理論は非常にシンプルです。特に高度な数学的スキルを必要とせずに、あらゆる状況に合わせて実施することができます。しかし、問題は、得られる結果は常にテストが検証された母集団が影響していることです。さらに、テストには最低許容スコアを必要とします。

  • Muñiz Fernández, J. (2010). Las teorías de los tests: teoría clásica y teoría de respuesta a los ítems. Papeles del Psicólogo: Revista del Colegio Oficial de Psicólogos.
  • Prieto, G., & Delgado, A. R. (2010). Fiabilidad y validez. Papeles del Psicólogo, 31(1), 67-74.
  • De la Lengua Española, D. (2001). real Academia española.
  • Spearman, C. (1904). The proof and measurement of association between two things. The American journal of psychology, 15(1), 72-101.
  • Spearman, C. (1907). Demonstration of formulae for true measurement of correlation. The American Journal of Psychology, 161-169.
  • Spearman, C. (1913). Correlations of sums or differences. British Journal of Psychology, 1904‐1920, 5(4), 417-426.